長浦港周辺 監視哨等

この記事はkanレポート様から提供された調査ネタを元に紹介して行く
長浦港は横須賀本港(鎮守府)と新井掘割りを挟んで隣にある重要な港湾施設跡である
今は、その大部分を米軍と海上自衛隊が占めているが、一部市の港湾施設や民間会社も散見する
特に船越地区は海上自衛隊の施設拡大が非常に手広く行われ、比与字地下壕や軍需部倉庫、造兵廠及びガントリークレーンなどの貴重な遺構が壊滅状態に貧している。
その中でも監視哨の類は結構残っているので、ピックアップしてみた。
026_R_20150311224840a63.jpg
長浦港の旧軍施設図
025_R_201503112248381c5.jpg
水雷学校跡地には、遺構は何も残っていない
030_R_20150311224841ae1.jpg
今の海上自衛隊自衛艦隊司令部周辺図、鉛置場の裏山に監視哨が発見された
DSC08033_R_20150312200839db3.jpg
さて、スカレーを追いかけ、船越に向かう
DSC08035_R_2015031220084286c.jpg
軍需部引き込み線の線路
DSC08036_R_20150312200844c63.jpg
破壊されたガントリークレーンの基礎
DSC08038_R_2015031220084559f.jpg
ガントリークレーンの先に見える海上自衛隊艦隊司令部
DSC08041_R_2015031221054082b.jpg
給水タンクの左側に、確かに何かある
DSC08042_R_2015031221054246a.jpg
ズームするが、手前の掃海艇の排気でぼやける
DSC08046_R_201503122105433fd.jpg
右に移動していく
DSC08060_R_20150312210546195.jpg
これがベストポジションだろう
DSC08060 - コピー_R
超拡大してみる、kanさんの見立てでは、防空監視哨であろうとの事、間違いなさそうだ
DSC08063_R_20150312220607a62.jpg
監視哨の上にも何か構造物がある、何だろう?
DSC08051_R_20150312220605d80.jpg
更に視線を下に落とすと、自転車が積み上げられている様だ
DSC08055_R_201503122206062fc.jpg
ここからエレベーターで、監視哨に上がれたりして(いや、ホントにこの時代から大和にもE.Vあるしエアコンも蛍光灯もついている)
DSC08058_R_201503122226451ea.jpg
視線を右に移すと、また何かある
DSC08064_R_20150312222646be0.jpg
これは艦船の出入りを監視する為の物らしい(後ろの鉄骨が気になる)
浦郷弾薬庫_R
早速裏山に登るのだが、こんなフェンスに囲まれて、進入出来なかった
この裏山は、旧海軍貉火薬庫からの続きで、現在米軍使用の弾薬庫となっている
DSC00250_R_20150312224601d22.jpg
もはや長浦港の顔となった潜水艦
DSC08048_R_201503122246029ac.jpg
鳥たちの憩いの場(トイレ)となっている
DSC08061_R_20150312224605eb9.jpg
向こう側は箱崎米軍施設になっている
DSC00243_R_20150312224600598.jpg
その山頂にも何やら古い建物が、現役で残っている
DSC08062_R_201503122246051b4.jpg
そのまま右を見ると、比与字弾薬庫新(地下式)、旧(奥の緑屋根)が見える
DSC04937_R_201503122321300f9.jpg
比与字にも、監視哨がある
DSC04938_R_2015031223213130a.jpg
側面にも防壁を持つ、特殊なもの
DSC04941_R_201503122321337e9.jpg
残念ながら、出入り口は2ヶ所とも塞がれている
CIMG0488 - コピー_R
内部は、総コンクリート製
DSC08067_R_20150312232728ac8.jpg
再び船越に戻る
DSC08066_R_201503122327272df.jpg
機銃の整備をしていた
DSC08068_R_201503122327302b4.jpg
軍需部跡地も、工事用プレハブが建っていた
DSC00237_R_201503122327263ea.jpg
その裏山、下には巨大な地下壕が有り、この山腹には
DSC06245_R_20150312233456239.jpg
こんな監視哨が隠れている
DSC09518_R_201503122335002c1.jpg
入口
DSC09520_R_2015031223350193e.jpg
中は意外と広く、2部屋になっている
DSC06247_R_20150312233458cf7.jpg
奥の観測室
DSC06246_R_20150312233457f64.jpg
畳2畳ぐらいかな?

このような物は、一部なのだろう・・・入る事の出来ない米軍施設、海上自衛隊施設内にはもっと沢山の旧軍遺構が眠っているのだろう
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

詳細な紹介、ありがとうございます。
吾妻島やベース内にも有るかも知れませんね!

kan様

いえいえ、こちらこそ良いネタを頂きました。
港湾施設として、重要なブロックゆえに、さまざまな監視施設が有りますね
軍需部監視哨は、藪に埋もれて外から見えないのが難なんですよね~
足の下は崖だし!
前に記事にしましたが、ベース内にも上から出入りする監視哨が現存しているんですよね、入りたいな~