近衛歩兵第10連隊第四中隊後谷坑道陣地(上層)

ここは松之郷「後谷(うしろやつ)坑道陣地」とも言われている様だ
DSC05334_R.jpg
上層へ登ると墳墓の跡がある、上層はこれら墳墓を利用していると思われる
DSC05335_R_20150224202022024.jpg
斜面を竹に捕まりながら、登って行く
DSC05336_R_20150224202024ec8.jpg
一見墳墓だが、奥に通路が見える
DSC05337_R.jpg
なんと、下り階段(斜面化)がある
DSC05338_R_2015022420202638f.jpg
十字路に出る
DSC05339_R_20150224203018504.jpg
まずは真っすぐ進む
DSC05340_R_20150224203020a70.jpg
通路がかなり先細って来る
DSC05341_R_20150224203021b74.jpg
木の根に侵食された狙撃口
DSC05342_R_20150224203022ec5.jpg
外から見た狙撃口
DSC05344_R_2015022420583094f.jpg
外をへつると別の開口部がある
DSC05343_R_201502242030240f3.jpg
覗き込むと白いビニール袋が見える
DSC05345_R_2015022420583174f.jpg
一旦もと来た通路に戻る
DSC05346_R_20150224205833c4b.jpg
行かなかった枝に行く
DSC05347_R_20150224205834eeb.jpg
広めの円形空間の中心に
DSC05348_R_20150224205835b2b.jpg
深く掘られた穴がある、陣地には敵に投げ込まれた手榴弾を縦に掘った穴に落とし、爆発を上方向に逃がす工夫がなされている所があると言う、ただの落とし穴かも知れないが・・・・
DSC05349_R_2015022421122513d.jpg
すぐ前にはさっき外から見た開口部(白いビニール袋)がある
DSC05350_R.jpg
無視して通ってきた下り通路
DSC05351_R_20150224211228511.jpg
大分丸く風化している階段がある
DSC05352_R_20150224211229cec.jpg
こうすると味が出る
DSC05356_R.jpg
馬蹄形の通路を進む
DSC05357_R_2015022421213005f.jpg
通路が馬蹄で無くなり、右に曲がる
DSC05358_R_201502242121324ac.jpg
部屋を挟み、風と光が入ってくる
DSC05359_R_2015022421213360b.jpg
風化しているが、四角い部屋
DSC05360_R_20150224212134e38.jpg
狙撃口部
DSC05361_R_2015022421213696b.jpg
外から見た狙撃口
DSC05363_R_20150224212751491.jpg
狙撃口から覗き込んだ内部
DSC05362_R_20150224212750664.jpg
足の下は、即崖である
DSC05364_R_201502242127525d9.jpg
灯り置きの彫り込み
DSC05365_R_201502242127547de.jpg
通路に戻る
DSC05366_R_20150224212756a3f.jpg
突き当たりの通路の左手
DSC05367_R_20150224213223ea9.jpg
次の狙撃口がある
DSC05368_R_201502242132250c1.jpg
かなり壁面全体が風化していて、砂の様に崩れて外に出るのは危険である
DSC05369_R_201502242132262c8.jpg
ましてや、下を覗こうとしては落ちる可能性がある
DSC03896_R_201502242138197d7.jpg
外から見た、ここである、足場などあった物ではない
DSC05370_R_20150224213229d75.jpg
安全第一で壕内に戻る
DSC05371_R_20150224213229ee8.jpg
先へ進む
DSC05372_R_2015022421431898c.jpg
変化のない通路
DSC05373_R_201502242143196b3.jpg
そして終焉
DSC05374_R_20150224214320a33.jpg
上には人為的に掘った丸い跡がある
DSC05375_R_2015022421432241e.jpg
最後の通路を行くと
DSC05382_R_20150224214324084.jpg
山の反対側に出てしまった(民地の様なので、注意)
DSC05385_R_201502242149232de.jpg
がんがん坂を下りて撤収
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント