下総航空基地開設55周年記念行事 その4(資料館)

262_R_20141001193640569.jpg
しばらくチヌークを見ていたが、動きがないので第三格納庫に向かう
266_R_20141001193641efc.jpg
第三格納庫は、花電車と陸自ブースになっている
268_R_20141001193642bd2.jpg
しかし、空挺関係のごく一部のみで、非常に少ない(御嶽山噴火に招集待機が掛かっていたのかも)
269_R_20141001193644fbc.jpg
3 1/2tトラック(バージョンは多数あり)
270_R_20141001193645c82.jpg
空挺団後方支援本部
009_R_20141001195437c27.jpg
各種背負ってみたり出来るが、かなり重量はある
008_R_20141001195435d0f.jpg
花電車は滑走路に出て行くので、結構人気だが、男一人ではハードルが高い乗り物
274_R.jpg
厚生センター(売店)に向かう
339_R.jpg
下総厚生センター(コンビニ付き)
277_R.jpg
お土産屋、ミリーな店、コンビニ、食堂等が混在する
275_R.jpg
この基地にはP-2Jの現存機(飛行不能)が眠っているそうだが、見た事がない
276_R.jpg
最近の海軍カレーは種類が多すぎる
278_R_201410012002022ee.jpg
なんと、資料館がこんな所にあった、まさか厚生センター内にあるとは思わなかった
279_R.jpg
天井に部署説明がぶら下がっているが、誰も気がつかない
280_R.jpg
目を引くのはこのへんだろう
281_R_201410012026436e9.jpg
127mm航空用ロケット団
282_R.jpg
150Kg対潜爆弾
283_R_20141001202646dab.jpg
284_R.jpg
MK-34魚雷
285_R_20141001203655486.jpg
T-58エンジン(対潜ヘリコプターHSS-2のエンジン)
286_R.jpg
YS-11のレーダー指示器
287_R.jpg
288_R.jpg
YS-11の機上レーダー
289_R.jpg
航空写真用カメラ各種
290_R_2014100120465752a.jpg
291_R.jpg
かなり大きい
294_R.jpg
292_R.jpg
293_R_201410012047017bd.jpg
295_R_2014100120494511d.jpg
296_R.jpg
300_R_2014100120494991a.jpg
301_R.jpg
第三術科学校教本等
297_R.jpg
鹿屋基地の52型
298_R.jpg
299_R.jpg
整備魂
302_R.jpg
戦後米軍写真
303_R.jpg
昭和35年
304_R.jpg
305_R.jpg
昭和38年
309_R.jpg
平成20年
310_R_201410012105420ec.jpg
武蔵野カントリークラブ藤ヶ谷コース昭和2年頃
311_R.jpg
米空軍駐屯時の基地正門
312_R_20141001210545264.jpg
館山術科教育隊開隊
313_R.jpg
鹿屋術科教育隊開隊
314_R.jpg
海上自衛隊術科学校開校
315_R.jpg
仮称白井術科教育隊準備室
316_R.jpg
317_R.jpg
318_R.jpg
319_R.jpg
320_R.jpg
321_R_201410012123522dd.jpg
322_R.jpg
323_R.jpg
324_R.jpg
325_R.jpg
326_R.jpg
教育資料、階級章等、奥ではビデオ上映がある
327_R.jpg
謎の短魚雷
328_R.jpg
329_R.jpg
330_R.jpg
今は亡き205教育航空隊
331_R.jpg
YS-11と共に消えていった
332_R.jpg
YS-11の操縦桿、一部民間旅客航空機としては、現役で飛んでいる
333_R_201410012130566b1.jpg
YS-11のプロペラ
334_R.jpg
接合部
335_R.jpg
たたかないで下さい
336_R.jpg
標的機
DSC05368_R_2014100121421492a.jpg
ここに乗っている
DSC05465_R.jpg
なかなかカッコイイ機体だ
337_R.jpg
ソノブイ、納入10万本達成記念(それだけ某国の潜水艦が日本海に来ている証拠だろう)
338_R.jpg
近い将来ソノブイではなく、これを打ち込む日が来るのだろうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント