「廃墟」 伊東市赤沢八幡野連絡橋(廃ループ橋)

静岡県賀茂郡河津町内、国道414号にある河津七滝(かわづななだる)ループ橋は有名だが、伊豆にはもう一つのループ橋がある、正確にはあったのだ。
1973年から計画されていた八幡野の山間部開発、この場所に5区画に分けられた別荘地を建設する為に山間部への連絡橋を建造した、当初は赤沢地区からの工事が予定されていたが地域住民の反対に合い、八幡野の調整区域から新規で連絡橋を設置して開発計画は進められた。
実際に橋は完成し、多くの工事車両が八幡野の山間部へ行き来している。
しかし1978年に開発業者が倒産、その後開発区画と共にこの連絡橋も破棄された。
その後連絡橋入口が簡易封鎖され、1990年代(1993年の崩壊以降)には一部の解体作業と周囲の囲い込み鉄柵を設置。現在に至るのだが行政が1993年に廃橋の崩落の確認を発表した事で多くの人にこの廃橋の存在が知れる事に成ったようだ。
P1030131_R.jpg
上に八幡野、下に赤沢がある
DSC02773_R_20141121205212a59.jpg
航空写真で見るループ橋
DSC02701_R_20141121205208ef6.jpg
この辺から山に入るか
DSC02702_R_201411212052096a7.jpg
ここから側道に入る
DSC02703_R_2014112120521063e.jpg
すれ違うのもやっとの道を行くと赤い橋が見えて来る
DSC02705_R_2014112121551271d.jpg
圧倒的な存在感がある、しかし普通に傷一つ無い橋に見える
DSC02706_R_20141121215514632.jpg
雨が激しくなって来たので、橋の下に入る
DSC02707_R_201411212155151f8.jpg
橋脚の下は荒れ放題だ
DSC02708_R_20141121215516050.jpg
この辺は道だったのか、平になっている
DSC02709_R_20141121215518792.jpg
橋の先を辿って行くと
DSC02710_R_201411212211186e4.jpg
先が無い・・・・・いや、縦に立っている
DSC02711_R_201411212211201f7.jpg
ふと見ると、何やらコンクリートの建物がある
DSC02713_R_20141121221121aa4.jpg
戦跡ならトーチカに見えるのだが、何だろう
DSC02714_R_20141121221122652.jpg
中には何もない
DSC02715_R_20141121221123224.jpg
反対側に何かある
DSC02716_R_201411212224250c2.jpg
水中ポンプ操作盤?水など何もないのだが?
DSC02717_R_20141121222426d2a.jpg
隣にも部屋があるが、同じ構造だ
DSC02718_R_20141121222428b81.jpg
何かの基礎があるが、工事関係の物だろう
DSC02719_R_201411212224303ef.jpg
橋の先端部分、斜めにバンクが憑いているようだ
DSC02720_R_20141121222432b41.jpg
落ちた橋がすぐそこにある、なんか崩れてきそうな威圧感がある
DSC02721_R_20141121224428d0c.jpg
これが当時の簡易封鎖だろうか
DSC02722_R_20141121224430f39.jpg
取り敢えず一気に上まで登った
DSC02723_R_20141121224431f4d.jpg
なんか少しばかり橋がいびつな気がするが気のせいだろう
DSC02724_R_20141121224432694.jpg
落ちた部分がすぐ下に見える
DSC02725_R_20141121224434702.jpg
一歩先は奈落の底だ
DSC02726_R_20141122211317908.jpg
意外とある高低差
DSC02727_R_20141122211318103.jpg
ビー玉転がしたら面白そうな斜面
DSC02730_R_201411222113218e8.jpg
目の錯覚か道路がねじれてる気がする
DSC02728_R_201411222113199fe.jpg
先端に立つと、下に降りれそうだ
DSC02732_R_20141122212011727.jpg
引きちぎれた鉄骨に捕まりながら降りる
DSC02733_R_20141122212012de5.jpg
鉄骨ってちぎれるんだぁ~、降りてみないと見えない傷跡
DSC02735_R_20141122212014a51.jpg
さて、どうしよう?
DSC02736_R_20141122212015cd3.jpg
これ以上下に降りれないので、またよじ登る(濡れた鉄骨は滑るので、雨の日は降りない方が良い)
DSC02737_R_20141122212942548.jpg
片腕でぶら下がりながら写真を撮るのも難しい
DSC02739_R_20141122212943e47.jpg
結構Rがきついコーナー
DSC02740_R_20141122212944416.jpg
変化がないからついつい落ちた部位ばかり撮ってしまう
DSC02741_R_20141122212946591.jpg
かるくバンクの入ったコーナーをバイクで走ってみたい
DSC02742_R_20141122213705340.jpg
こんな高さまで生えてくる植物ってすごいと思う
DSC02743_R_201411222137070a9.jpg
なんとなく雨が止んで、うっすら海が見えて来た、そろそろ下りよう
DSC02744_R_20141122213708076.jpg
下の崖沿いに巣箱がある、誰か養蜂していたのだろう
DSC02745_R_201411222137098fb.jpg
よくもこんな巨大な物が落ちてきたものだ
DSC02748_R_20141122213710061.jpg
落ちた部分もブロックごと外れただけに見える
DSC02750_R_201411222145236fa.jpg
上の方から下を見ている、キールは流石にねじれている
DSC02751_R_20141122214525819.jpg
あそこと繋がっていたんだなぁ~
DSC02753_R_20141122214526e5b.jpg
この辺はちょっと曲がっている、耳を澄ませばギシギシ聞こえる気もする
DSC02756_R_2014112221452804b.jpg
コンクリート壁の一部も近くに落ちている鉄筋とガードの一部が見える
DSC02757_R_20141122214529c15.jpg
登ってみようと思ったが、ちょと止めておいた
DSC02759_R_201411222155165f2.jpg
置いてきぼりになりそうなので、帰るとしよう
DSC02764_R_20141122215517acd.jpg
一応土砂止めなどもあった
DSC02765_R_201411222155184bf.jpg
改めて見上げると結構高い
DSC02766_R_20141122215520667.jpg
さぁ、楽しんだから帰ろう!
DSC02768_R.jpg
横浜着22:17




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

色んなサイトでこの物件見ましたが、先端を降りた記事は初めて見ました( ゚д゚ )

空母氏

え、そうなの?
お約束かと思った!空母氏もやるでしょ?

No title

いやいや!! 一般的な高所恐怖症じゃ無いですが、こんな場所では先端に立つだけで尻のあたりがムズムズきやす(*'-'*)

そう言わずに

機会が有ったらぜひ!
ただ、上る方がキツいかも知れないので、気を付けて下さい
貝山が待ってるよ!