東京湾要塞跡国指定紀念シンポジュウ厶と衣笠弾薬本庫プレ

この日は午後から「東京湾要塞跡国指定紀念シンポジュウ厶」があるので横須賀に行く
朝、諸用を済ませ、area438様からの情報の確認に再度訪れた、しかし「私の足で1時間」と親切に書いてあったので
良し、2時間あれば往復できそうだなんて甘かった、撮影時間をまったく考えてなかった、しかも斜面を上り下りしたり
余計な事をしまくっていて、結果として防五三~七五までしか行けなかった。
すいません、出直してきます!
期せずして、祐実総軍メンバーとOKN氏と合流しての調査となったが、自分のみタイムオーバーでのリタイアとなった
彼らはその後も探索続行し、防九四まで確認し、防火用水の遺構も確認している。
それに比べて自分は2回目の探索も中途半端になってしまった、情けなや~
9区から山科台までのコースが本来の旧陸軍の警備道を遊歩道にしたもので、陸軍柱と境界柵、東京湾要塞地帯標を確認する事が出来たが、今回はプレのみにし、踏破後記事にしたい。
DSC07514_R_2015020621175143f.jpg
旧軍弾薬庫から上にあがる
DSC07535_R_20150206211753644.jpg
まず見つかったのが防五三
DSC07538_R_20150206211754634.jpg
警備道に並ぶ、近代コンクリート柵と旧軍境界柵
DSC07547_R_20150206211755e95.jpg
見事なまでに連番で残っている、実際に珍しい事だ
DSC07597_R_201502062117572bc.jpg
違うのも混じっている
DSC07658_R_20150206212658832.jpg
今回の最終ポイント、防七五
DSC07660_R_201502062127009df.jpg
東京湾要塞地帯標(ちょっと風化が進み読みづらい)
DSC07681_R_201502062127016ec.jpg
リタイアする自分は、更なる探索に旅立つ勇者達を見送った
ここからが大変だった、現在12:45、開始時間13:30まで45分しかない、1時間以上かけて歩いた山を15分以内に走って下山、30分で汐入まで飛ばし、なんとか開始時間丁度に間に合った。


帰り道、下山しながら撮った動画

基本シンポジュウ厶は、撮影録音禁止である、本編意外と展示のみのつまらない記事だろう
まず、猿島砲台跡と千代ヶ崎砲台跡が国指定を受けたと言われているが、実際にはまだである
平成26年11月答申(内定)と言う状態だ。
更に細かく言えば、猿島は島全体ではなく砲台關係のみ、千代ヶ崎は新砲台部分が民地の為、自衛隊施設跡部分のみの、限定指定である、要するにその他の部分は地主の気分で壊すも売るも自由である。

国指定史跡の種類別指定件数を見ると、原始期667件、古代期386件、中世期301件、近世期(江戸等)343件、近代なんと4件のみ、1724件中4件のみなのだ、しかも近代戦争遺跡としては日本初の指定となる。
厳密に言えば西南戦争時の物が1件だけ過去にあるが、近代戦争とは微妙に違うだろう
県や市で認めるものや土木遺産として認定は受けている物は多数あるが、国が認めている物は無い
原爆ドームは戦跡ではあるが、被害建築物であり、ちょっと違う

P1030207_R.jpg
ヨコスカ・ベイサイド・ポケットに到着
P1030208_R.jpg
13:30ジャスト
P1030209_R.jpg
既に誰もいない
P1030211_R.jpg
歴史と言う部分にはあまり触れなかった、東京湾要塞と言う観点での説明が始まる
P1030218_R.jpg
約200名ほどの参加者がいたそうだ
前半は東京湾要塞としての歴史と移り変わりの説明、休憩にパネルを見に行く
先に説明しておくと、猿島砲台は最初は第一砲台から第三砲台まで計画されていたが、途中第一砲台(山頂部)を司令部に変更、以下繰り上げ(第二砲台が第一砲台に)となっている
P1030219_R_20150206224503cf6.jpg
猿島遺構図、ただ貼って行く
P1030220_R.jpg
P1030221_R.jpg
P1030222_R.jpg
P1030223_R.jpg
P1030224_R.jpg
P1030242_R.jpg
P1030243_R.jpg
P1030244_R.jpg
P1030245_R.jpg
P1030225_R.jpg
P1030247_R.jpg
P1030248_R.jpg
P1030249_R.jpg
P1030250_R.jpg
このパネルはかなり新旧が入り混じっている、10年以上の差があるようだ
P1030226_R.jpg
千代ヶ崎砲台の遺構図(フラッシュを焚いた訳ではないが、天井のライトが映る)
P1030227_R.jpg
P1030228_R.jpg
P1030229_R.jpg
P1030230_R.jpg
P1030231_R.jpg
P1030232_R.jpg
P1030233_R.jpg
P1030234_R.jpg
P1030235_R.jpg
P1030236_R.jpg
P1030237_R.jpg
P1030238_R.jpg
P1030239_R.jpg
P1030240_R.jpg
P1030241_R.jpg
休み時間は書籍販売などもやっていた
P1030252_R.jpg
後半は砲台自体の説明を行う
P1030254_R.jpg
P1030264_R.jpg
P1030269_R.jpg
こんな感じで進行して行く
P1030274_R.jpg
引き続き千代ヶ崎砲台
P1030276_R.jpg
P1030280_R.jpg
P1030282_R.jpg
普通の人には千代ヶ崎砲台は公開されていない、この様な時は画像とは言え見れる機会だろう
既に自衛隊施設はアンテナなども含み、おおむね撤去済みである
埋まっていた第二砲座も掘り起こされ、整備されている、一見の価値は十分にある。
この様な集まりは無料もしくは数百円程度の物なので、積極的に参加してみてはどうだろう
P1030288_R.jpg
シンポジュウ厶が終わり、帰途に着く
P1030290_R.jpg
会場となったヨコスカ・ベイサイド・ポケット
P1030289_R.jpg
海軍下士官兵集会所跡地、EMクラブのあった所である

巷で話題の遺構?
DSC00450_R_20150210233414824.jpg
うらがの左上
DSC00450あ_R
船越にある監視哨・・・かな?
kanさん、もう1つある奴、こんな物でどうでしょう?

kanレポートの記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お疲れさまです

情報ありがとうございます、しかしながらその日は仕事なんです。
なんであそこの公開日は土曜日ばっかりなんですかね?
非常に残念です。

「陸にあがった海軍」も良かったですよ25日から始まる「横須賀製鉄所パネル展」も行かなければ。

No title

以前、この遺構については、何かの文献に、信号中継所、出入港を管制する所だ、気象観測所のどれかだったと思いますが、何に書かれていたのか、正確に何と書かれていたのかは失念しました・・・
実は、これもセットで紹介しようと思ったのですが、時間が無くて比予宇まで行けませんでした。

kan様

やはり知ってましたか、流石ですね
建物や艦船は腐るほど撮っていますが、ただの山肌となると、無いものですね
冬場の写真がなく、全く写ってないですね、今月中にでも行ってみます。