大井海軍航空隊地下壕 (大沢原地区)その2

DSC08706_R_20140724194631daa.jpg
特にスゴイ水没は入り口付近だけだった
DSC08708_R_20140724194632681.jpg
水底には支保工ゴロゴロ
DSC08709_R_201407241946333d4.jpg
2X2の部屋
DSC08710_R_20140724194635663.jpg
上陸
DSC08711_R_20140724194636dcd.jpg
上陸地点から左に枝抗が伸びている
DSC08713_R_20140724195708e55.jpg
スロープの様に見えるのは、ただのトロッコのレール跡である
DSC08714_R_20140724195710e42.jpg
次の枝抗、大きくうねっている
DSC08715_R_20140724195711f3b.jpg
さらに真っ直ぐ進む
DSC08716_R_20140724195712bdc.jpg
少し段差の付いた枝抗
DSC08717_R_201407241957144fb.jpg
この枝抗は特にキレイだ
DSC08721_R_20140724201951fa8.jpg
今度は右に枝坑が出てきた
DSC08722_R_20140724201952b71.jpg
本通路自体は貫通せず終了、掘りかけの様だ
DSC08723_R_20140724201953cba.jpg
右の枝坑に行く
DSC08724_R_20140724201955b4a.jpg
ちょっとぬかるんだ通路を進む
DSC08725_R.jpg
そして、残念な終焉
DSC08726_R_20140724203548bef.jpg
下層につづく道は水没していた
DSC08728_R_20140724203549778.jpg
仕方なく引き返す、通路の形はすごくいい
DSC08729_R.jpg
本坑に戻って来た
DSC08730_R_20140724203552f4a.jpg
なぜかこの辺だけ丸まった石が敷き詰められている、川から拾って来たように角が無い石
DSC08731_R_20140724203553467.jpg
錆びきった鎹
DSC08735_R.jpg
天井が斜めなせいで、平衡感覚が狂いそう、地層に沿って掘ったのだろう
DSC08736_R_2014072420431500c.jpg
これは枝抗から枝抗を繋ぐ、真ん中の通路、田の字のような構造
DSC08737_R_20140724204316423.jpg
横の枝抗が急に小さく狭くなる
DSC08738_R_20140724204318dbc.jpg
沢蟹が歩いている
DSC08740_R_20140724204319eee.jpg
突き当りが見えてきた、T字に折れて本通路になる
DSC08743_R_2014072420541234f.jpg
壁の発破穴
DSC08744_R_201407242054139cc.jpg
支保工の溝
DSC08746_R_20140724205414508.jpg
釘の生えた木材
DSC08747_R_20140724205416a7e.jpg
きっと、これが壁にでも付いていたのだろう
DSC08749_R_20140724205417530.jpg
トロッコ跡がしっかりと残っている
DSC08750_R_20140724205924aee.jpg
小さな小瓶が落ちていた、ビンマニアのとのさんが持って帰ろうか、葛藤していた
DSC08751_R_20140724205925a87.jpg
本坑右奥に進む
DSC08752_R_20140724205926591.jpg
トロッコの枕木が数本残っている
DSC08754_R_20140724205927db0.jpg
レールを止める釘も見える
DSC08755_R_201407242059294c1.jpg
突き当たりは右に折れる、側溝もしっかりしている
DSC08756_R_20140724210811e37.jpg
しかし、掘削途中で終わっている
DSC08757_R_201407242108135ff.jpg
最深部から壕口を眺める、先に光が見えるがメンバーのライトだった
DSC08759_R_20140724210814951.jpg
この辺の天井はごっそり無くなっているが、下に土砂は無い、掘削中の落盤だったのだろう
DSC08760_R_20140724210815704.jpg
壕口近くはまた水没、レールの枕木も見える
DSC08761_R_201407242119250fe.jpg
2つ目の壕口も水没状態
DSC08762_R_201407242119275ae.jpg
横の枝抗に行く
DSC08763_R_20140724211928603.jpg
小森さん
DSC08765_R_20140724211929566.jpg
横抗の部屋
DSC08766_R_20140724211931efb.jpg
三つ目の壕口(実は三本の真ん中の壕口)は、水没を免れている
DSC08767_R_201407242126006b1.jpg
外の状況はあまり良くない
DSC08768_R_20140724212601619.jpg
横抗を進む
DSC08769_R_20140724212602c44.jpg
横抗の接続通路、若干ずらしてある
DSC08772_R_201407242126047db.jpg
天井にある鎹と不明な穴
DSC08773_R_20140724212605f0c.jpg
この辺の天井は結構高い
DSC08774_R_20140724213532f86.jpg
ビロードのビンが落ちていた
DSC08785_R_20140724213533317.jpg
撮影に熱中する空母氏
DSC08789_R_20140724213534dbb.jpg
足元に、人工的に掘られた四角い穴、なんだろう?通路の真ん中に
DSC08791_R_201407242135370ef.jpg
天井に、鏨が3本打ち込まれたままの所があった
DSC08790_R_20140724213535a4c.jpg
こうやって地層に沿って剥がすように掘っていたのだろう、けっこう怖いのではないか?
DSC08793_R_20140724214438635.jpg
最初の壕口に戻って来た
DSC08794_R_2014072421444069d.jpg
壕内との温度差でレンズが曇る
DSC08801_R_20140724214441af5.jpg
さぁ~戻るのが大変だ
DSC08802_R_20140724214442b79.jpg
沢を上がり不要になったウエイダーを脱ぐ(自分はすでに着替え終わっている)
DSC08807_R_2014072421504449e.jpg
ザイルを握り、登ってくるメンバー、自分は別の斜面から先回りした
DSC08808_R_20140724215045631.jpg
道は歩くものと思うな!よく言ったものだ
DSC08809_R_20140724215046929.jpg
メンバーが登って来るまで、周辺捜索すると塹壕があった
DSC08810_R_20140724215047387.jpg
1mほどの深さの塹壕が埋まらず残っている
DSC08811_R_20140724215049e08.jpg
3m四方ぐらいの空間が掘ってある、半地下倉庫でもあったのか?
DSC08812_R_20140724220147b8d.jpg
もっと深い物もあったが、水が溜まっていた
DSC08813_R_20140724220149f00.jpg
今回の探索終了
DSC08818_R_20140724220149c6a.jpg
後は横浜へと突っ走るのみ(とのさんが!)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント