伊豆 長津呂震洋特攻基地(石廊崎)

静岡県伊豆半島には、特攻基地が密集しているのだが、今まで行った事が無かった。
他の地方の探索が忙しいのと、伊豆半島はかなり広く、二の足を踏んでいたのだ・・・・
今回栃木方面が一段落した所で、伊豆方面に着手してみた。
伊豆の最南端の長津呂(石廊崎)を含めた東伊豆が第一六突撃隊(本部は下田)だった。
幸いにも本土決戦用となっていたこの基地からの、出撃は無かった。
記録には11ヶ所の壕が掘られている、これは船体だけではなく、燃料格納壕や弾頭庫なども含んでいる。
他にも石廊崎には横須賀海軍警備隊の特設見張所がおかれたが不明。
DSC02355_R.jpg
取り敢えず一番下から紹介するが、時系列はバラバラだしもちろんこの中の幾つかしか行ってない
DSC02519_R_20141102230400dad.jpg
本日00:45に道の駅「伊豆のへそ」に到着、車中泊する
DSC02521_R_20141102230401b1e.jpg
翌日、天気予報はかなり微妙だったが、雨は上がった
DSC02522_R_201411022304036a2.jpg
早速出発、ループ橋を渡る
DSC02524_R.jpg
ループ橋は工事中だったのでイマイチ



DSC02525_R_2014110223153196d.jpg
下田経由石廊崎を目指す
DSC02644_R_201411022318003b0.jpg
石廊崎漁港に到着
DSC02646_R_20141102231802be4.jpg
震洋壕は、漁港にある
DSC02776_R_20141107223811822.jpg
上空写真
DSC02640_R_20141102231758f44.jpg
まずは、駐車場前にある壕口その1
DSC02641_R_201411022317591f7.jpg
入れないが、開口している
DSC02642_R_2014110223232003d.jpg
壕口その2、入れない理由はこれ、海を埋めた水路があり高低差もあり渡れない
DSC02643_R_201411022323215b2.jpg
この2つの他に、トイレの裏にも壕口その3が有るのだが、カメラを持ってトイレの裏に観光客注視の中行けなかった、気が弱いので周りを気にしてしまう(メンバーはトイレに行っていた)
DSC02647_R_20141102232322407.jpg
関係者以外立ち入り禁止とあるので、駐車場で許可を取った
DSC02648_R_201411022323235ca.jpg
壕口その4
DSC02651_R_20141102232325cb4.jpg
廃材が詰められ、奥までは行けない
DSC02653_R_2014110223314188c.jpg
壕口その5
DSC02655_R_2014110223314300d.jpg
柵があるので入れないが、中は見える
DSC02656_R_20141102233143ba1.jpg
対岸に遊覧船が入って来た、たしか「おしどり」
DSC02657_R_2014110223314569b.jpg
漁港の奥に入って行く
DSC02658_R_20141102233146a53.jpg
遊覧船はすぐに次の航海へと旅立っていった
DSC02659_R_20141102233732f72.jpg
最深部のお食事処の隣に、壕口その6
DSC02660_R.jpg
かなり大型の壕で海龍ではないかと思われる
DSC02665_R.jpg
店と漁港の物置になっているので、進入不可
DSC02661_R_20141102234240bf6.jpg
繋船用ボラードは岩を削って作られている、初めて見たこんなの!
DSC02662_R_20141102234242c85.jpg
屋形船が浮かんでいた
DSC02663_R_201411022342430c4.jpg
回り込むとコンクリートで区切ったブロックが見えるが足場がなく近寄れない
DSC02667_R_20141102234244943.jpg
石廊崎漁港全景
DSC02668_R_20141103083744999.jpg
漁港の対岸、灯台方面への道に行く
DSC02669_R_20141103083746f09.jpg
土産物屋の裏の壕、急傾斜工事の際に削り取られ短くなっている、船体用では無いだろう、壕口その7
DSC02670_R_2014110308374627a.jpg
もう少し登った所にある壕口その8
DSC02673_R_201411030837486cb.jpg
左に曲がっている壕、もうこれ以上上には確認できなかった
DSC02674_R.jpg
観光客の杖の返却率が悪過ぎたのだろう、空っぽの杖入れケースが草むらに転がっていた
DSC02675_R_20141103085121c1e.jpg
先に寄った壕口その4と5
DSC02676_R_2014110308512386b.jpg
壕口その6
DSC02677_R_20141103085124c1c.jpg
生簀状の部分
DSC02678_R_20141103085126703.jpg
入り組んだ入江は海食が進んでいる
DSC02679_R_20141103085127916.jpg
山の上には風力発電のプロペラが乱立していた
DSC02681_R.jpg
崖下に桟橋橋脚らしき物が有る様だが、見えなかったので下山した
DSC02682_R_2014110309095023e.jpg
売店裏の擁壁部分のスリット
DSC02684_R_20141103090950d2b.jpg
怪しげなので覗いてみた
DSC02685_R_20141103090952f20.jpg
内部はゴミだらけの、壕口その9
DSC02683_R_20141103092814127.jpg
奥にもう一つある
DSC02686_R_201411030928152e5.jpg
少しはマシな、壕口その10
DSC02687_R_2014110309281797f.jpg
あんまりマシでも無いか・・・・
DSC02638_R_20141103092813e45.jpg
駐車場もっとも手前にある対岸の壁面
DSC02688_R_20141103092818aa3.jpg
入れないが、壕口その11

