東京湾要塞 猿島要塞再訪(見学ツアー)

と、ゆう訳で翌日曜日に行って来た、11月最後の日曜の休みなので、ツアーも最後のチャンスだ。
ツアーの申し込みは当日、乗船券を買う時に同窓口で申告、200円払うと参加者ステッカーが貰える
11:30の便と13:30の便の2回行われる、もちろん事前に島に渡って、該当便の到着に合わせて集合場所に集まるのも構わない、島に渡ってしまってからも、管理棟で申請すれば参加できる。
見学ツアーは、約1時間歩いて回る事になるので、歩きやすい格好で飲み物もあった方が良いかも
管理棟前からスタートして、台場跡で解散となる、その後は自由散策となる。
353_R_20141207220926050.jpg

209_R_2014120922404641d.jpg
チケット売り場にて参加申告を自分からすると、説明してくれる(申告しないと何も言ってくれない)
206_R_20141209224042743.jpg
この3枚をもらう
208_R_20141209224044080.jpg
時間前に桟橋に並ぶ、日曜はそれなりに客が居るので、良い席は先着順に埋まる
207_R_20141209224043cac.jpg
今回は比較的新しい0号機(4隻目)
211_R_20141209224047dae.jpg
何もかもピカピカの新造船は、気持ちいい
213_R_2014120922510663e.jpg
2F展望デッキは早速満員(3日前はガラガラだったのに)
214_R_2014120922510785d.jpg
早速出発する
216_R_20141209225109cda.jpg
僅か15分の船旅で酔える人も居るらしい
217_R.jpg
集合後、直ちにツアーは開始される
218_R_20141209225947ec9.jpg
混んでいるので、ふた組み目に参加した
219_R_20141209225949a13.jpg
砂浜から出土した当時のエンジンとクランクシャフト、軍用か漁船かは不明
220_R_20141209225951e45.jpg
現在でも電気はここで発電され、供給されている、トンネル照明なども必要なのだ
221_R_20141209225951424.jpg
当時の地下電気ケーブル点検口
346_R_201412092307345bb.jpg
蓋がある所もある
349_R.jpg
現在は別に地面を這っている
348_R_201412092307362ad.jpg
当時のケーブルは土管を通り、壁の内部を通って配管されていた
222_R_201412092259536d9.jpg
切通し最初の曲がり角には初上陸したイギリス兵による威嚇射撃の弾痕がある
223_R_20141209231428dc2.jpg
曲がった所に日本兵が銃を構えて居るのではと、ビビった英兵が威嚇射撃をした弾痕
225_R_20141209231430029.jpg
第一兵舎
226_R_20141209231432a35.jpg
富岡製糸と同じ積み方のレンガ
227_R_2014120923143455e.jpg
猿島の要石にも年号が掘ってあったのだろうか?
228_R_201412092314359bb.jpg
いよいよ弾薬庫に入る
231_R_20141209232514cab.jpg
この奥にはぬけさく先生が居る
232_R_20141209232515722.jpg
入口付近には、何故か撤去されなかった岩がある
233_R_201412092325177d1.jpg
弾薬庫、前室部分(漆喰が塗ってあるので、迂闊に触ると白くなる)
234_R_20141209232518f12.jpg
揚弾井横の壁画
251_R_20141210222316614.jpg
下から見上げる
235_R_20141209232519a69.jpg
上の砲座への伝声管
236_R_20141210213116a4c.jpg
弾薬庫の説明を受ける
238_R_201412102131187fc.jpg
これは学術調査の跡だろう、壁の中の構造を調査した痕跡
239_R_201412102131196d1.jpg
後室に移動する
240_R_20141210213120c3b.jpg
鴨居の木材は非常に綺麗に残っている、ここに限っては千代ヶ崎砲台よりも良いかも
241_R_20141210213123cbf.jpg
かなりがっかりの後室、ぬけさく先生の顔にバッテンが付けられている(左側は落書きを消したようだ)
246_R_20141210222311389.jpg
隣の通気用通路との窓
247_R_20141210222313036.jpg
穴の周りに小さなボルトが出ている、電気ケーブルだとか鉄格子とか諸説ある
257_R_20141210222317ed1.jpg
奥には、呪だの死だの物騒な落書きや
249_R_20141210222315367.jpg
昔いたアイドルグループ名(この通路は非常に狭い、漆喰が体中に着いて真っ白になっただろう
260_R_2014121022463455c.jpg
窓は前室、後室ともに2つずつ
261_R_201412102246345df.jpg
壁画を見ながら退室する
263_R_20141210224636c06.jpg
過去にお客さんを残して鍵を閉めたとか何とか言っていたが、夜間は完全に無人島になるから問題ない
265_R_201412102246391eb.jpg
公園化の為、切通しを整備した時の落下していた石材を積み上げたもの





