貝山地下壕(空母氏ご案内)

夏島地下壕に続いて、貝山地下壕に移動する、時間の関係で入りやすい上部第一、第三及び下部第二工区のみを案内する事にした。
DSC02174_R_20141013220503f09.jpg
足元に並べられている、海軍食器等に見入る空母氏
DSC02176_R_201410132205041e5.jpg
ここは、上部第一壕
DSC02179_R_20141013220505853.jpg
仕上がりの良さはさすが海軍壕である
DSC02180_R_20141013220507ff3.jpg
航海科室
DSC02182_R_20141013220509dd1.jpg
主計科と思われる
DSC02183_R_20141013221143f6d.jpg
最新部の落書き
DSC02186_R_20141013221145877.jpg
上部砲台跡を経て、上部第三に移動する
DSC02187_R_201410132211469d1.jpg
ロウソク、線香、お賽銭と増えていっている
DSC02189_R_20141013221147789.jpg
空母氏は階層構造が気に入ったようだ
DSC02190_R_20141013221149ad5.jpg
なんか凄いものが供えてある
DSC02191_R_20141013221751781.jpg
最新部は珍しく水没していた、台風のせいだろう
DSC02192_R_201410132217520fe.jpg
特徴的な彫り込み
DSC02193_R_201410132217536f7.jpg
階段構造
DSC02196_R_20141013221754846.jpg
さぁ、次は本坑に行こう
DSC02207_R_2014101322390946f.jpg
貝山地下壕第二校区
DSC02204_R_20141013223906ad1.jpg
コンクリート製階段を下から見上げる
DSC02206_R_20141013223908163.jpg
割と近いところにもう一つある
DSC02208_R_20141013223910156.jpg
用途不明の窪みを持つ部屋
DSC02213_R_201410132239120fd.jpg
貝山第二の特徴の石壁
DSC02214_R_20141013224452693.jpg
右側の発電機室
DSC02215_R_201410132244531b2.jpg
廃車壕に向かう
DSC02216_R_20141013224454ffc.jpg
ここだけコンクリート巻きの空間になる
DSC02217_R_201410132244560d2.jpg
穴から下の部屋を覗き込む空母氏
DSC02221_R_20141013224457957.jpg
総コンクリートの壕には廃車が2台ある
DSC02225_R_20141013225012d7a.jpg
どんどん奥に進む
DSC02227_R_20141013225013f44.jpg
ガスマスクの吸収缶などが、珍しいようだ
DSC02229_R_20141013225014fbc.jpg
このような石壁が5箇所ほどある
DSC02231_R_2014101322501678d.jpg
この壕は広いが、碁盤の目状ではないので、回っていて飽きない
DSC02236_R_201410132300121a5.jpg
扉付き石壁
DSC02247_R_201410132300139a2.jpg
ほぼ唯一の水没区
DSC02248_R_20141013230015bf9.jpg
この辺には吸収缶が多く落ちている
DSC02249_R_201410132300167d7.jpg
ノズルを取り付ける所
P1010259_R.jpg
こんなのがハマっている
DSC02254_R_2014101323001836e.jpg
会議室へ向かう
DSC02256_R.jpg
地下とは思えない部屋だ
DSC02257_R_2014101323085715e.jpg
反対側には扁額を収める窪みがある
DSC02261_R_20141013230858c85.jpg
外に出ると水場がある
DSC02264_R_20141013230859878.jpg
その横には電気室のような部屋がある
DSC02267_R_20141013231558335.jpg
更に奥には竈がある
DSC02268_R_20141013231600d1b.jpg
煙管が壕外まで伸びている
DSC02272_R_201410132316013ce.jpg
竈は別の工区にも存在している
DSC02288_R_20141013231602295.jpg
そろそろ終わりが近づいてきた
DSC02299_R_20141013231604371.jpg
空母氏はこの壕で、ビン缶マニアに目覚めてしまったらしい、20L薬瓶
DSC02303_R_201410132322246c5.jpg
さぁ、帰るとしよう
DSC02306_R_20141013232226af1.jpg
空母氏を置いて
DSC02308_R_201410132322279a8.jpg
しばし、ぬことたわむる
DSC02310_R_20141013232228bc1.jpg
空母氏、OKN氏、お疲れ様でした!また行こうね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

貝山の上部第三がどんどん怪しいことになっとるwww
お賽銭(?)とか、なんでここだけなんだろう。
壕口のブロックもかなり破壊されてるとかいう噂を聞いたが。

tonotama氏

上部第三のブロックはもう、半分破壊されています。
お賽銭はまだ良いとして、木像や写経まで供えてある所が不気味です

No title

ビンはいいですね~ 磨いて酒のつまみに眺めてますよ♪
どっかにグラス替わりになるビン落ちてないかな!?

空母氏

ビンと言えばやっぱり精密機械油ビンですね!
あの緑のビロード感が何とも言えない・・・・
なんと言っても海軍マーク入りだし。
今度、六浦に怪しい液体入りの20Lビンでも取りに行きましか!

復習

洞窟探検経験後に「とある戦跡と自衛隊」Blogを見返しての復習は最高です!何処でも潜ってしまう行動力に感心しっぱなしです・・・私も瓶マニアになりかけてます(笑)

EVNARA様

ビンマニアは何気に多いですよ!
ビロードの気泡なんか自分は好きですよ。
また神奈川に来てくださいね~