大豆谷機関銃及び速射砲陣地

前半は前回あげた壕だが、ブロックを間違えていた事に気が付いたので、修正掲載する
DSC05119_R_20141027213158e47.jpg
東金街道近くの壕に来た
DSC05124_R_20141027213204fb6.jpg
壕口は小いさ目なのだが
DSC05121_R_20141027213159f8b.jpg
中は広く、速射砲陣地となっている
DSC05122_R_20141027213200ea3.jpg
枝道の一つ
DSC05123_R_201410272132010e1.jpg
銃眼でも掘ろうとした途中だろうか?
DSC05126_R_20141027213747398.jpg
通路に戻る
DSC05127_R_20141027213748870.jpg
弾薬庫だろうか、広い部屋がある
DSC05128_R_20141027213749ea2.jpg
入って来た壕口を振り返る、砲室は良く分からない
DSC05129_R.jpg
反対を見ると外光が見える
DSC05130_R_201410272137528e8.jpg
右横には小ぢんまりとした部屋がある
DSC05131_R_20141027214227707.jpg
奥は二股に分岐していた
DSC05132_R_20141027214229216.jpg
左はそのまま外へ出れた
DSC05133_R_201410272142302c5.jpg
右へ行くと、生息部の様な空間
DSC05135_R_2014102721423400f.jpg
支保工で補強されていた様だ
DSC05136_R_20141027214646815.jpg
一部、支保工が残っている
DSC05134_R_20141027214232b9c.jpg
奥に進む
DSC05137_R_20141027214648b5a.jpg
しかし奥は支保工ごと崩れてしまっている様に見えるが
DSC03310_R_201410292007059fb.jpg
頑張って越えて行くと
DSC03311_R_2014102920070649e.jpg
一応開口している
DSC03313_R_20141029200707bc8.jpg
外は竹やぶで、見つけるのは困難だろう
DSC05139_R_20141027214650e5e.jpg
床は、側溝が掘ってあるのか、自然に削れたのか、真ん中だけ残っている
DSC05138_R_2014102721464826a.jpg
元の壕口(砲室)に戻る
DSC03270_R_2014102920301674a.jpg
竹やぶに更に分け行っていく
DSC03271_R_2014102920301736e.jpg
ぱっと見ただけでは、分り難いが壕口である
DSC03272_R_201410292030183f2.jpg
ここまで近寄って、やっと認識出来る(竹やぶで光が届かないせいもある)
DSC03273_R_20141029203019cf5.jpg
先の壕よりかなりキレイな壁面だ
DSC03274_R_201410292030217d7.jpg
幾分粘土質なのか、床がねちょつく
DSC03275_R_201410292039526b1.jpg
曲がると突如現れる銃座
DSC03276_R_20141029203954872.jpg
上はあまり見たくない
DSC03277_R_201410292039552f3.jpg
ここは寝そべるタイプの銃座の様だ、外が見える
DSC03278_R_2014102920395657c.jpg
通路に戻る
DSC03279_R_20141029203958d5a.jpg
二つ目の銃座、ここも寝そべるタイプだ
DSC03280_R_20141029204805b23.jpg
背骨の様に見えるが、竹の根っこである
DSC03281_R_20141029204806787.jpg
横須賀のゲジはあまり落ないが、千葉のゲジはポロポロ堕ちてくる人懐こい奴らだ
DSC03282_R_20141029204807936.jpg
最深部、土砂が流入していて、埋まっている
DSC03283_R_20141029204809cba.jpg
外から見た一つ目の銃眼、ほぼ四角である
DSC03285_R_201410292048119af.jpg
二つ目の銃眼は、半分埋まっている、これらの射線は東金街道を進行する敵に対応する為に小規模な陣地を多数供えて、お互いにカバーし合える様に工夫している
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

関東の地理には疎いのですが東金市って九十九里のほうですか?
水際作戦の陣地がゴロゴロしてるんでしょうね。

yuuki様

その通り九十九里浜方面です、東金~上総一ノ宮にかけて現地調査を行いましたが、実は四年前から通ってたりします。
小隊規模程度の小壕が多く、記事にしにくいは、紹介しようにも名前がないから、タイトルに苦慮します。
八丈島と違って、山間部ではなく市街地に近いのが特徴ですね