東京湾第三海堡(大型兵舎)

この遺構は、神奈川県横須賀市平成町3丁目37(うみかぜ公園)内にあるので、地区は違っているが
便宜上ここにまとめる事にする、こちらの遺構は入る事が出来ないので、いつでも柵越しに見るしかない。
285_R.jpg
東京湾第三海堡展示会場のパネル、反射して見難いが仕方が無い
DSC00349_R_20140811210637e56.jpg
しおかぜ公園のボードウォーク
DSC00350_R_201408112106387ea.jpg
ぐるりとフェンスで囲まれている
DSC00351_R_201408112106398e5.jpg
こうして置かないと、この近くの広場はスケボーやBMXの練習場になっていて、落書きの温床になってしまう
DSC00352_R_201408112106419b7.jpg
保護の為にはやむおえないのだろうが、味気ない
DSC00354_R_20140811211559b88.jpg
正面、蓋をして置かないと、ゴミを投げ込まれるこの辺は
DSC00355_R_201408112116009a4.jpg
窓もバッチリ閉鎖
DSC00356_R_20140811211601a65.jpg
柵の中の案内板
DSC00357_R_20140811211603fee.jpg
見難くて仕方がない
DSC00358_R_20140811211604032.jpg
何とか読めるかな?
DSC00360_R_201408112122277c0.jpg
メインパネルは柵の中の芝生で寝ている
DSC00359_R_20140811212226169.jpg
誰も読めないだろうこんなの!
P1020112.jpg
グーグル航空写真(うみかぜ公園)
P1020115.jpg
グーグル航空写真(東京湾第三海堡展示会場)
DSC03552_R_20140811212810fb7.jpg
アイクルから見た、東京湾第三海堡展示会場(アイクルはただで入れる)
1_20140811213440f6c.jpg
資料を少し貼っておこう
5.jpg
4.jpg
2_201408112134411e3.jpg
3.jpg
特筆すべきは、右外のケーソンである、当時の最先端技術を駆使している
1_R_20140811214457b9d.jpg
予告があった
pac2_R.jpg
対岸の仮展示場
pac1_R.jpg
大型起重機船で鶴
100818_04L_R.jpg
海上自衛隊協力(通り過ぎただけ)
100818_03L_R.jpg
アイクルから丸見え(窓は開かない)
100818_02L_R.jpg
落ちたらどうなる?なんて考えてしまう
100818_01L_R.jpg
到着、写真で見るとすぐだが、ものすごい時間がかかっている

引き上げられたのは、これだけではないが、処分されてしまっている
護岸_R
護岸
倉庫_R
倉庫
通路_R
通路
砲台囲_R
砲台囲
擁壁_R
擁壁
ケーソン_R
ケーソン
貯水槽_R
貯水槽
通路_R (2)
通路
通路階段付_R
通路、階段付き
兵舎_R
兵舎
平成13年10月27日旧陸軍8cm砲弾_R
8cm砲弾
平成13年11月22日旧海軍25mm機関砲弾_R
25mm機関砲弾
平成13年11月22日旧海軍95式酸素魚雷の尾部_R
95式酸素魚雷の尾部
平成14年2月2日マーカー(照明弾?)208個 _R
探海灯の炭素棒と思う、同一の物を田浦火工工場地下壕(砲工部)でも見ている
平成14年8月22日通常爆弾99式6番 _R
99式6番(60kg爆弾)
様々な遺構が存在も知られず海に帰って行った事を覚えておいて欲しい
吊り上げられた調査済み構造物は第三海堡跡南西2,000m の海域に投棄され魚礁などに再利用されているそうだ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント