大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)火薬庫?その2

DSC01067_R_20140906181427b27.jpg
3本目の坑道
DSC01068_R_2014090618142926c.jpg
側溝の際は大谷石で加工されている
DSC01069_R_20140906181430372.jpg
天井の、地層に沿って掘削した跡
DSC01072_R_20140906181431a02.jpg
深部に行くと、タイヤの轍がある、キノコ業者か?
DSC01073_R_20140906181433b6b.jpg
しかし、大谷石で加工された出入り口からは、車の出入りは無理だろう
DSC01075_R_20140906183432f95.jpg
逆に戦中の運搬時に使われ、戦後人の出入用に狭めて補強された感じだ
DSC01077_R_201409061834338ae.jpg
また、横の枝抗を通って4本目の坑道に向う
DSC01078_R_20140906183434ce7.jpg
この坑道は、妙にぬかっていた(人物比OKN氏)DSC01081_R_20140906183435aca.jpg
中ほどを過ぎると、大分マシに成る
DSC01083_R_20140906183437d3d.jpg
壕の中ほどなのだが、貫通していない、右は中央の横の枝抗
DSC01084_R_2014090618471624b.jpg
ここを掘っている途中で、終戦を迎えたのだろう
DSC01085_R_20140906184717a10.jpg
朽ちた支保工が埋まっている
DSC01086_R_20140906184718691.jpg
不思議な事に、この掘りかけ部分は、上に向っているのだ、天井から2mはある
DSC01088_R_20140906184719877.jpg
振り返り、坑道を見る、この空間は人間が作った物なのが信じ難い広さだ
DSC01090_R_20140906184721708.jpg
進めないので、横抗へ進む、排水溝がキレイだ
DSC01091_R_20140906185938090.jpg
28ccと書かれた小瓶が幾つか落ちていた
DSC01092_R_20140906185940377.jpg
第三坑道中央から壕口方面に向う
DSC01094_R_2014090618594038c.jpg
横抗のめちゃ深い排水溝、50cmほど掘ってある、なぜここだけ深いのか?
DSC01096_R_20140906185942d8d.jpg
この排水溝の加工跡を見ると、水流で掘れたものではなく、最初からのものだ
DSC01097_R_20140906185943a44.jpg
床面のあばたは、滴る水滴で掘れたものだ
DSC01098_R_201409061911357ec.jpg
ズリを山積みしたような場所
DSC01100_R_20140906191137020.jpg
乗り越えると僅かな隙間が有る
DSC01102_R_2014090619113816d.jpg
何とか潜り抜ける事が出来そうだ
DSC01103_R_20140906191139f48.jpg
少し広くなったが、水没している
DSC01105_R_20140906191141f91.jpg
更に進むと、開口部がある
DSC01106_R_201409061918094c3.jpg
気が付くと自分一人しかいない、メンバーが着いて来ないが先に行く
DSC01107_R_20140906191810db1.jpg
久しぶりに外界に出た、暑い!壕内に戻りたい!
DSC01109_R_20140906191811df1.jpg
振り向くと、自然に帰りそうな抗口がある
DSC01110_R_201409061918124d8.jpg
何やら人工的な切り通しがある
DSC01111_R_20140906191814188.jpg
なんとこれは!露天風呂ではないか、こんな所に秘湯発見!
DSC01112_R_20140906192856d57.jpg
周りには、トタン葺きの竹で作った東屋(脱衣所?)があった、一応大谷も温泉地だ
DSC01114_R_201409061928571ba.jpg
置いてきぼりになったので、さっさと壕に戻る、涼しくて快適だ!
DSC01116_R_20140906192858230.jpg
隣の壕に移動すると、キノコ業者の苗床の跡が残っている
DSC01120_R.jpg
出口に向う方向の通路、枕木状に坑木がある
DSC01122_R_20140906192901cf8.jpg
ここもちょっとキワドイ状態でバランスを保っている様に見える
DSC01123_R.jpg
絶妙な乗っかり方をして、積みあがっている巨石の隙間を縫って行く
DSC01124_R_2014090619390671f.jpg
なんとか、抗口らしき物は確認出来たので引き返す、一人で埋まったら洒落にならん
DSC01125_R_2014090619390638b.jpg
坑道に戻ると、少し安心する
DSC01126_R.jpg
落ちていた電気部品
DSC01128_R_2014090619390991f.jpg
ぐるっと回って、最初の壕口付近に戻り、行かなかった水没通路、第五坑道掘削予定地
DSC01129_R_20140906195839418.jpg
見落としの部分を見て回る
DSC01132_R_201409061958406c7.jpg
外側のぬかった通路に戻って来た、見ていない枝抗がある
DSC01133_R_20140906195841f03.jpg
電気ソケット付きの碍子
DSC01135_R_20140906195843453.jpg
掘りかけだった通路の先があるようだ
DSC01137_R_2014090619584484d.jpg
掘りかけ通路の反対側からも掘削中だった
DSC01138_R_20140906200655d7c.jpg
との氏が突入して行く
DSC01141_R_20140906200656875.jpg
ふと、天井を見ると、チーフを垂らす杭が幾つか刺してあった
DSC01143_R.jpg
奥は掘りかけ、終息であった
DSC01145_R_2014090620065963b.jpg
黙っていたが、との氏の横にもや状の物が見えたので、ライトを消して撮って見た、なんだったんだろう?
もちろん水面は下だし上の写真で、誰も何も無い事は確実だ(この後彼は、体の疲れを訴えていた)
DSC01148_R_20140906200700ae3.jpg
戻りがけに見た、意地になって取り付けたような、無駄に碍子だらけの通路
DSC01150_R_20140906204152347.jpg
きのこが自生している
DSC01151_R_20140906204153313.jpg
メンバーがザイルを手繰り、登ってくる
DSC01152_R_20140906204154ec3.jpg
探索終了、後は藪漕ぎして帰るだけ
DSC01153_R_201409062041566ad.jpg
冬には見えていた鉄塔は、緑のツリーと化している
DSC01154_R.jpg
これで、一般的に入れる壕の探索が終わった、後は場所は判っていても現役の採掘場だったりする
取りあえずここでの探索が終わり、別件の探索地に向うのだった(このかっこうで)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

大谷いいですね。
自分もそのうち行ってみたいと思います。
栃木はちょっと遠いですが。

このまま城山工場方面も攻略ですね。

yuuki 様

いやぁ~あっちは現行使用されてたり、住宅地に近かったりで、探索が難しかったりします。
最近のアイドルグループのせいで、へたに入れないように柵が新たに増えていたりもしてるんですよね、机上調査の上、行って見たいと思います。

No title

あのモヤのような物は多分霊的な何かです。
水中に、無数の目のような物が見えていました。
また行ってみたいです(*´д`*)

との氏

ほんとになんだろう?
赤や白ならライトやポジションランプ(ヘルメット)の反射が空気中のモヤにって事もありそうだが、自分等あんな青っぽい発光物持ってないし・・・・

奥の方の崩れた部分に、誰か埋まっていたりして

いいですね大谷!
軍需工場があることはしっていましたが、こんな風になってたんですね
そろそろ自分も地下壕行きたいです!

No title

大谷の調査も入れそうな所は、大部分終わりましたが、まだ隠れた部分がありそうです。
夏は地下壕で避暑が最高ですよ!
野犬の変わりに、黄色いタンクローリーが落ちて来るかも知れませんが・・・

また、地下壕逝きましょう!