266_R_20141210224641fbb.jpg
第二砲台への階段と崩れた兵舎跡
267_R.jpg
次の弾薬庫
268_R_20141210225704cfc.jpg
新設されたトイレ遺構
270_R_20141210225706d92.jpg
フランドル積みレンガ説明
271_R_2014121022570789b.jpg
トンネル内潜入
273_R_2014121022570807d.jpg
2F及び外部への連絡通路階段
278_R_20141210230421b20.jpg
この上には楽しい空間が広がる
280_R_20141210230421d19.jpg
トンネルを下る
281_R_20141210230423bc9.jpg
トンネル内兵舎に残る落書き「おだやかなる孤独」、なんかフレーズが気に入った
282_R_20141210230425ad1.jpg
第一砲台説明



286_R_20141210230426a28.jpg
8cm高射砲台説明



288_R_2014121023121466b.jpg
台場に降りる
289_R_20141210231215559.jpg
仮面ライダーの基地として結構有名
291_R_2014121023121758c.jpg
映画の撮影ポイントだったが、最近はコスプレの撮影ポイント化している
293_R_20141210231218a41.jpg
ここで解散となり、質問受付後自由散策となる
300_R_201412102321221f7.jpg
さて、一人で適当にぶらつく
308_R_201412102321256cd.jpg
第一砲台に戻る
306_R_20141210232123d52.jpg
この要石を抜くと、全て崩れるらしい、やってみたい・・・・
314_R_20141210232126b5d.jpg
ここには珍しいレンガの刻印が見れる
318_R_20141210232956fcb.jpg
トンネルに戻る
319_R_20141210232957420.jpg
昭和期の電気配線の跡
322_R_20141210232959c2d.jpg
入りたいが入れない空間
331_R_2014121023300062d.jpg
くまなく回りたい
341_R_20141210233001c26.jpg
修復されていない弾薬庫はこんな状態なので、公開はされないだろう
344_R_20141210233610d3e.jpg
切通し最初の兵舎
345_R_20141210233612bb7.jpg
これぐらいだったら、自由見学させても良いだろうが落書きのせいもあるのだろう
351_R_2014121023361369e.jpg
沖に米軍艦艇が見える
354_R.jpg
船まで時間があるので、カップめんを食べる
355_R_20141210234010b2a.jpg
母校、馬堀中学校製造?
356_R_201412102340127f0.jpg
結構さっぱり味
357_R_2014121023401310e.jpg
船が来たようだ
359_R_20141210234014ee9.jpg
猿島を後にする
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

う~んあの地下壕に入ってみたいなあと思ってましたが、
こんなツアーがあったんですね!

これはまた猿島に行かないと(笑)

shige 様

実は後に調べたら、上のランクの有料ツアーには、もっと入れる物がありますが、3000円ほどかかるそうです。

冬季は土日祝のみしか、渡れませんけど空いてます。
ちなみに、今回行ったツアーは11月で終わりです。

No title

猿島いいですね!
こんなツアーもあるんですね。
今月八丈島に行くんですが時間があれば寄ってみたいと思います。

そういえば先日、テレビで某芸人が浅川地下壕潜入してましたが、こういうのが特集されるのは嬉しい半面、今後警戒されるんじゃないかと思うと厄介だな~と感じました。

yuuki様

八丈島行くのですか!
直射砲台トライですね、あそこは縦坑行かなくても、渓谷を登れば上部砲台に出れます、大型震洋壕も良いですよ!

浅川地下壕は、イ地区はクリアしたので、ハ地区を攻略中!
最近更新がないから、心配してました
穴にでも、落ちたのかと

No title

どうやらまだ生きているようですw
最近はちと忙しくて更新している余裕がありません。
ネタが尽きている訳ではないのでその内ポチポチと書いていこうと思います。

八丈島はyakumo様のブログを参考にさせて頂きます!
直射砲台も震洋壕も視野に入れてますよw

浅川はいつか自分も行ってみたいですね。
三つの壕を合わせた総延長10kmもあるんですよね?
レポの続報楽しみにしてます!

yuuki 様

ご無事で何よりです
浅川は広大な山を一人で山狩りした結果、何とか入り込める所を発見しました
やっぱり基本は山狩りです!
八丈島の山狩りは、迷子になりそうですけどね、実際なりかけたし・・・・