衣笠弾薬本庫境界柱(壁)、要塞地帯標巡り その2

DSC08124_R_20150307170753009.jpg
防六八の分岐に戻って来た
DSC08126_R_20150307170755086.jpg
この辺から近代境界柵のせいで、防と陸の向きが逆になる
DSC08127_R_20150307170755553.jpg
裏側に防六九
DSC08131_R_20150307170757d14.jpg
防七〇
DSC08132_R_20150307170759fa1.jpg
次の柱は倒れている
DSC08133_R_2015030718001247f.jpg
掘ってみると、確かに防七一だった
DSC08136_R_20150307180014bf0.jpg
防七二
DSC08138_R_20150307180015ed2.jpg
山のピークでまた分岐がある
DSC08139_R_20150307180016749.jpg
ピークにあるのは防七三(一瞬六三に見える)
DSC08142_R_201503071804343c6.jpg
分岐を柵のない方に行ってみた
DSC08141_R_20150307180433555.jpg
こんな偽石柱しかなかった
DSC08143_R_20150307180435f32.jpg
更に進むと有刺鉄線で塞がれていた
DSC08144_R_201503071804373f5.jpg
途中この様な新たな分岐もあったが、明らかに下っているので行かなかった(100mぐらいしか)
DSC08146_R_2015030718043891c.jpg
防七三のピークに戻って来た
DSC08147_R_20150307185951cbc.jpg
柵に沿って急な下りを降りていく
DSC08149_R_20150307185952a71.jpg
防七四
DSC08150_R_2015030718595387e.jpg
セカンドトライはここで時間切れ撤収したが、帰りがけに要塞地帯標を見れた
DSC08151_R_2015030719055367b.jpg
防七六(ここからサードトライ)
DSC08153_R_20150307190555369.jpg
防七七
DSC08154_R_20150307190556274.jpg
防七八
DSC08155_R_20150307190557ef1.jpg
防七九
DSC08156_R_20150307190559476.jpg
後半はかなり上り下りが激しくなってくる
DSC08158_R_20150307191105466.jpg
山のピークで登って来た坂を見下ろす、ここにまた、分岐がある
DSC08159_R_20150307191107d1f.jpg
防八〇
DSC08160_R_20150307191108f42.jpg
オブジェ有り
DSC08161_R_201503071911095b9.jpg
柵のない方に進むと、また遊歩道が現れ、下って行くと
DSC08265_R_201503071911111b7.jpg
30区の角辺りに降りてくるが、結構キツいかも
DSC08228_R_201503071922070e9.jpg
防八〇に戻り、2本の鉄柱の生えてる方に向かう
DSC08229_R_201503071922086db.jpg
途中、こんなんだったりするが、気にしない
DSC08230_R_20150307192209701.jpg
防八一
DSC08233_R_201503071922110ba.jpg
防八二
DSC08234_R_20150307192212d74.jpg
防八三、ここで境界石柱は初めて途切れる
DSC08235_R_201503071928245d4.jpg
近代境界壁はまだまだ続く
DSC08236_R_20150307192826062.jpg
次のピークであり、曲がり角にもない
DSC08237_R_20150307192827f86.jpg
本来この市の標柱と隣り合わせているはずだ
DSC08239_R_20150307192829a3d.jpg
その後も市の票柱だけが続き、サードトライはここで諦めた、横須賀製鉄所(造船所)の刻印レンガをイベント会場に見に行く都合もあったのだ
DSC08240_R_20150307193843520.jpg
OKN氏から九四まであるよとの情報もあり、フォーストライ(もちろん懲りずに次の寄り道予定も組んでいる)
DSC08243_R_201503071938446e9.jpg
久しぶりに草に埋もれた石柱が!(ここまで抜け落ちてないか、斜面を探しながら上り下りしたが、無かった)
DSC08244_R_20150307193846217.jpg
防九〇まで一気に飛んだ
DSC08245_R_201503071938470ca.jpg
市の標柱の前に、抜けたような空間が
DSC08246_R_20150307193849d01.jpg
次のピークに石柱が見える
DSC08247_R_20150307194741855.jpg
案の定、飛んで防九二
DSC08248_R_201503071947427bd.jpg
これから先は下っていく
DSC08249_R_2015030719474399d.jpg
珍しく道の真ん中にある
DSC08250_R_20150307194745363.jpg
防九三
DSC08252_R_20150307194747a41.jpg
なんとこの先で、久しぶりに人間を見た! ちょっとびっくりした
DSC08251_R_201503071952328d2.jpg
どうやら三角点マニアのようだ(お手製の看板)
DSC08253_R_201503071952341f8.jpg
自分の目当てはその横にあるこれ
DSC08254_R_20150307195235668.jpg
これが最後の票柱になる、この後ろ側にも埋もれた遊歩道の痕跡があったが、行ってない
DSC08255_R_2015030719523623a.jpg
まぁ、人それぞれだよね!目的は。
DSC08256_R_20150307195238d2c.jpg
更に結構急な下りを降りていくと
DSC08258_R_201503072007513e7.jpg
給水塔が現れる
DSC08259_R_201503072007529a8.jpg
石柱も違ってくる
DSC08260_R_20150307200753e4c.jpg
似ているが、騙されてはいけない
DSC08262_R_20150307200754595.jpg
どうやら衣笠インターの辺りに出た様だ、下に降りれるが道路を歩くのが面倒なので、山に戻る
これにてやっと踏破する事が出来た、満足!
歩くだけなら往復2時間程度の適度なハイキングコースだろう、写真を撮っても3時間くらいかな?
P1030615_R_201503072007562ad.jpg
そしてその足で米海軍横須賀基地、日米文化交流センターに向かうのであった
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

