八丈島2 若林、坂上隊陣地壕 その4

DSC07205_R_20140629162218fce.jpg
前回の銃眼を後にする
DSC07206_R_20140629162220344.jpg
入って来た、部屋入り口
DSC07207_R_201406291622208da.jpg
また、屈みながら戻る
DSC07208_R_20140629162222fb3.jpg
掘り出せなかった大石
DSC07209_R_201406291622248bc.jpg
これも周りを掘った跡がある
DSC07210_R_201406291629290ac.jpg
閉塞通路
DSC07211_R_201406291629300ce.jpg
水が流れた跡か、床の砂がえぐれている
DSC07212_R_20140629162932067.jpg
通路形状が歪だし、岐路も多い
DSC07213_R_20140629162933bf5.jpg
こうゆう登り勾配の上には
DSC07214_R_20140629162935b4a.jpg
やっぱり銃座!、銃架の変わりにトロ箱が据えられている
DSC07215_R_20140629163750e62.jpg
石を混ぜて、コンクリートを節約している苦労が見て取れる
DSC07216_R_20140629163752c08.jpg
銃眼の形状はいいが、ほぼ埋没
DSC07217_R_20140629163753f6d.jpg
例のペイントが残っている
DSC07218_R.jpg
この部屋の入り口、結構キワドイ開口部で、ちょっと下がると落ちてしまう
DSC07219_R_201406291637569fc.jpg
通路に戻る
DSC07220_R_20140629164747d85.jpg
しばらく通路が突起だらけになる
DSC07221_R_20140629164749244.jpg
石の含有率が高く、彫り切らなかったのだろう
DSC07222_R_20140629164750213.jpg
床ですらこの状態だ
DSC07223_R_20140629164752024.jpg
ここまでトロ箱を持って来るのも大変だったろう
DSC07224_R_20140629164753d52.jpg
不意に現れる下に向う穴、なんでこうゆうの作るかな?入れなければ諦めも憑くのに、ぴったり人一人サイズ
DSC07225_R_20140629170136eab.jpg
こんな所にもトロ箱はある
DSC07227_R_20140629170138f1d.jpg
正直記憶が1ヶ月前であいまいだが、元通路に出て戻って来たはずだ(8の字のまんなか通路)
DSC07228_R_20140629170140467.jpg
狭かったのは入り口だけで、通路は普通だった
DSC07229_R_20140629170141dd6.jpg
穴から這い出て、トロ箱通路に戻って来た
DSC07230_R.jpg
また、通路がしっかりした陣地掘りに戻って来た
DSC07231_R.jpg
なんだこの横壁の空洞は、相当奥まであるが人には無理だ、自然窟だろう
DSC07232_R_20140629171722ecf.jpg
しばらく整然とした通路がつづく
DSC07234_R_201406291717248c3.jpg
不意に大きな部屋に出る
DSC07235_R_20140629171725957.jpg
ふと見ると、壁に奇妙な物が
DSC07236_R_20140629172658c74.jpg
何なんだろう、この穴は
DSC07237_R_20140629172700ced.jpg
殺気の穴よりもより深くつづいている、思えば夏島地下壕にもこんなのがあった、直径30cmで隣の壕に接続してた
DSC07238_R_201406291727016cb.jpg
壁に有る、蝋燭の跡
DSC07239_R_201406291727035a4.jpg
おそらくここは、近年まで居住者が居たのだろう、以外と壕口から近い位置にある
DSC07240_R_20140629172704925.jpg
部屋の通路側にある、2つの窪み、棚にしては浅すぎる
DSC07241_R_20140629174341a2d.jpg
壕口が近いせいか、通路が広い
DSC07242_R_2014062917434232c.jpg
奥の方からは、信じられない
DSC07243_R_20140629174344fdf.jpg
右側の1mほどのくぼみ
DSC07244_R_2014062917434565e.jpg
突如、コンクリート構造物が現れる
