茂原海軍航空隊 弾薬庫周辺探索

さて、3週連続で東金に行って来たのだが、そっちを非常に上げたいのだけれど、切りが悪いので茂原を終わらせる
今回お世話になりました「房総半島戦跡考古調査会」の方々に、御礼申し上げます。
地元パワー恐るべし、楽しく勉強させて頂きました。

さて、前振って置いて何なのだが、自分的には山狩りが出来て満足なのだが、成果は薄い
内外の位置確認、把握と言う程度の物になっている(以外に重要なのだが)
構造的疑問ばかりが、嵩んでしまった結果となった
DSC09152_R_201503302108117d4.jpg
まずは、折角来たので弾薬庫を見る
DSC09155_R_20150330210812197.jpg
この、天井の穴が今回の目的である、下から見た限りでは楊弾井にも見えたが、登って見ると違うようだ
DSC09151_R_201503302108105e5.jpg
とりあえず、この絶壁を竹に掴まりながら登る(ハシゴは民家の物なので使用不可)
DSC09159_R_2015033021081417d.jpg
斜面には墳墓が多く、翻弄される(これは奥に棺がある)
DSC09160_R_20150330210816327.jpg
これは、横に棺があるタイプ
DSC09157_R_2015033021194241a.jpg
そしてついに軍掘りの壕口を発見
DSC09164_R_201503302119437e2.jpg
なんとも急な階段だ
DSC09166_R_2015033021194765b.jpg
狭いのでこけない様に気をつけながら下りていくと
DSC09168_R_201503302119480cf.jpg
さすが茂原だ、造りが似ている
DSC09176_R_20150330211947a79.jpg
あれ、もしかして?
DSC09177_R_20150330212633935.jpg
似ているどころか、夜か雨天にしか来た事が無かったから気が付かなかったが、本抗だった
DSC09169_R_20150330212632ec8.jpg
この抜き穴がこんな所に開口していたとは・・・・
DSC09180_R_2015033021263454a.jpg
再び散策に戻る
DSC09183_R_20150330212636eaa.jpg
墳墓、祠に弄ばれる
DSC09184_R_201503302126379b7.jpg
おや、これは?
DSC09185_R_20150330222223466.jpg
見つけた
DSC09186_R_20150330222224e32.jpg
思ったより物凄い小規模だ、楊弾器の痕跡も無い
DSC09187_R_20150330222225bf0.jpg
穴は1m近く掘ってある様に見えるが、入ってはいない
DSC09190_R_20150330222226eba.jpg
直径30cm程度の口径では砲弾は上がらない、砲弾は横向きで吊る物だから、下にクレーン台座が見える
DSC09191_R_20150330222228ca8.jpg
多少の失意と、見つけた満足を綯い交ぜに、壕を出る
DSC09192_R_20150330223243ae6.jpg
尾根に上ると、お手製アンテナの残骸が放置されている
DSC09193_R_20150330223245fe7.jpg
祠等にうんざりするほど悩まされつつ、山狩り続行
DSC09195_R_20150330223246d42.jpg
学校そばの民家まで来てしまったようだ
DSC09197_R_201503302232475ac.jpg
山が割れている!
DSC09200_R_20150330223249cfb.jpg
唐突に現れた切り通し
DSC09201_R_20150330224017c01.jpg
うわ、おっかね~
DSC08507_R_201503302240153cf.jpg
何の事は無い、ここに突き当たったのだ、道路側斜面探索終了、山側に移行する
DSC09203_R_201503302240204d6.jpg
数十分後、判るだろうか?木の根元の左側、不自然だ
DSC09202_R_20150330224019aa6.jpg
人が入るのがやっとの斜坑、階段も無くひたすらすべり落ちて行く、足からゆっくりと下って行くと、水没で閉塞だったらどうしようなんて考えてしまう、身をよじって写真を撮る事も出来ないまま、数10m下る、新たな大規模壕を夢見て・・・
DSC08497_R_201503302257411a0.jpg
やっと腰を浮かせる位に高くなってきたが
DSC08529_R_20150330225532ea1.jpg
まさかのここですか?
DSC08528_R_20150330225531976.jpg
期待を混めた苦労が一撃で砕けた
DSC09214_R_20150330225641152.jpg
振り出しに戻る
DSC09211_R_20150330230454d00.jpg
近場の壕口から地上に戻る
DSC09208_R_20150330230453cc8.jpg
写真だと判らないが、塹壕の跡である
DSC09204_R_201503302304482d8.jpg
辿っていくと、煉瓦遺構が見つかった
DSC09205_R_20150330230450ed4.jpg
一見すると便所のようだ
DSC09206_R_2015033023045185d.jpg
しかし新規発見には違いあるまい、煉瓦モルタル塗りの立派な遺構だ
DSC09207_R_20150330231131ae9.jpg
この辺は平坦になっているので、地上構造物があったのだろう
DSC09209_R_20150330231133d24.jpg
一通りの山狩りを終え、もっとも歩きやすい壕内へと戻る
DSC09215_R_20150330231133f43.jpg
単純な構造だが、特徴的な壕であった
DSC09216_R_2015033023113539f.jpg
特に気に入っているのが
DSC09219_R_2015033023113638b.jpg
これらの階段、一見の価値と登り甲斐がある
DSC09221_R_20150330231826438.jpg
さぁ、楽しんだので、引き上げよう
DSC09224_R_201503302318288bd.jpg
アクアの覆面V35スカイライン、昔の愛車(天災により海没)
DSC09225_R_201503302318292c6.jpg
いつもの如く、渋滞にはまる
DSC09227_R_20150330231830eba.jpg
ちょっと吹いた、渋滞も楽しまなければ!

DSC09155_R_20150330233444ccf.jpg
結局、これなんだが
DSC09745_R_20150330233449a48.jpg
夏島のこの魚雷調整庫に似ていると思う
DSC05578_R_2015033023344557b.jpg
崩落したモルタルの塗り方
DSC05580_R_20150330233446365.jpg
欠損具合も酷似
DSC05590_R_20150330233448f02.jpg
木製クレーン、類似点は多い
DSC08600_R_20150330234843dfe.jpg
そして、こちらのプールは魚雷の水密及び機関の試験水槽ではないだろうか?
91式航空魚雷は空気燃焼型であり、天井の穴は換気用ではないか?
全ては個人の想像の粋である、想像力は男のロマン!
もちろん終戦間際の構築ならば、魚雷なんて物は使える状況ではないが、裏の本抗と同時期ならば、かなり本抗の掘削状況を鑑みれば、余裕のある時期では無いかとも思える。

悪魔で個人の見解であり、史実ではない(記録も無い)事は断っておく
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちわっ★
千葉遠征、お疲れ様でございますっ!
新規開拓もあったようでっ♪

今、拙ウェブページで「茂原」を
制作しているのですが、
もしよろしければ、豊田小学校脇の
山頂で見つけた煉瓦遺構を一緒に
掲載させていただけませんか~?

よければ、写真をパクります(笑)

祐実総軍三等兵様

おかげ様で、また新たな遺構を発見できました。
しかしこの時期はさすがに厳しいですね
やぶで見落としも、多々有りそうな気がします

画像はご自由に、お使い下さい!