勝田駐屯地・施設学校開設63周年記念行事 その4

DSC03043_R_201411120953563e3.jpg
油圧シャベルが起動する
DSC03045_R_201411120953572ea.jpg
キャタピラの小気味良い音が鳴り響く
DSC03046_R_20141112095358a85.jpg
災害派遣などで見る機会の増えた油圧シャベルの掩掘演技が始まる
DSC03048_R_2014111209535961e.jpg
北島三郎の「祭り」の曲に合わせて演技が始まる
DSC03051_R_201411120954017f1.jpg
ここで注目して欲しいのが、左のショベル
DSC03065 - コピー_R
なんと無人である(無人と分かる為にわざと開けてあるドア)
DSC03057_R_20141112101149f6b.jpg
他の2台のショベルには、人が乗っている(ガスや放射能汚染地域での作業を考慮し無人化)
DSC03059_R_20141112101151e23.jpg
アタッチメントにより、バケットは360度回転する
DSC03060_R_20141112101152ea5.jpg
倒壊した家屋からの救出作業等に大いに役立った機能
DSC03063_R_2014111210115320f.jpg
中央は通常のバケット、その差は歴然
DSC03049_R_20141112102153a58.jpg
更に右のショベル
DSC03050_R_2014111210215489f.jpg
油圧で姿勢制御可能、傾斜地での作業も行える
DSC03065_R_20141112103001bf9.jpg
掩掘演技終了、観閲官に礼!
DSC03067_R_201411121030034ba.jpg
豪腕を震わせ
DSC03068_R_20141112103004a43.jpg
お客各方向に礼!
DSC03073_R_20141112103005718.jpg
この駐屯地に配属になっている友人に事前に聞いていたが、これほどの物とは思わなかった、自分もこれの運転資格を有しているが、これほどに同時操作をするのは中々の技量が無ければ出来ない。



DSC03070_R_201411121043146ef.jpg
全てのアトラクションが終わり、最後の訓練展示に移行する
DSC03071_R_2014111210431584e.jpg
敵役の双輪装甲車
DSC03078_R_20141112104319335.jpg
攻撃態勢を整える敵兵役
DSC03075_R_20141112104316517.jpg
参加車両入場、簡単な説明がなされる
DSC03076_R_20141112104318158.jpg
先頭は偵察隊のカワサキ(廃棄バイクを買い取ろうと計画したが、フレームが公道許可が取れないと判明、挫折)