DSC07245_R_2014062917434763c.jpg
製作途中の当て板がしっかり残っている
DSC07246_R_201406291751263ad.jpg
またもや、総コンクリート製の砲室だ
DSC07247_R_201406291751277b4.jpg
ペイントもばっちり、とゆうかこれは外から紹介した銃眼だ
DSC07106_R_201406291755116be.jpg
木材の垂れ下がり具合が一緒だろう
DSC07248_R_2014062917512957d.jpg
更に進むと
DSC07249_R_20140629175130677.jpg
また、コンクリートの砲室が
DSC07250_R_20140629175132d17.jpg
と思ったら、最初に戻って来たようだ
DSC07251_R.jpg
このすばらしい砲室を最後に、八丈島の戦跡探索記を取りあえずの終わりとする
DSC07847_R_20140629180428358.jpg
帰りの空港への道すがら
DSC07848_R_201406291804307d4.jpg
側溝の蓋がキャタピラで出来ている所があった
DSC07852_R_201406291804332e4.jpg
ふと敷地を見遣ると、ガケに壕口が開いている
DSC07850_R.jpg
おそらく、敷地を広げる為にガケを削って、壕口が後退し、高い位置になってしまったのだろう
千葉の127号線で有名なピラム壕と同じ理由だろうと推測する。
DSC07853_R_20140629181516e06.jpg
この跡山の裏側に回ったりしたが、時間切れでキャタピラを見ながら撤退する
DSC07854_R_20140629181517703.jpg
空港で、レンタカーを乗り捨てる
DSC07855_R.jpg
空港の一番有名な建築物
DSC07858_R_2014062918151929f.jpg
ちょうど飛行機が落ちて来たところだ
DSC07859_R.jpg
自分が着いた時は、3回ぐらいバウンドして着陸していた、東雲みょん氏の時は3回着陸為直したとか・・・
DSC07863_R.jpg
今回は目的の大部分をクリア出来たが、まだまだ遺構は沢山あるだろう
DSC07865_R_201406291828300d7.jpg
しかし、独力では限界に近い
DSC07866_R_20140629182830623.jpg
時間と資金があれば、また来たいと思うが、観光シーズンで当分は無理だろう
DSC07870_R_201406291828328c5.jpg
2回に渡る八丈島探索だったが沢山の遺構を堪能できた、探索者としての一つの勲章とも言える島だった
DSC07872_R_20140629184406129.jpg
持てる情報(写真)はかなり載せたつもりだ、今後のチャレンジャーの参考になればと思うが、反面、直射砲台で陸軍の皿を持ち去った人が居る事を考えると、ピンポイントでの位置情報は明かせなかった事が残念だ
DSC07873_R_20140629184408400.jpg
GPSの座標などで特定出来る所も在るのだが、ブログ上では公表しない、ある意味探索の醍醐味でもあるし
DSC07874_R_20140629184409dbe.jpg
さぁ、本土の戦跡が待っている、長かった八丈島編如何だったでしょうか?
くどいようですが、八丈島の戦跡は手付かずの状態に近く、大変危険な所が沢山あります、自分自身が無理だと思う所には入ったりしない様にして下さい。
実際に転落死の事故が起こっている事を念頭に、自分の様に「安全第一、無理はしない!」を心がけて下さい。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。
次回行くときはここも寄ろうと思います。

yuuki様

あると判っていれば、見つけるのは容易な所にあります。
銃眼が多く、楽しめる壕です!
楽しんで来て下さい

No title

こんにちは。
堪能させていただきました。
見ているだけでもお腹がいっぱいになります。
コンクリート製構築物はさまざまな形状が存在していますね。
埋もれかかっていたり、散らかっていたりして
簡単にでも原状復帰してあげたくなりますw
数が多いので無理でしょうけど。


体験航海探して見たのですが
近年は年齢制限があるのですね…

マンチカン帝国さま

堪能していただき、恐縮です
付図のみで、場所を特定するので時間がいくらあっても足りません
休める物なら4*5日探索したいですね。

体験航海は、近年地元限定や小中学生のみが、標準になってますね