近衛歩兵第10連隊第四中隊後谷坑道陣地(下層)

東金市田間にある、がんがん坂に構築された陣地壕で、下層に速射砲陣地などと掩蔽部を備え
上層に狙撃口を並べた感じの攻撃性の高い陣地に感じる。
この地には田間城が過去にあり、墳墓などを一部改造して造られているようだ
DSC05385_R_201502232053127e0.jpg
がんがん坂、うさぎ跳びで登りたくないぐらいきつい坂道
DSC03895_R_20150223205314278.jpg
右手の竹やぶから見える山肌に
DSC03896_R_201502232053158bf.jpg
すてきな銃眼が見えていたのは、知っていた、近年きへい氏により壕口が発見された(上層)
DSC05302_R_201502232058390a8.jpg
まずは左手斜面の壕口を見に行く
DSC05305_R_20150223205840a99.jpg
これが難物で、今の地表より1mほど下になっていて、水が溜まっている
DSC05308_R_201502232058422a3.jpg
入って右に曲がっているのは見えるのだが、流石に水の中に飛び降りる気がしない、下が分からん
DSC05386_R_20150223205843cc7.jpg
とゆう訳で、右斜面の竹やぶに突入する
DSC05391_R_2015022320584454d.jpg
この上に上層の狙撃口が並んでいる
DSC05311_R_20150223211311f98.jpg
藪に入って行くと、偽陣地がある
DSC05314_R_2015022321131253e.jpg
更に奥に分け入って行く
DSC05316_R.jpg
壕口到着
DSC05318_R_2015022321131567c.jpg
内部は広くなっていた
DSC05321_R_201502232113161ef.jpg
通常の壕口の倍くらいあるこの部屋は
DSC05322_R_20150223215445778.jpg
速射砲の砲室だった
DSC05323_R_20150223215446207.jpg
砲室から伸びる、陣地壕特有の曲がった通路
DSC05324_R_20150223215447c4a.jpg
広がりつつ、派手に湾曲する
DSC05325_R_20150223215449235.jpg
そして水没、飛び石を渡る
DSC05326_R_20150223215450670.jpg
水没を抜けると、ベンチのある棲息部がある
DSC05327_R_20150223220027ad2.jpg
灯り置きらしき窪みがある
DSC05328_R_2015022322002929f.jpg
崖下なので、土砂の流入が激しい
DSC05329_R_20150223220030c38.jpg
少々手狭で、全体が撮りにくい
DSC05330_R_20150223220031693.jpg
ギリギリまで下がってこんな感じ
DSC05331_R_20150223220033071.jpg
ほぼ埋まった開口部、棲息室兼砲室にも見える
DSC03891_R_20150223221126da6.jpg
ここの棚上になっている所が特徴的だ
DSC05332_R_20150223221124aed.jpg
さて戻ろう
DSC05333_R_2015022322112584c.jpg
最初の砲室、人物比とのさん
DSC03894_R_201502232211292ca.jpg
表に出て、二つ目の開口部をさがして見た、ほぼ埋没

今回は軽く下層のみ、次回上層部紹介
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おっ、素晴らしいっ!

ガンガン坂は、手持ちの資料で
内部図つきで所在を確認してましたが
民家の敷地内のようなので
未探訪でしたよ~(>_<)

ここも、是非逝きたいです!

祐実総軍三等兵様

では、次回探索のおりこちらも回りましょう
その資料も見てみたいですね、民地側の壕口と内部接続しています