DSC03081_R_20141112105936f1d.jpg
観閲官に訓練展示開始を告げ、ラッパが響き渡る
DSC03082_R_20141112105937c81.jpg
直後後方で爆発音、勝田川の橋が爆破された
DSC03083_R_20141112105938031.jpg
偵察隊のバイクが偵察に向かう
DSC03084_R_201411121059400b6.jpg
続いて87式偵察警戒車も進入
DSC03086_R_201411121059412e6.jpg
敵からの攻撃を受け、バイクを盾に応戦態勢に入る
DSC03089_R_20141112182921f8e.jpg
キャリパーを撃ちまくる敵、珍しく機銃のマズルが写っている
DSC03091_R_20141112182923bab.jpg
偵察困難となり、撤収する
DSC03093_R_201411121829242d7.jpg
双輪装甲車の援護射撃
DSC03094_R_20141112182925540.jpg
撤収するのを待っててくれる敵
00041_Capture_1_R.jpg
特科部隊の支援射撃(ここの駐屯地は10カウントしてくれるから射撃タイミングが助かる)
00041_Capture_2_R.jpg
着弾!
DSC03096_R_20141112183526732.jpg
炸裂と同時に土が舞い上がる
DSC03097_R_20141112183526c26.jpg
普通科部隊も展開するが、後ろで足組んでよっかがってる人もいる
DSC03098_R_20141112183528218.jpg
敵の装甲車を排除する為、74式戦車投入
00041_Capture_3_R_20141112183919a28.jpg
火球生まれし時
DSC03099_R_2014111218352907f.jpg
発砲煙に霞む74式
DSC03100_R_20141112185347737.jpg
敵、装甲車撃破!
DSC03101_R_2014111218534948e.jpg
もはや自分の発砲煙で見えない
DSC03104_R_2014111218534901c.jpg
元気に反撃する敵装甲車
DSC03105_R_20141112185351c54.jpg
普通科部隊も反撃
00041_Capture_4_R.jpg
FH-70も二発目の援護射撃
DSC03106_R_20141112190449b7d.jpg
突如ジャムるキャリパー
DSC03107_R_2014111219045042e.jpg
頑張って給弾する
DSC03108_R_2014111219045140d.jpg
その隙に戦車橋突入、落ちた橋を架ける
DSC03110_R_201411121904537ab.jpg
給弾終了、撃ちまくる
DSC03111_R_201411121904546c9.jpg
戦車橋を援護する74式
00041_Capture_7_R.jpg
敵のトーチカに向けて発砲
DSC03114_R_201411121917542e1.jpg
トーチカ撃破!
DSC03115_R_2014111219175622d.jpg
91式戦車橋が、橋のせり出しにかかる
DSC03116_R_20141112191757365.jpg
その間、懸命にペットボトルに空気を充填する92式地雷原処理車
DSC03118_R_201411121917580fd.jpg
双輪装甲車の援護射撃
00041_Capture_8_R.jpg
向かって右側の発射口が開く
00041_Capture_9_R.jpg
発射!
00041_Capture_11_R.jpg
いま、ロケット団が飛び立った
DSC03120_R_20141112192431bad.jpg
滑空中
00041_Capture_12_R.jpg
着弾、地雷原を誘爆させる
00041_Capture_13_R.jpg
その間に戦車橋は地味に頑張っている
00041_Capture_14_R.jpg
おおむね完成
DSC03127_R_20141112194313551.jpg
戦車壕を埋める為、リモコンドーザが進入
DSC03129_R_201411121943143b1.jpg
敵の妨害を受けるが
DSC03130_R_201411121943159b3.jpg
リモコンの無人機なので作業続行
DSC03132_R_20141112194317f6b.jpg
施設作業車(有人)も作業に加わる
DSC03136_R_20141112194318a06.jpg
中々カッコイイ
DSC03138_R_201411121958091ef.jpg
排土バンの他に、ショベルアームも持っているスグレモノ
00041_Capture_15_R.jpg
FH-70の支援射撃、黒い炎
00041_Capture_16_R.jpg
エクトプラズム
DSC03139_R_20141112195810323.jpg
着弾!
DSC03140_R_201411121958117e0.jpg
作業終了、進撃路確保
DSC03141_R_2014111219581210e.jpg
作業が済んだら戦線離脱
00041_Capture_17_R.jpg
特科による突撃支援射撃
00041_Capture_18_R.jpg
74式ラストファイヤー!
00041_Capture_19_R.jpg
着弾!
DSC03146_R_20141112201352b80.jpg
地面をほじくる爆発
DSC03147_R_20141112201353976.jpg
突撃開始
DSC03148_R_20141112201354686.jpg
各車発砲!
DSC03149_R_20141112201356252.jpg
普通科突撃!
DSC03150_R_20141112203459cd2.jpg
敵陣突入
DSC03151_R_20141112203500344.jpg
突撃成功!
DSC03152_R_20141112203501c79.jpg
状況終了!ラッパが鳴り響く
DSC03153_R_2014111220350323c.jpg
終わった途端に機銃手が飛び出してくる
DSC03154_R_2014111220350431f.jpg
操縦手も出てくる
DSC03156_R_20141112204050409.jpg
軽装甲機動車が帰って行く
DSC03161_R_20141112204052900.jpg
飛び散った薬莢やリングをを回収している
DSC03160_R_20141112204305469.jpg
07式地雷原処理車が帰って行く
DSC03163_R_20141112204307c17.jpg
飛び散った薬莢やリングをを回収している
DSC03162_R_20141112204306718.jpg
74式戦車が帰って行く
DSC03165_R_20141112204309a79.jpg
まだ終わらない、ジャムった時に薬莢受けが外れてしまったのだろうか?

訓練展示の動画もあるのだが、22分以上あるのでUP出来なかった

他の駐屯地も、勝田を見習って発砲時にカウントダウンをやってはどうだろう、大変助かるぞ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

やっぱり74式カッコいいですね(´・ω・`)

東雲みょん氏

自分も個人的には74式の方が新型戦車より馴染みと共に気に入っています
発砲音も120mm滑空砲より74式の105mmの方が好きです