何とか定数の11本の壕を確認できたが実数とは合わないのが常である、きっと家屋や擁壁の奥にも有るだろう

長津呂震洋特攻基地の帰り道、下田海中水族館近くの鍋田浜に陸軍の潜水輸送部隊があった所に寄った。
時間が押していたので、下田地区の探索はやっていないのだが、道路から見えたのでここだけ寄ってみたのだ。
DSC02689_R_20141103095914012.jpg
降り口は鍋田口バス停前
DSC02692_R_201411031214081db.jpg
トンネルより石廊崎側
DSC02693_R_20141103095917596.jpg
道路側の壕口
DSC02694_R.jpg
奥は右に伸びている
DSC02690_R_20141103100529bdc.jpg
路肩にある開口部
DSC02695_R_20141103100531fd1.jpg
多分道路側の壕と繋がっている(どう見ても民間防空壕ではない)
DSC02696_R_20141103100532b6f.jpg
そばに空いたいる小さな穴
DSC02697_R_20141103100533230.jpg
近くに有る津田式ポンプ
DSC02698_R_20141103100535db7.jpg
下田はペリー縁の土地でもある

今回はこれより下には行かなかったが、この道の下にある大浦八幡宮には「㋴」の鎮魂碑がある。
「㋴」とは日本陸軍が海軍にも極秘で開発を進めた輸送潜水艦のことでである。
正式名称を陸軍潜航輸送艇、秘匿名称を「まるゆ」と言った。
計画では四百隻を建造する予定でしたが実際には四十隻ほどが実際に配備されたようだ、そのうちの一隻である八号艇がここに配備され、昭和二十年八月十三日(終戦二日前)早朝の空襲で十名の戦死者を出した、見た訳ではないが船体が真っ二つになっって沈没したらしい。

武装は前部上甲板に搭載された戦車砲の改造型のみで、食糧・弾薬・医薬品等の物資輸送を主任務とした。
3隻が比島レイテ湾で沈没、1隻が荒天の為消息不明、八丈島輸送任務から戻り、仮泊中のこの八号艇のみが損傷艇となり、35隻は残存した。
ちなみに戦後放置されていた八号艇は、朝鮮戦争(特需景気)の金属不足時に引き上げられ、スクラップと化した。

愛媛県伊予三島市の金比羅神社には、「まるゆ」陸軍潜水輸送教育隊記念碑がある。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ついに伊豆半島進出ですか! 私も二の足踏んでいた地域ですので、一緒に行きたいです! 

空母氏

やっぱり伊豆半島は広い、下まで行くだけでも2時間以上かかるし、探しながらでは時間がかかって仕方がない。
極めつけは、特攻基地=単純壕と言う萌に欠ける部分です。
ちょっと時間がかかりそうな地域ですね、詳細情報求む!

No title

お疲れ様です

特攻出撃基地は伊豆半島や三浦半島など多数あるようですが、あまり行く機会がないですね。ですが、本土決戦へ向けた日本軍の迎撃態勢を考える上でも貴重な遺産ですから、調べに行きたいです

東雲みょん氏

どうもです!

出来うる限り探索してみたいのですが、伊豆方面は探索者が少なくて位置情報が掴みにくいのが難点です。

機会が有れば、一緒に行きたいですね、伊豆は廃ホテルもてんこ盛りです

No title

今年91歳になる父親が陸軍潜水輸送教育隊に所属していました
当時下田の八号挺には父親の知り合いで ウノ ヒロシ兵長という人が
乗っていて空襲で戦死したそうです
父親はまだ記憶もはっきりしていて下田には八号挺の記念碑があるはずだと
行っていました
そこでネットで検索したらここを見つけました
父親が健在の内に大浦八幡宮の記念碑に参拝してこようと思います

上等兵様

大浦八幡宮には父様のおっしゃる通り鎮魂碑があるそうです
駐車場も無い様なので、今回は行きませんでしたが、訪問してみたいと思っております。
なんと、お知り合いがかの八号艇に乗って居られたとは、ご冥福をお祈り致します
是非、お父様を戦友の眠る地に連れて行ってあげて下さい。

当方の様な稚拙なブログが少しでもお役に立てた様ならば、嬉しいです

当地には坂道、階段などもありますが、お気をつけてご参拝下さい