境界石良いですね!
何の変てつもない場所に突然「陸軍用地」なんて書いてあるやつを見つけたら最高です

境界石特集組みたいくらいです(´Д`)

東雲みょん様

石柱探しも以外と大変ですよ!
装備背負って行軍するよりは、楽ですけどね

石柱は、安山岩、かこう岩コンクリートなどの、材質や陸と海、字体の違いなどの変化が楽しく、見つけた時の喜びになりますよ!

No title

大変ご無沙汰致しております。
またご連絡ありがとうございました。
外出前にメールの方は拝見しましたが
帰宅後に返信を出すつもりでパソコンを
起動しましたら、しませんでした。
とりあえず、こちらから失礼いたします。

金曜日位には何らしかの対応を考えて
いますので、解決しましたら改めて
ご連絡致します。それでは失礼致します。

マンチカン帝國

マ帝国様

ご無沙汰しております

ご存知かも知れませんが、大豆谷で未見の陣地を発見したので
取り急ぎご報告までに、写真を送りました!

また、ご一緒に探索しましょう。

ご無沙汰しております。お礼が大変遅くなってしまいましたが、最後まで探索して頂き、ありがとうございました。私の説明が不足していた為に何回も足を運ばせてしまい申し訳ありませんでした。しかし、文面を見ると山歩きに大変慣熟されているので安心しました(笑)
今回、公開されている資料を全て拝見しましたが、どれもが素晴らしい資料です。時が経てばそれらの大部分が朽ち果て無になる事を考えれば、後世に遺し継承すべき大切な歴史であり資料と考えます。
今度は、京急北久里浜駅から京急新大津駅方向に約200mぐらい歩くと馬門山の海軍墓地の入り口がありますので、お時間があれば行って見て下さい。下層階には、それまでの年月と風雨とともに浸食された兵、下士官のお墓、上層階には芝生の敷き詰められた空間に立派な士官のお墓があります。横浜の外人墓地よりも哀愁漂う空間で、私は好きです。

area438 様

お久しぶりです
基本的に山の中を歩くのは好きですね!
そこに戦跡があれば、言うこと無しです
大津の海軍墓地ですか、そちらの方に寄る事が有りましたら、足を伸ばして見ますね
情報ありがとうございました!