東京湾要塞 観音崎砲台(第二砲台)その2

DSC00074_R_20140822204443ac5.jpg
第二砲台横にあるトンネル、本来はこの上に自衛隊施設が建っているので、その地下であるトンネル内も法律上は自衛隊敷地内となる、むやみな落書きや破壊行為は慎んだ方が良い(上のネットは素掘り部分の落石防止だ)
DSC00075_R_2014082220444535c.jpg
カップ麺には丁度良いが、撮影にはちょっと短いタイマー式電源
DSC02175_R_201408222044477cc.jpg
では、進入する、結構な角度で下って行くので、戻って来るのはかったるいかも
DSC00078_R_20140822204446faf.jpg
その1で紹介した部分の、トンネル内入り口
DSC02181_R_20140822210051e8a.jpg
遂道内火薬庫が左側に2つある
DSC02182_R_20140822210052c95.jpg
内部は前室と後室になっている
DSC02187_R_2014082221005549f.jpg
壁に憑いている小さな木製扉
DSC02185_R_201408222100534f0.jpg
中に入ると昭和期に使われていた跡がある
DSC02180_R_20140822204449dcc.jpg
振り向くと天井などに煉瓦があるが、これは当時から素掘り部分が崩れて来たのを補修している跡だ
丁度この真上に旧第三砲台があるので、大砲撃てば多少振動で崩れるのも当然だろう
DSC00303_R_2014082221190704e.jpg
2つ目の遂道内火薬庫
DSC00304_R_20140822211908c9d.jpg
1つ目と見比べてもほとんど変らない
DSC02195_R_20140822211911fc4.jpg
内部構造も一緒
DSC02196_R_20140822211912018.jpg
こっちの方が使用感が色濃い
DSC02197_R_20140822212458591.jpg
2つとも電燈なども良く残っているので見てみるといい
DSC02204_R_20140822212502509.jpg
オリジナルかは判らないが、配電盤が残っている
DSC02201_R_20140822212500bab.jpg
ふと、上を見るとネットに元々遂道内に電気を付けていた碍子の枕木が落ちて来ていた(役に立っているぞネット)
DSC00305_R_2014082221190917b.jpg
さぁ、登るか!
DSC00074_R_20140822204443ac5.jpg
トンネル右側に階段が見える
DSC02208_R_20140822213503940.jpg
足元に、謎の(逆)卍マーク
DSC00298_R_20140822213507f6e.jpg
防衛施設庁(防衛庁ではない)と運輸省用地が並んでいる
DSC07847_R_20140822213506bad.jpg
見難いが階段を登った所には便所と言われる穴が開いているので、へたに上がると危ない
DSC02157_R_201408222147554be.jpg
ぬこに連れられ、人気の無い藪の中へ
DSC02213_R_20140822214649185.jpg
深い藪の中に、切り通しが出現
DSC07858_R_20140822214651d72.jpg
実に丁寧に作られている
DSC02214_R_20140822214650fd0.jpg
観音崎で唯一閉鎖されていない旧施設(観測所付属施設)
DSC00062_R.jpg
もっとも写真が取り難い物件としても有名?
DSC00064_R.jpg
下に降りると、兎に角狭くてファインダーに収まらない
DSC07851_R_20140822215348dd9.jpg
内側から見る、電気配線がぶら下がっている
DSC02221_R_20140822215346579.jpg
観測所への伝声管、ちょっと入れない
DSC07852_R_20140822220109a9c.jpg
上を見上げると結構深い、当時の転落防止柵が残っているのが判るだろうか?
DSC07853_R_20140822220110490.jpg
上に上がろう
DSC02215_R_201408222201059f6.jpg
奇跡的に残っている、金属製手すり、下の付属室は金属ドロにやられているのに?
DSC02225_R_20140822220107456.jpg
かなり錆でやられているので、触らないほうが良い
DSC02226_R_2014082222010869d.jpg
対岸にも良く見ると、転落防止柵がある
DSC00067_R_20140822221027b06.jpg
下を見る、外部からは全く見えないので、存在を知る人は少ない、その方が良いだろう
DSC00066_R_20140822221028582.jpg
上には非常に状態が良い観測所がある
DSC00068_R_20140822221029284.jpg
左右には、上に上がる小階段がある(30cm程度の狭さ)
DSC00069_R_2014082222103196f.jpg
用具置き場は2つ測遠機台前寄りにある
DSC00070_R_20140822221032912.jpg
全体、当時は天蓋が付いていた様な跡がある
DSC07856_R.jpg
ここまで状態が良いのは、人の目に触れる事が少ないおかげだろう
DSC02173_R.jpg
見難い案内板
DSC02174_R_20140822222456a7d.jpg
右から第一砲台


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

卍じゃ無くて逆卍(卐)では。
てか、そんな物があるの全然知らんかった!!
トンネルのすぐ入り口だよね。
なんか不気味だ・・・。

tonotama様

良く見たら、確かに逆卍ですね。
トンネルの電源ボックスの手前下にあり、石垣もそれに合わせて凹んで造ってあるので、当時からの物でしょう。
ハーケンクロイツ(鉤十字)だったりして!

正卍と逆卍はセットでして、神社の狛犬のように、ワンセットで寺院の門如両脇に配置される感じで使用されました。
右回転して右側に配置されるのが正卍で、左回転で左に配置されるのが逆卍です。

って事は、上にあったのは便所ではなく、社殿があったのかも知れないですね?
そこに憑いては資料が無いので何ともですが・・・