八丈島2 若林、坂上隊陣地壕 その2

DSC07115_R_20140625194704c84.jpg
セカンドステージ、スタート
DSC07117_R_20140625194705e7c.jpg
右側に抜き穴を作ろうとしたようだが、埋まっている
DSC07118_R_20140625194706417.jpg
ちょっと壕の高さがこの辺は低い
DSC07119_R_201406251947075aa.jpg
この様な物入れ空間は多い
DSC07121_R_201406251958222ad.jpg
神棚か?灯り置きとは作りが違う
DSC07122_R_201406251958233f0.jpg
この壕は石が多い層に作られている様だ
DSC07123_R.jpg
足元にコンクリートの穴がある
DSC07124_R.jpg
こんな埋設状態の水槽は珍しい、ある意味レアだ
DSC07125_R_2014062519582766a.jpg
左側にも作ろうとしたのだろうか?
DSC07126_R_20140625200621dc0.jpg
民家の裏側に出たようだ、ブロック塀が見える
DSC07128_R.jpg
枝道の階段?を登る
DSC07129_R_201406252006237fa.jpg
見下ろす、なんでこんなにボロボロなんだろう
DSC07130_R_20140625200625d63.jpg
なんか通路がやたら狭い
DSC07131_R_20140625200626660.jpg
分岐だ
DSC07132_R_20140625201211e2c.jpg
手前の分岐を曲がる
DSC07133_R_201406252012130b3.jpg
開口部、抜き穴か?
DSC07134_R_2014062520121425d.jpg
足元に菊の御紋の食器がある
DSC07135_R_201406252012157c8.jpg
分岐に戻る
DSC07136_R.jpg
奥の道に進む
DSC07137_R_20140625201719f8c.jpg
なんと機関銃座だ
DSC07138_R_201406252017203aa.jpg
台座はコンクリートで整形したしっかりした物だ、なかなか見かけない
DSC07139_R_201406252017216b6.jpg
埋まっているが、銃眼部
DSC07140_R_201406252017223f1.jpg
台座から通路を振り返る、もと来た道を戻る
DSC07141_R_20140625201724f12.jpg
水槽より前の分岐に戻って来た
DSC07142_R_20140625204006381.jpg
壁の石を抜こうとしたのか、上の方だけ広い通路
DSC07143_R_2014062520400764f.jpg
すれ違い用なのか、1m程度の空間が随所にある
DSC07144_R_20140625204008c7f.jpg
ちょっと拓ける
DSC07145_R_20140625204009f06.jpg
はじめて部屋らしい部屋があった
DSC07146_R_20140625204011e78.jpg
先に進もう
DSC07148_R_20140625205048fb4.jpg
登り勾配で、上が狭く通りにくい通路
DSC07149_R_20140625205049db8.jpg
突き当たりかと思ったら
DSC07151_R_20140625205052517.jpg
階段があり、上ると
DSC07150_R_20140625205050d41.jpg
またもやコンクリート製銃眼
DSC07153_R.jpg
なかなかしっかりした銃眼だ
DSC07154_R_20140625205633fa6.jpg
近くの壕口から出て、外から見てみたが、ほぼ埋没
DSC07155_R_20140625205634dad.jpg
穴に戻ろう
DSC07156_R_20140625205636ef3.jpg
大分岩盤の質が変わって来た、石がない
DSC07157_R.jpg
2X2ぐらいの部屋
DSC07159_R_2014062521061090f.jpg
キレイにはなったが、通路は狭い
DSC07160_R_2014062521061172b.jpg
まだまだこの壕は長い
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント