平成26年度 富士総合火力演習 その3

DSC00586_R_2014082821062398a.jpg
特科部隊の着発射撃


DSC00593_R_20140828184336145.jpg
203mm自走榴弾砲
DSC00595_R_2014082818433704f.jpg
左上から右下へ1秒毎に炸裂する曳火射撃本番
00331_Capture_R.jpg
頭じゃま、TOT(同時着弾)
00331_Capture_3_R.jpg
富士、FH-70と155mm自走榴弾砲と203mm自走榴弾砲の混成でやっている、高難易度技

弾が見えるよ
DSC00602_R_20140828190427828.jpg
自走砲の陣地変換は早い
DSC00603_R_20140828190429644.jpg
155mm自走榴弾砲
DSC00604_R_20140828190430655.jpg
203mm自走榴弾砲
DSC00605_R.jpg
FH-70(155mm榴弾砲)
DSC00606_R_201408281904339a5.jpg
続いて、120mm迫撃砲と
DSC00610_R_201408281926235dd.jpg
81mm迫撃砲
DSC00611_R_20140828192625f10.jpg
発射!
DSC00614_R_20140828192626c0b.jpg
81mm着弾
DSC00615_R_201408281926270ee.jpg
120mm着弾
DSC00616_R_201408281926292f0.jpg
撃ち終わったら、即座に陣地変換
DSC00618_R_20140828193133a84.jpg
中距離多目的誘導弾(制式化ではなく部隊使用承認の形で採用されている為、○式という名称は付けられていない)は、よく96式多目的誘導弾システムと勘違いされるが別物である
DSC00619_R_20140828193134b6b.jpg
地上誘導装置
DSC00617_R_20140828193132e23.jpg
発射炎が危険な為、ほんとに撃つのは丘の上のこっち
DSC00620_R_20140828193136add.jpg
87式 対戦車誘導弾(左は誘導システム、レーザー照射機)
DSC00621_R_2014082819313773e.jpg
発射炎で怪我をしない様に後を空ける
DSC00622_R_201408281957347aa.jpg
発射準備完了(撃たないけど)
DSC00624_R_20140828195736f6d.jpg
発射!(スマホの上に弾が飛んでる)
DSC00623_R_2014082819573522c.jpg
着弾
DSC00627_R_20140828195738ee4.jpg
96式多目的誘導弾システム
DSC00629_R_201408281957392e3.jpg
着弾
DSC00630_R_20140828200628528.jpg
右の台から、87式 対戦車誘導弾の射撃


DSC00633_R_20140828200629e4e.jpg
軽装甲機動車による01式軽対戦車誘導弾射撃
DSC00634_R_20140828200630505.jpg
発射~!
DSC00635_R_20140828200632c00.jpg
着弾
DSC00637_R_201408282028574bd.jpg
対人狙撃銃
DSC00636_R_201408282028563a5.jpg
まと
DSC00640_R.jpg
96式装輪装甲車の進入
DSC00644_R_2014082820290063d.jpg
車載機銃を撃ちまくる(12.7mm重機関銃M2)
DSC00645_R_201408282029017ad.jpg
下車戦闘!
DSC00647_R_2014082820362594c.jpg
89式5.56mm小銃の射撃
DSC00649_R.jpg
曳光弾で、的に火が憑く
DSC00641_R_201408282036239e1.jpg
人が走ってくる
DSC00650_R_20140828203627af3.jpg
ブラック.ジャックみたい
DSC00651_R_20140828203629616.jpg
06式小銃てき弾
DSC00654_R_20140828204812c0f.jpg
84mm無反動砲
00337_Capture_1_R.jpg
110mm個人携帯対戦車榴弾
DSC00659_R_201408282048145d9.jpg
通常弾
DSC00660_R_2014082820481631e.jpg
発煙弾
DSC00661_R_20140828204817f29.jpg
効果十分
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント