「陸にあがった海軍」&横浜ぶらり旅

自分は横浜市民だが、あまり歩いた事はない、「陸にあがった海軍」を見に行くついでに横ブラをした
どうでもいいが、銀ブラは銀座をぶらぶらでは無く、銀座でブラジルコーヒーを飲むんだよ!って聞いた
まずは久しぶりに、横浜ドックを見に行った
P1030291_R.jpg
横浜第二ドック、久しぶりに来たら立ち入り禁止になっていた
P1030292_R.jpg
どうやらこれのせいの様だ
P1030295_R.jpg
揚錨機なのだが、説明がない(普通は船自身に着いている物)
P1030296_R.jpg
上には船渠の渠を模した物が描かれる
P1030297_R.jpg
中央の渡り廊下も通行止め
P1030300_R.jpg
これだけの物を説明もなく、立ち入り禁止にするとは勿体無い
P1030303_R.jpg
銘板
P1030305_R.jpg
場所、道路からは内部が見えないので、通り過ぎてしまいがち
P1030315_R.jpg
P1030316_R.jpg
P1030317_R.jpg
説明板
P1030318_R.jpg
第一ドックに向かう
P1030320_R.jpg
先代日本丸が係留されている
P1030321_R.jpg
気のせいか、船が傾いて見える
P1030323_R.jpg
近くに落ちている、エアーコンプレッサー
P1030324_R.jpg
ニューマチックツール社エンブレム
P1030325_R.jpg
P1030327_R.jpg
P1030328_R.jpg
P1030329_R.jpg
P1030330_R.jpg
P1030333_R.jpg
第一ドックは掃除もされず、汚れ放題だ
P1030339_R.jpg
日本丸乗船受付側入口に
P1030336_R.jpg
もう一つエアーコンプレッサーがある
P1030338_R.jpg
P1030337_R.jpg
説明は前のと少し変えてある
P1030340_R.jpg
街中のビルの壁にこんなプレートが着いている
P1030342_R.jpg
消防救急発祥の地
P1030343_R.jpg
旧居留地の地下貯水槽が地下にある
P1030346_R.jpg
覗き窓がある
P1030345_R.jpg
レンガの貯水槽が下に見える
P1030347_R.jpg
説明版
P1030348_R.jpg
日本で初めての救急車
P1030350_R.jpg
新聞少年の像
P1030351_R.jpg
今は流石にいないだろうな~
P1030353_R.jpg
何でもない噴水のある公園に、ふと見ると
P1030354_R.jpg
大砲があるではないか
P1030355_R.jpg
ウチも横浜だし、埋まってないだろうか?
P1030356_R.jpg
マスト状の時計塔
P1030358_R.jpg
もちろん複製品
P1030359_R.jpg
その横に何か入口がある
P1030360_R.jpg
横浜開港資料館
P1030361_R.jpg
がーるずびーあんびしゃす!
P1030362_R.jpg
P1030363_R.jpg
海軍消火栓の方が萌える
P1030369_R.jpg
産業貿易センタービル
P1030368_R.jpg
銀行業務発祥の地(香港上海銀行横浜支店)
P1030371_R.jpg
P1030370_R.jpg
神奈川運上所跡
P1030373_R.jpg
P1030372_R.jpg
実は神奈川県庁だったりする
P1030375_R.jpg
スナイパー塔を備えた建物
P1030376_R.jpg
P1030378_R.jpg
随分立派な町会所だ
P1030379_R.jpg
横浜市開港記念会館になっている
P1030380_R.jpg
やっと目的地に到着
P1030382_R.jpg
明治っぽい無骨な構えがいい
P1030383_R.jpg
P1030384_R.jpg
旧横浜正金銀行本店(現神奈川県立歴史博物館)
P1030385_R.jpg
「陸にあがった海軍」実はここ、裏口だったりした
P1030386_R.jpg
この頃の建物って、階段が玄関に多いのはなぜ?
P1030390_R.jpg
ステンドグラス
P1030393_R.jpg
旧階段
P1030394_R.jpg
今の階段
P1030395_R.jpg
P1030396_R.jpg
入場料900円払って入る
P1030397_R.jpg
日吉台連合艦隊司令部壕
P1030399_R.jpg
近隣遺構
P1030401_R.jpg
P1010044.jpg
家にある奴
P1030405_R.jpg
P1010015.jpg
家にある奴
P1030451_R.jpg
P1010029.jpg
家にある奴
P1030438_R.jpg
P1010062.jpg
家にある奴(教導さんからの寄贈品)
P1030404_R.jpg
この手は壕内にあまり落ちてない
P1010034.jpg
ティースプーンぐらいだ
P1030432_R.jpg
精神注入棒
P1030444_R.jpg
P1030447_R.jpg
P1030445_R.jpg
零戦部品
P1030458_R.jpg
大和模型(珍しく竣工時)
P1030460_R.jpg
12.7cm砲薬莢
P1030463_R.jpg
見終わったので、また街に戻って来た
P1030466_R.jpg
P1030467_R.jpg
横浜市瓦斯局のガスタンク基礎(前にガスが読めなかった)
P1030468_R.jpg
P1030469_R.jpg
国内最古のガス管
P1030472_R.jpg
台場の石
P1030464_R.jpg
P1030465_R.jpg
卵形下水管
DSC04661_R_20150213200900fe8.jpg
地方協力本部の前の通り
DSC04695_R_2015021320090234f.jpg
ここにも卵形下水管は展示してある
P1030471_R.jpg
ガス灯忘れた
P1030474_R.jpg
ストラチャン商会、何でもないマンションの前にある
P1030476_R.jpg
また大砲があった
P1030477_R.jpg
どうやらもう一門ある様だ
P1030488_R.jpg
最後の物件
P1030484_R.jpg
P1030485_R.jpg
オリジナルではないらしい
P1030490_R.jpg
アーチの感じが良い
P1030481_R.jpg
P1030482_R.jpg
P1030492_R.jpg
横浜市最古のレンガ造り建築

今回は、「陸にあがった海軍」を見がてら、横浜の歴史に触れる歴史探索となった
たまには趣向を変えて見るのも良いだろう
単に迷子になって、停めた駐車場を探しまくってた間の産物ではない
駐車料金3000円も請求されたなんて事もない
街の中は苦手だ・・・・

「陸にあがった海軍」は神奈川県立歴史博物館にて、3月22日(日)までやっているので、お勧めです!

追記(27.2.15)
気に入らないので、もう一つの大砲を見に行って来た
DSC07934_R_20150215160546422.jpg
神奈川県立歴史博物館正面玄関
DSC07935_R_2015021516054847e.jpg
前回は裏口から入ったので、気がつかなかった
DSC07936_R_20150215160549c50.jpg
これで3門ともコンプ
DSC07937_R_20150215160552105.jpg
これが錨にされた錨鎖部分
DSC07938_R_20150215160552e69.jpg
エンブレムがカッコイイ
DSC07939_R_2015021516104091e.jpg
水が入らないように、蓋がされている(風呂の栓の様だ)
DSC07941_R_201502151610432ca.jpg
裏口、閉まっている(この後09:30まで待つ事になった)
DSC07940_R_20150215161042515.jpg
馬車道の名前の由来がここにある

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント