八丈島 神止山連隊司令部(作戦時)その3

DSC02984_R_20140316192252809.jpg
開口部から元に戻って行く
DSC02980_R_20140316192251b3e.jpg
分岐の下り斜面を左に降りる
DSC02985_R_20140316192253d8f.jpg
明かりの見える部屋がある
DSC02986_R_201403161922557ca.jpg
銃眼がある
DSC02987_R_20140316192256025.jpg
右手に天井が崩落したと思われる天窓が出来ている
DSC02988_R.jpg
戻って先に進む
DSC02990_R_20140316193052458.jpg
分岐
DSC02989_R_2014031619305287b.jpg
掘りかけ
DSC02991_R_20140316193054cbc.jpg
小部屋
DSC02992_R_201403161930559f8.jpg
正面は土砂が流入しているので、右に行く
DSC02993_R_20140316193746ca2.jpg
また開口部が見える
DSC02995_R_20140316193748e44.jpg
登って来た階段、実は来ながら動画を撮って歩いて来たので、この辺の順路はバラバラである
DSC02994_R_201403161937476fc.jpg
開口部前の水槽
DSC02996_R_2014031619375082c.jpg
開口部が多くて、閉塞感が少ないのがこの壕の特徴だろう(でも、出た先はジャングル)
DSC02997_R_20140316193751cfd.jpg
相変わらず、前はジャングル、上は絶壁である
DSC02998_R_201403161952040a4.jpg
では、戻る形で紹介して行く、左が階段
DSC02999_R_20140316195206fe7.jpg
これは結構急な階段だ
DSC03000_R_201403161952075fa.jpg
所々削れて段が無くなっていたり、砂が溜まって滑りやすい
DSC03001_R_201403161952094f4.jpg
扉を付けていた様な跡
DSC03002_R_20140316195210be9.jpg
その奥の特徴的な銃眼
DSC03003_R_20140316195948508.jpg
銃眼付近のみ、コンクリート補強してあるが、他には無い固定用の切り欠きがある
DSC03004_R_2014031619594945e.jpg
外側部銃眼部は、石を貼って四角く作ってある
DSC03005_R_20140316195950247.jpg
ぶっとい金具が堕ちている(かすがいでは無い)
DSC03006_R_20140316195952734.jpg
なんか、この場に不釣合いな落し物が!
DSC03008_R_20140316195953492.jpg
扉をくぐり、戻って行く
DSC03009_R_20140316200905c19.jpg
いま降りて来た階段を下から見上げる
DSC03010_R_201403162009060de.jpg
左右に広げた生息室
前回貼ったこの辺りの動画
DSC03011_R_201403162036556d7.jpg
一升瓶の小部屋
DSC03012_R_20140316203656e67.jpg
分岐に戻って来た、これで上層部が終わって中層部の侵入口まで戻る
DSC03013_R_20140316200907cc7.jpg
コンクリート土嚢まで戻って来た
DSC03014_R_20140316200909db9.jpg
見覚えのある所に戻って来ると、ちょっと安心する
DSC03017_R_2014031620445101a.jpg
帰りは脳内マップがあるので、サクサク進む
DSC03018_R_20140316204452c9d.jpg
ほぼ、垂直のハシゴ、堕ちたらシャレにならん
DSC03020_R_2014031620445344a.jpg
木材の落ちるフロア
DSC03022_R_20140316204455fe2.jpg
ループ状の通路
DSC03024_R_2014031620445618b.jpg
最初の階段
DSC03025_R_20140316205103bdf.jpg
細い通路を抜ければ
DSC03026_R_20140316205105068.jpg
侵入口に無事帰還、でも、下層の方が広かったりして(当然山は下の方が広い)

次回、中層から下層へ(行けるかな~)

おまけ
今日の探索の一部を紹介
観音崎ー二子山砲台ー披露山高角砲台ー小坪海面砲台と、山登りばっかりだった
観音崎に置いて、未発見の明治砲台の一部と思われる砲室を発見した、その内記事にする。
DSC04039_R_201403162104095f4.jpg
DSC04100_R_20140316210602d0d.jpg
DSC04096_R_20140316210413fa7.jpg
DSC04060_R_20140316210410345.jpg
DSC04061_R_2014031621041165e.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

階段凄すぎです!!ウォータースライダーみたいですね。 狭いところ苦手だけどいつか行きたいな~

No title

聴音所、解放されてたんですね!!
他にもいろいろと見つかりそう(*´д`*)

No title

>空母氏
まさにリアルダンジョンです!
ゲジも季節のせいか少ないし、体力と汚れてもいい気があればトライ出来ます

No title

>tonotama氏
正確には原住民の暴動による破壊でしょうが、実質開放ですね
みんな興味が無いのか、海岸にしか行きませんでしたけどね、住民は

No title

聴音所は現在も公開されてるんですか!?
ぜひ行ってみたいですね~

No title

>774様
聴音所は、観音崎第四砲台側の海岸から行けますが、一応は市の管理地です
上に登ると一応の鎖と階段部には有刺鉄線が施されていますし、監視モニターも全周囲型が付いています。