日本郵船氷川丸(海軍特設病院船)その3

DSC04503_R_20140514184412735.jpg
N3左翼デッキ、羅針盤やテレグラフがある
DSC04504_R.jpg
竣工時の鐘
DSC04505_R_20140514184414b3d.jpg
横開きの扉から操舵室へ入る
DSC04506_R_2014051418441642b.jpg
操舵機器は近代化された物で、面白みはイマイチ
DSC04507_R_2014051418441743b.jpg
浦賀水道航路が絵で書いてある、テレグラフにはレバーが無い
DSC04509_R.jpg
エンジンが2機有るので回転計も2個
DSC04510_R_201405141852464da.jpg
窓の丸い部分が高速回転して、水滴を吹き飛ばし視界を確保する窓
DSC04513_R_2014051418524724b.jpg
動かしても鳴らなかった
DSC04514_R_201405141852483ac.jpg
右側の口金は無くなっている
DSC04515_R_20140514185250d63.jpg
初歩的なレーダー
DSC04518_R_2014051419002761f.jpg
風力計
DSC04519_R_201405141900293da.jpg
地味にちゃんと動いていた
DSC04520_R_20140514190030f05.jpg
海図台と国際信号旗
DSC04521_R_20140514190031f85.jpg
主舵輪
DSC04525_R.jpg
本来N1にあるのが、展示用に移設されている
DSC04531_R_20140514190444e4c.jpg
ブリッジ左翼より山下公園方向を望む
DSC04538_R_201405141904459b6.jpg
救命浮環
DSC04539_R_20140514190446935.jpg
デッキに下りる
DSC04540_R_20140514190448e7b.jpg
VLS発射口
DSC04543_R_20140514191531ba9.jpg
Aデッキに下りる
DSC04545_R_2014051419153200f.jpg
デッキ案内板
DSC04546_R_20140514191533a9e.jpg
船内入り口
DSC04548_R_20140514191535509.jpg
ステンシルの電光板
DSC04549_R_201405141915366e2.jpg
横浜傍観図
DSC04552_R_201405141922589b5.jpg
これ以上はイベント以外立ち入れない
DSC04553_R_2014051419230080e.jpg
Bデッキに下りる
DSC04554_R_20140514192301c7f.jpg
二等船客室、何故か公開されていない
DSC04557_R_20140514192302f98.jpg
Cデッキに下りる
DSC04558_R_2014051419230440e.jpg
手書きのカンバンがあった
DSC04560_R_20140514192829541.jpg
ギャレーは飛ばす
DSC04563_R_20140514192831eea.jpg
機関室に向う
DSC04562_R_20140514192830991.jpg
オーバーヘッドカムがずらりと並ぶ
DSC04564_R_20140514192832713.jpg
天井までは吹き抜けになっている
DSC04565_R_20140514192834775.jpg
天井クレーン
DSC04566_R_201405141934181e5.jpg
下には飛び降りる人用にネットがある
DSC04567_R_20140514193420754.jpg
下層に続く階段
DSC04568_R_20140514193421f7e.jpg
中々広いので、階段が嫌な人はバイパス出切る
DSC04571_R_20140514193422c30.jpg
流石に入れない所が沢山ある
DSC04573_R_20140514193424eb4.jpg
4サイクルの簡単な説明
DSC04574_R_201405141941053ec.jpg
ピストンヘッド部分の説明
DSC04576_R_201405141941060b1.jpg
油臭い機関室の匂いがとてもいい
DSC04578_R_20140514194107918.jpg
現在使用中の電源室
DSC04579_R_201405141941088f1.jpg
左側は昔の配電盤
DSC04580_R_201405141941109d8.jpg
カム室を横から見る
DSC04581_R_201405141947102b4.jpg
説明板は随所にあるが、だれも読まないだろう、多分理解できない
DSC04584_R_2014051419471112f.jpg
それでも、こまかく貼ってある
DSC04586_R_20140514194712090.jpg
最下層に降りてきた
DSC04589_R_20140514194714416.jpg
天井にテレグラフがぶら下がる
DSC04594_R_20140514195721893.jpg
説明
DSC04593_R_201405141957206d6.jpg
竣工前の年号
DSC04595_R_20140514195723d1e.jpg
DSC04596_R_20140514195724d08.jpg
固定されていて、動かなかった
DSC04603_R_20140514200323cae.jpg
集合メーター
DSC04604_R_20140514200325eb5.jpg
手作り感がいい
DSC04605_R_20140514200326a9c.jpg
裏側の伝声管
DSC04607_R_201405142003275fc.jpg
電話室(ブリッジ等)
DSC04609_R_20140514200329ccd.jpg
赤い線が喫水線、要するに海面の位置
DSC04611_R_2014051420100321f.jpg
塗装をはがし、銅の面を見せている
DSC04613_R_20140514201004e47.jpg
発電機
DSC04618_R_20140514201005502.jpg
上に上がる
DSC04619_R_201405142010069e3.jpg
ごちゃごちゃした感じがいい
DSC04621_R_20140514201008110.jpg
古そうな消化器、賞味期限は切れているだろう
DSC04624_R_201405142027422f9.jpg
機関室を後にする
DSC04626_R_20140514202743047.jpg
ギャレーを素通りして
DSC04629_R_20140514202744b06.jpg
Cデッキの薄暗い客室通路
DSC04630_R_20140514202746254.jpg
水密隔壁
DSC04634_R_20140514202747165.jpg
庶民の三等客室
DSC04633_R_201405142034154bb.jpg
十分だと思う
DSC04638_R_20140514203417ad5.jpg
暗幕で隠されている階段(見学コース以外は手直しされずいい感じに時代を感じる)
DSC04640_R_20140514203418d3e.jpg
DSC04642_R_20140514203419509.jpg
DSC04643_R_20140514203421a55.jpg
病院船と引き上げ船の航路がハンパ無い、ほとんど不休で航海している
DSC04644_R_2014051420421760c.jpg
しかし、病院船と引き上げ船の時期の説明は、ほとんど無い
DSC04645_R_20140514204218228.jpg
水密隔壁をくぐり、外へ出る
DSC04647_R_20140514204219b85.jpg
Cデッキの機関室前を通り
DSC04648_R_20140514204220436.jpg
出口へと
DSC04649_R_201405142042223a5.jpg
固定された船にはあまり関係無い
DSC04650_R_20140514204758699.jpg
白灯台、赤灯台は海上にあるので間じかでは見れない
DSC04652_R_20140514204759491.jpg
たっぷり3時間かかった
DSC04653_R_20140514204800b72.jpg
船体の湾曲ぐあいがいい
DSC04654_R_201405142048027af.jpg
なかなか楽しめた
DSC04656_R_20140514205127ebf.jpg
売店に寄ってみる
DSC04657_R.jpg
なんでもカレーに成る
DSC04658_R_201405142051309bd.jpg
山下公園を後にする
追記
DSC07875_R_2014052223370263e.jpg
赤灯台の写真を貼っておく
DSC07879_R_20140522233703641.jpg
横浜大桟橋の沖にある
DSC07880_R_201405222337046ee.jpg
氷川丸と白灯台と共に、横浜港のモニュメントとして長く残って欲しい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント