井上成美(しげよし)記念館

終戦記念日である本日、当ブログでも井上成美(しげよし)記念館は何処に?等、毎日検索されている
本物件を再度訪問し、取り上げる事にした。
井上成美はいわゆる条約派に属し、米内光政、山本五十六らと共に日独伊三国軍事同盟、日米開戦に強硬に反対した。
最後の海軍大将として知られたが、戦後はほとんど人前に出ずに生涯を終えた。
この地で子供たちに英語塾を開き、僅かな授業料と軍人恩給で貧困の生活を送り、元部下からの支援を頑なに拒み通したそうだ。
旧幕臣・井上嘉矩の十一男として出生。「成美」という名は「論語」顔淵篇の一節 「子曰く、君子は人の美を成す、人の悪を成さず、小人はこれに反す」に由来し、父からそんな人間になるようにと何度も教えられた成美はこの名を誇りとした。
無遠慮な点があり、海軍部内には井上を良く言わない者が多く、同期生にも井上を嫌う者が少なくなかった、戦後の海軍首脳の「反省会」でも、先輩の及川古志郎を徹底的にやり込めた事は有名である。
一方、イタリア駐在武官から帰国した井上は、先妻である喜久代の肺結核が悪化して看護が必要であるため、海軍人事当局に「海上勤務では家庭が破滅するから、しばらくは陸上の閑職に置いてほしい」旨を願い出て許可されている人間臭い唯一のエピソード(失礼)もある。

また、戦艦「比叡」艦長時代、井上は、翌朝まで帰艦しない予定で上陸した、従兵長の下士官が、その隙に艦長室のベッドで熟睡してしまった、予定を切り上げて帰艦した井上がこれを見つけたが、誰にも言わなかった、懲罰を受けずに済んだ従兵長は井上の恩情を長く徳とした。

しかし、海軍軍人としては面白い体質で、本人曰く「小さなフネなら酔わないのに、フネが大きくなるほど酔いやすかった」戦艦「比叡」艦長の時には、戦艦の艦長たる者が航海中に船酔いで寝ている訳には行かず、一番困ったという。

戦後、生計を立てる為に始めた「井上塾」だが、本当に月謝を取っていたかは疑問があるそうだ、生活は困難を極め、個人の所有物を切り売りし、最後には「これだけは」と言って残した海軍の軍帽、後は僅かな原書の本類程度しか残っていなかったようだ、昭和二十年十月から、潰瘍で倒れるニ十八年六月まで塾生百二十五人に及んだそうだ。
面白い話がある、「井上塾」ではお手製の「こんにゃく版印刷」が使われていたそうだ、濃いインクで書かれた紙をコンニャクの上に被せると、紙のインクがコンニャクの上に転写される、そのコンニャクの上に別の紙を被せると、今度はコンニャクから紙に再度インクが転写されるという原理である、20枚程度なら可能だったとか。
軍人恩給の復活(1953年(昭和28年)まで非常な困窮だったと言われる。

井上成美は、昭和五十年十二月十五日に亡くなられた、東京都府中市の多摩霊園二十一区一棟三側にある「井上家の墓」で、先妻の喜久代さんを右に、 後妻の富士子さんを左に静かに眠っている。
DSC00118_R_20140815212901455.jpg
早朝の井上成美記念館
DSC00120_R_201408152129039dd.jpg
問い合わせが多いので住所を貼って置く(ただし現在閉館中)
DSC00121_R_20140815212904e77.jpg
門柱、扉は無くなっている
DSC00122_R_20140815212905154.jpg
隣に郵便受けが付いていたと思われる、ブロック塀が付属する
DSC00123_R_20140815212907bc7.jpg
汚れてはいるが、廃屋な感じではない
DSC00125_R_20140815214047991.jpg
立派な看板だが閉館中
DSC00124_R_201408152140469d0.jpg
足元には移植された海軍柱
DSC00126_R_20140815214048bc3.jpg
閉鎖されてから、大分経つ様だ
DSC00127_R_201408152140498e9.jpg
見上げるとスチムニーが1本(元々は2本で、8割は改装されている、暖炉まわりだけがオリジナルらしい)
DSC00128_R_201408152140513f3.jpg
窓から覗くと見事に何も無い部屋(暖炉の上にあるのは艦長だった戦艦「比叡」だろうか?)
DSC00131_R_20140815214909392.jpg
窓際に置いてある本
DSC00132_R_2014081521491011c.jpg
DSC00138_R_20140815214914719.jpg
ただ、劣化していく写真達、市や国で何とか成らないのか?
DSC00135_R_201408152149136e4.jpg
ポストの名義、某人物に調べて頂いた物によると、㈱リゾートコンベンション企画 井上成美記念館 深田智之名義
井上成美氏の教え子の海兵73期卒の深田英明氏の息子さんと思われる人の名義の様だ、管理者?
それにしては、扱いがぞんざいだ、まぁ時代と世代が変ったと言う事だろう。
DSC00133_R_20140815214911870.jpg
庭からは海岸が見える、そうだ海岸陣地に行こう
DSC00139_R_201408152225500b5.jpg
漁港に車を停めて、歩いて行く
DSC00140_R_201408152225519c2.jpg
赤手蟹
DSC00143_R_201408152225534f8.jpg
旧軍道を辿って約1kmほど
DSC08148_R_20140815223045b0a.jpg
まだ、埋もれずに残っていた長浜狙撃用洞窟陣地を堪能する
DSC00145_R_20140815223308320.jpg
ゅんのすけ様から頂いた壕口情報を確認しに汐入町3丁目に向った
DSC00146_R_201408152233099ba.jpg
しかし、残念ながら5mほどの家庭用防空壕の様だった
DSC00148_R_20140815223917501.jpg
夏島地下壕に向う
DSC00150_R_20140815223918c2f.jpg
夏場の壕内は湿度は高いがひんやりして涼しい
DSC00154_R_201408152239197cc.jpg
いつもと変らない時間が流れる避暑地
DSC00155_R_20140815223920f85.jpg
格納壕も変らずガレている
DSC00165_R_2014081522392242a.jpg
海軍食器もいい感じだ
DSC00172_R.jpg
居住区も湿度が高い
DSC00180_R_201408152249169bc.jpg
最近の探索者は無茶が多い、車輪が壊れている
DSC00181_R_20140815224917ae1.jpg
タンクローリーはまた移動している
DSC00186_R_20140815224919efa.jpg
ペプシのビン
DSC00193_R_20140815225304d35.jpg
最深部の米軍の穴開き鉄板
DSC00199_R_201408152253056cf.jpg
旧軍の木甲板
DSC00202_R_20140817152126f7c.jpg
最後まで残っていた飾金具が打ち捨てられていた、自然落下では無いのだろう
DSC00206_R_20140815225306679.jpg
2時間ほど堪能した
DSC00209_R_20140815225335d73.jpg
その後野島に消えて行く影が一つ

終戦記念日慰霊の旅

この世界は情報が一番大事だ、隠す事無く出切る範囲で伝えて行こうと思っていたが、最近考えさせられる
貝山上部壕にも見られる、ブロック破壊、盗掘や、落書き、部分破壊が、あちこちで目に付く様になった
また、一部友人からもネットでの情報開示に危惧を示された、閲覧者数が増える事は嬉しい事だが
反面、心無い遊び感覚の訪問者による訪問も増える、この様な事態を招くなら、ブログ閉鎖も考えに入れた方が良いのかも知れない
まだまだ、紹介しきれない遺構が沢山有るので当面は続行するが、先は判らない

死んだ人は戻らない様に、壊した物も元には戻らない、だから大事にしよう
これを読んで、笑う人が大半でも良い、一人でも感じる人がいれば無駄ではないと思う
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

そのタンクローリーに見覚えありです!

人生で二番目に怖い思い出です

東雲みょん 様

このタンクローリーは見るたびに場所が移動します。
最後に見た時は第一坑道の奥の方にあったはずなのに、今回は横の坑道、第二坑道接続部近くに移動してました。
不思議ですね?前輪しか残ってないのに自走出来るのか?

こんにちは。早速の調査恐れ入ります。
夏島と言えば、天井から意匠の様な金具がぶら下がっていましたが、あれが抜かれて打ち捨てられていたのを見た時は悲しくなりました。
某国道脇の旧トンネルに白昼突入しているのを見かけたこともありますが、残念なことです。。。

ゅんのすけ様

自衛隊基地の多い田浦地区と違って、貝山、夏島地区は訪問者も多く居る様で
その分居住区などの掘り返しも激しいようです。

遺構を見てみたいと言う事は賛同しますが(自分もそうだし)、破壊汚損などは別問題でしょう。
記念、思い出に1品持って帰るのも人情でしょうが、まさか八丈島まで陸軍食器の破片を取りに行く人がいるとは思いませんでした(直射砲台編)

実は一番目は今回の野犬事件じゃないんです。もっと恐ろしい不思議な体験があります…

やはり、タンクローリーは動くようですね…

東雲みょん 様

なんとまだ上があると!
こうやって文面で見ている人には、単独で山間部の秘境、地下壕など通常人が来ない、何か有っても発見してもらえる可能性殆んど0な場所は想像出来ないだろうな~って思うし、更に大型野犬が空から降って来たなんて状況は普通無い。

いつか明かされるその体験を楽しみにしています
特定女性の誕生日を忘れていた時とかは無しね!

タンクローリーの移動距離は数10m、ふつうの常識ある人間は、あんな足場の悪い地下壕をあんな物持って移動しないでしょう、せいぜい1m程度?