八丈島2 神止山連隊司令部(作戦時)その9

DSC07601_R_20140614193121b11.jpg
未知の空間スタート
DSC07602_R_201406141931238e3.jpg
上の壕と違って、床がイマイチ
DSC07603_R_20140614193124afd.jpg
生息室とも取れる広めの空間
DSC07604_R_2014061419312652b.jpg
突き当たりに見える1mほどの物容れ的な窪み
DSC07605_R_201406141931275c0.jpg
右に曲がると、脱出出来そうな感じがする
DSC07606_R_201406141939460b1.jpg
しかし、アウト!
DSC07607_R_20140614193948405.jpg
付近にはゴミが有るので、埋まったのは近年だろう
DSC07608_R.jpg
足元に撒かれているのは、スミである
DSC07609_R_201406141939501e9.jpg
島の他の壕でも見た事がある、鉄壁山だったろうか?
DSC07610_R_20140614193952cd2.jpg
妙に掘削がキレイになって来た
DSC07611_R_20140614194844cd0.jpg
陣地にしては、通路に湾曲が無いのだ
DSC07613_R_20140614194846a3d.jpg
そして、両脇にはキレイに掘削された20mほどの部屋が多数存在する
DSC07612_R_201406141948458b1.jpg
次の部屋の床はネズミの住処になっている様な穴が開いている
DSC07614_R_20140614194848f6f.jpg
次々にある部屋、サイズは2X2ぐらいだろうか
DSC07615_R_2014061419484993f.jpg
ワラ袋に入っていたコンクリートが湿気で固まった物
DSC07616_R.jpg
崩れ落ちた木箱
DSC07617_R_20140614195809e04.jpg
壁際に何か落ちている
DSC07618_R_2014061419581091c.jpg
ひっくり返すと、木製のセメント用コテだった
DSC07619_R_201406141958128cc.jpg
そして、近くの通路には
DSC07620_R_20140614195813186.jpg
作品の水槽があった
DSC07622_R_20140614200619ac3.jpg
この抜き穴も行き止まり
DSC07623_R_20140614200620cd4.jpg
ここで突如罠がある、抜き穴から進入して来た敵を、落とす為の物か?
DSC07624_R_201406142006212df.jpg
降りて見ると、2mほどか?装備を着けた状態で落ちたら溜まらんな~
DSC07625_R_2014061420062372d.jpg
対岸によじ登る階段も無いが、根性で這い上がる(きっと有事には穴の底は竹槍いっぱい、く。し。ざ。し!)
DSC07626_R_201406142006250b6.jpg
また、部屋が続く
DSC07627_R_20140614202540de2.jpg
通路もほぼ真っ直ぐな感じで続く
DSC07628_R_20140614202541fb5.jpg
部屋
DSC07629_R_2014061420254254c.jpg
部屋・・・・どんだけあるんだ?マンションか?
DSC07630_R_20140614202544e39.jpg
通路は右に曲がるが
DSC07631_R_201406142025454bf.jpg
左角にも部屋がある
DSC07632_R_20140614203521f75.jpg
はるかに見上げる斜路、またこれか・・・・
DSC07634_R_20140614203522055.jpg
探索は続く
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント