陸軍重砲兵学校 その1

横須賀市の馬堀小、中学校の裏山から、県道沿いの自衛隊宿舎一帯は明治31年にこの地に開設
「陸軍要塞砲兵射撃学校」や「陸軍重砲兵射撃学校」、から「陸軍重砲兵学校」と改称している。
他の施設としては、要塞砲の実射訓練用として小原台演習砲台花立台演習砲台を教育研究用に使用し、砲塔砲台演習は千代ケ崎砲台を使用したらしい。
陸軍重砲兵学校の関連遺構は一般に知られている物以外にも結構ある。DSC05246_R.jpgまずは、馬掘自然教育園に深夜訪れる。DSC05248_R_20121215182806.jpgDSC05249_R.jpgDSC05250_R.jpg正規の入り口付近には、この様な穴が幾つかあるDSC05252_R.jpg火薬庫を囲むコンクリート壁DSC05255_R.jpg火薬庫その1、火薬庫であって弾薬庫ではないDSC05256_R.jpg床下を覗いて見ると、戦後穀物倉庫に使ったのか籾殻が大量に落ちている、ここから海軍食器と同型のホーローの迷彩色の小鉢が出てきた。DSC05262_R.jpg火薬庫その2、ややこぶりだDSC05274_R.jpg壕があったので、入ってみたが水没が激しく奥には何も無かった、まるで水路の様だったDSC05275_R.jpg魚でも飼っているのか、暗くて見えない貯水池のような物DSC05276_R.jpgDSC05283_R.jpgDSC05282_R.jpg稜威(みいつ)神社に登るDSC05279_R.jpg台座しかない?DSC05280_R.jpgDSC05278_R.jpgおおむね分かるが、どうせなら小中学生が読める様にすればいいのに・・・学校の裏山なんだしDSC05247_R.jpg夜が明けて来たDSC05243_R.jpg馬堀小中学校の校庭沿いに当時のコンクリート塀が現存する(この時は)DSC05663_R.jpg明るくなると、ぼろぼろなのが解るDSC05662_R.jpg上部なども欠けているが、これだけ長い塀が残るのも全国的にも珍しいだろうDSC05661_R.jpg塀の足元には陸軍柱が幾つか頭だけ見せているDSC05634_R.jpg再入園するDSC05641_R.jpg山の上に陸軍用地があったDSC05642_R.jpgDSC05643_R.jpg爆風、延焼よけの重厚なコンクリート壁、ここの建物は失われているDSC05648_R.jpgこのコンクリートの厚みは大した物だDSC05647_R.jpg後の階段も当時の物かDSC05649_R.jpg火薬庫その2、別方向から見るDSC05650_R.jpg背面に階段があったが特に何も無かったDSC05656_R.jpg火薬庫その1、DSC05657_R.jpg横から見ると通気口が多数ある、さらに縁の下も空洞だDSC05658_R.jpg整地された遊歩道と当時のコンクリート壁の100年ほどのギャップDSC08541_R.jpg2012年春先、境界壁が破壊されたと聞き、再訪したDSC08542_R.jpg見事に何も無いDSC05664_R.jpg1年前のほぼ同位置DSC08543_R.jpgあった、申し訳程度に・・・・・DSC08544_R.jpg下の道は中学校の通学通路である、崩れない様に補強してあるDSC08545_R.jpgなんか、情けない状態になってしまった。
この辺にあった陸軍柱が見当たらない、引き抜かれたようだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント