大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)火薬庫?その1

前回冬に訪れた時に発見したが、壕口が凍り付いていて、滑落の危険があり先延ばしにしていた壕に行って来た
近所の住民の話によると、火薬庫として使われていて、今は腰より深い水没があるよとの話だった
前回の壕と隣り合わせに存在しているが、接続はしていない(しようとした痕跡はある)
計画図を見ると、5本の本壕を枝坑で繋げるはずだったようだが、実際には右側4本目が未完成、左側に掘り進めて多少左右に掘りかけた程度の5本目らしき物は、確認出来た
DSC02818_R_2014090420022353f.jpg
この計画図の左上が今回のターゲットである(前回はその下)
DSC01007_R_2014090420110464c.jpg
2130横浜集合
DSC01010_R_20140904201103071.jpg
高速割引減少により、下道で走る
P1030094_R.jpg
0100ごろ道の駅「ろまんちっく村」に到着
DSC01012_R_2014090420111060c.jpg
50%の雨予報だったが、なんとか持ちそうだ
DSC01011_R_20140904201108528.jpg
0800ごろメンバーを起こす
DSC01013_R.jpg
大谷駐車場に到着
DSC01015_R_201409042037213ab.jpg
今週末はお祭りのようだ
DSC01018_R_20140904203722b49.jpg
早速山の中へと分け入って行く
DSC01019_R_20140904203723c15.jpg
前回入った壕口は、今回は入らない
DSC01022_R_20140904203725bd4.jpg
今回のターゲットに到着、前回は入れないんじゃなく、凍って滑って出れない可能性があったが、大丈夫
DSC01023_R_20140904203726b13.jpg
この壕で、一番整った入り口から進入する
DSC01024_R_20140904204540763.jpg
この僅かに空いた隙間から、ほとんど縦に滑り降りて入壕した(後の二人はザイル使用)
DSC01025_R_201409042045425e5.jpg
実際に使用されていたせいか、碍子が多くぶら下がっている
DSC01027_R_20140904204542bc6.jpg
平均的に3X4サイズの横広
DSC01028_R_201409042045449af.jpg
側溝もきちんと生きている
DSC01029_R_20140904204545985.jpg
天井にはワイヤーで吊られた碍子が多い
DSC01030_R_201409042055407f9.jpg
内部は結構湿度が高い
DSC01031_R_20140904205541ec1.jpg
左側に向う抗道だが、水没しているが先の方で左右に少し掘られ、5本目の坑道になりそうだった
DSC01032_R_20140904205542075.jpg
枝抗は各3本ずつを基準としているようだ
DSC01034_R_201409042055444cb.jpg
本抗を進む
DSC01036_R_20140904205545391.jpg
お決りのキノコ業者の残骸がある(現役でやってる防空壕ってあるのだろうか?)
DSC01037_R_201409042105507d5.jpg
垂れ下がったワイヤー、何回か頭に当たった
DSC01038_R_201409042105517bf.jpg
最初の最深部、土砂が流入している
DSC01039_R_201409042105525fd.jpg
最奥の枝抗をくぐる
DSC01040_R_20140904210553fe9.jpg
この辺には側溝が無いので、水が流れた跡が掘れている
DSC01041_R_2014090421055523c.jpg
隣の壕は開口しているようだ
DSC01042_R_20140904211637099.jpg
光に向って行くと、なぜかドラムセット?個人邸の敷地に開口しているようだ
DSC01043_R_20140904211638f3c.jpg
出る訳にもいかず、こそこそ戻る
DSC01044_R_2014090421163951c.jpg
壕内に戻ると、なぜか落ち着く
DSC01046_R_201409042116410b7.jpg
また、枝抗を渡って横移動する
DSC01047_R_20140904211642fef.jpg
この辺妙に四角い
DSC01050_R_20140904212438df1.jpg
天井の地層を剥がしながら、拡張したから四角くなっているようだ
DSC01051_R_20140904212439401.jpg
大谷石で加工された出入り口、戦中かは不明
DSC01055_R_2014090421244058e.jpg
地層のせいで上りに見えるが、平坦な坑道だ
DSC01056_R_20140904212442d50.jpg
久しぶりにメンバーと合流
DSC01057_R_20140904212443dc6.jpg
天井のチーフを垂らす為の杭
DSC01058_R_201409042136429e4.jpg
キノコ業者のビニールシート
DSC01059_R_201409042136442cb.jpg
足元に滴る地下水の波紋
DSC01060_R_201409042136453a9.jpg
この通路は開口しているせいか、湿気が少ない
DSC01061_R.jpg
分岐に残る、碍子板
DSC01062_R_201409042136481bb.jpg
足元にもキノコ時代だろう電気パーツが落ちている
DSC01063_R_20140904214542bf7.jpg
この枝抗は小さ目だが
DSC01064_R_20140904214544e95.jpg
随分綺麗に側溝が切られている
DSC01065_R.jpg
良く見ると縁は大谷石で整形し、土管で水路も確保されている
DSC01066_R_20140904214546734.jpg
次回はこっちに行って見るが、なんと〇〇がそこにはあった


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント