貝山地下壕 その5 (上部第一)

今日は、第二工区をやろうと思っていたが、猿島と大磯の二宮に行って来たので時間が無い
と言うことで、ライトに上部第一にする。
貝山には地上に面した大型壕の他に、山腹にも壕がある。
今回はその中の上部第一のみ紹介する。
ここは、海軍食器などが大量に落ちている所だったが、某ブログに紹介した所、
ほぼ全ての残留物が心無い物に持ち去られてしまったDSC01277_R.jpg山の中腹の斜面にぽっかりと開いている、開口部は2ヶ所DSC01278_R.jpg壕口間には、貝山、夏島ではおなじみの桶が置いてあるDSC01279_R.jpg陶器製電球ソケットDSC01280_R.jpgDSC01281_R.jpg海軍食器が大量に散乱していたが、今は何も無いDSC00491_R.jpg壕の入り口から色々と落ちていたDSC00492_R.jpgここは若干湿度が高めで、レンズが曇るDSC00493_R.jpg壕内にも海軍食器は散乱していたDSC00494_R.jpg天井には何かを吊るしていた跡があるDSC03689_R.jpg爆風除けか、通路が屈折しているDSC00496_R_20121224090104.jpg非常に綺麗に掘られていて、終戦末期の急増壕ではないが、拡張途中の所があるDSC00496_R.jpgゆるやかにカーブを描いている、排水溝もしっかりしているDSC00497_R.jpg通路に扉が付いていた跡があるDSC00498_R.jpg通路の掘削はほんとに綺麗だDSC00499_R.jpg「コウカイカ」の右読みになっている、航海課の部屋(本当)CIMG0154_R.jpg内部は広めCIMG0156_R_20121224090729.jpg奥から見るDSC03680_R_20121224083343.jpgその、隣の部屋DSC08186_R.jpg当時の水差しDSC08189_R.jpg左側の棚DSC08190_R.jpg右側の棚、大きい方は棚としては低過ぎる、長い物を置いていたのか?DSC00501_R.jpg部屋の置くには、日本地図に似た塩の噴出した跡があるDSC00502_R.jpg天井の面が見事だDSC03682_R.jpg中央に子ネズミが見えるだろうか?CIMG0868_R.jpgCIMG0153_R.jpgベンチカット工法の途中CIMG0148_R.jpgペンキカンがぶちまけられているCIMG0150_R.jpg山腹への出入り口CIMG0158_R_20121224095102.jpg最深部まで行ったので戻るCIMG0159_R.jpg貝山地下壕 上部第一DSC00503_R.jpgもう一つの出口
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント