八丈島2 若林、坂上隊陣地壕 その3

DSC07161_R_20140627183146e21.jpg
漁港が近いせいか、トロ箱が良く落ちている
DSC07162_R_20140627183147787.jpg
壁面の灯り置きには、煤の跡が憑いている
DSC07163_R_201406271831488f8.jpg
通路の狭さにも、もう慣れた
DSC07164_R_20140627183150592.jpg
分岐、真っ直ぐ行く
DSC07165_R_201406271831516aa.jpg
この辺は岐路が多い
DSC07166_R_20140627184119952.jpg
兎に角登って行く
DSC07167_R_20140627184121348.jpg
壁面と違い、床面が海砂っぽい
DSC07168_R_2014062718412189a.jpg
石を掘り出そうとした後、予想以上にデカかったんだろう
DSC07169_R_20140627184123163.jpg
水路の様な通路を登って行く
DSC07170_R_20140627184124b59.jpg
登るに従い高さが無くなってくる
DSC07171_R_20140627185147fdf.jpg
やたら石ころが多くなって来た
DSC07172_R_20140627185148d2d.jpg
またもや銃眼、上の方が剥がれ落ちて来ている
DSC07173_R_20140627185149305.jpg
上の穴から覗いて見るが、ジャングルしか見えん
DSC07174_R_20140627185150e1f.jpg
さて、分岐まで降りよう
DSC07175_R_201406271851521b3.jpg
戻ったはいいが、段差がある
DSC07176_R_20140627185951568.jpg
なんでこんな段差作るかな~
DSC07177_R_20140627185953b2e.jpg
後世に探索する人の身にもなって欲しい
DSC07178_R_20140627185954dee.jpg
段差から下を見下ろす、1m半ぐらいだろう
DSC07179_R_20140627185955dfd.jpg
いびつな馬蹄形の通路を曲がると
DSC07180_R_20140627185957065.jpg
いきなり広がる開口部
DSC07181_R_20140627190943f38.jpg
日当たりがいいのか、だいぶ中まで植物が伸びている
DSC07182_R_20140627190944c2e.jpg
ガレで封鎖された通路
DSC07184_R_20140627190945ca4.jpg
逝ける所は行く
DSC07185_R_201406271909471e3.jpg
これ以上は無理
DSC07186_R_201406271909480e1.jpg
変な生き物がいた
DSC07187_R_20140627191706b99.jpg
別の分岐へ
DSC07188_R_20140627191707ed0.jpg
やたらにいびつな通路
DSC07189_R_20140627191708852.jpg
二股出入り口
DSC07190_R_201406271917103d5.jpg
右は狭いが開いている
DSC07191_R_201406271917115ab.jpg
左は広いが出れない
DSC07192_R_201406271937227bf.jpg
脇の小部屋、衛所か?
DSC07193_R_201406271937247ab.jpg
通路に戻る
DSC07194_R_201406271937254b1.jpg
小部屋、木箱でも有ったのか?
DSC07195_R_20140627193726569.jpg
土砂の流入した通路を進む
DSC07196_R_2014062719372887a.jpg
通路が少し広めになってきた
DSC07197_R_20140627194630f64.jpg
しかし、何となくグズグズな感じ
DSC07198_R_20140627194631d21.jpg
ちょっとした部屋
DSC07199_R_20140627194632445.jpg
開口部に
DSC07200_R_201406271946343f8.jpg
出れなくは無いが、止めておく
DSC07201_R_2014062719523697f.jpg
更に進んで行く
DSC07202_R_20140627195237303.jpg
また、段差を登って低い通路を行く
DSC07203_R_20140627195238ef9.jpg
またもや銃眼
DSC07204_R_2014062719524041a.jpg
支保工だったのか、丸太が転がっている
DSC07205_R_2014062719524256a.jpg
重厚な銃眼だ、こんなのがゴロゴロしているこの壕は、かなり重要な物だったのだろう
本土ならば、銃眼が2つもあればそれなりの規模と言われるが、この壕一つでその数倍の銃眼や坑道長がある
いびつなせいで、複雑な壕に思えるが、大きな8の字に近い形をしている様だ

次回いよいよ八丈島戦跡、最終回を迎える、取りあえず若林、坂上隊陣地壕にて状況終了する
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント