新田野機銃陣地 (沈下橋)

今回の大多喜地区探索、最後のネタとなる場所にやって来た(時系列は完全無視)
「房総半島戦跡考古調査会」の皆様、御協力ありがとうございました!
情報に寄れば、ここには小隊規模の部隊が陣地構築していたらしい
小隊とは普通科小隊は2~3班(分隊)で1小隊、1班は10人以下程度で、都合20~30人規模
当時の陸軍小隊は、小銃分隊数個、軽機関銃分隊数個から成る10人~50人程度の部隊であり
編成、用途等により人数、装備は上下する、しかもこの頃には徴用兵中心で、小銃すら装備していない兵隊がごろごろしていたそうだ、実際には1ヵ所ではなく、分散配置かも知れない(ここには軽機1分隊のみとか)
見つかった壕も一つだけで、しかも常軌を逸した位置に造られている
DSC09299_R_20150413221027abf.jpg
某所にある、溜池にやってきた
DSC09300_R_2015041322102966f.jpg
待ちきれず、車からダッシュをかける、きへいさん
DSC09301_R_20150413221031b48.jpg
湖面沿いの斜面に入って行く
DSC09302_R_20150413221032017.jpg
うっすら踏み跡もあるので、問題なく進む(ねこさん現地調査済み)
DSC09303_R_20150413221033d95.jpg
あっさり見つかる壕口、しかし入るには狭い
DSC09304_R_2015041322493643e.jpg
それでも何とか入って行く
DSC09305_R_20150413225139af4.jpg
しかし、激しく水没
DSC09306_R_20150413224939134.jpg
そう、この壕は湖面とほぼ同高度に掘削されている、水が入って当たり前なのだ
DSC09307_R_201504132249408a7.jpg
別の開口部があると言うのでそちらに行く、これが銃眼になるはずだったのではとの事だった
DSC09308_R_20150413224941c42.jpg
最初に入った開口部方向
DSC09309_R_2015041322592545d.jpg
反対方向
DSC09310_R_20150413225926ff5.jpg
かなり深く水没している
DSC09312_R_20150413225927ff0.jpg
妙にキレイに塞がっている最深部
DSC09313_R_201504132259304ed.jpg
外から見ると、完全に埋まってしまっていた、この下はすぐに水面だ
DSC09314_R_2015041322593193b.jpg
この後、周辺の探索を行ったが、何も見つからなかった
DSC09315_R_2015041323052845e.jpg
ここにもキョンの罠が仕掛けてあった行川では、大繁殖しているらしい
DSC09316_R_20150413230529958.jpg
壕のあった場所を望むが、全く見えない
DSC09318_R_20150413230530738.jpg
さぁ、撤収だ

少し時間があったので、近所の有名スポットを紹介してくれた
前回大多喜に来た時に、下調べだけしていたのだが、時間が無く来れなかった所だった、ラッキーだった
場所に関しては、ググレばすぐに判るのだが、近隣住民の迷惑と、市からの指導で町が車両進入禁止している等の状況を鑑み、ここでは記載しない
全国的にはそこそこ存在している様だが、「潜水橋」、「沈下橋」などと言われ、水面下より一時的もしくは常時低くなり、欄干は無く橋の上を川面が覆っている珍しい橋だ
もともとは、農家の行き来の為の物だそうだが、川上のダムだとかの影響で沈んでしまっているのかは不明
コンクリート製で、川下に向って弓なりに湾曲していて川の流れを考慮している事、川底まで橋が蔽っていて下に水が流れていない様に見える点から、もともとこの形で作られているのだろう
DSC09518_R_20150414134700acf.jpg
橋に至る道は、車両通行止めで直前に駐車場がある訳でもないので、歩いて行く
DSC09519_R_201504141347023bd.jpg
坂を下って行くと見えてくる
DSC09521_R_20150414134703fc0.jpg
潜水橋(正式なこの橋の名前は無い様だ)、湾曲しているのが良くわかる
DSC09522_R_201504141347058ce.jpg
「欄干も無く、ここから落ちたらどうする」っと言うのが指導の一旦
DSC09523_R_20150414134706f79.jpg
確かに夜や濁っている時は、なまじ湾曲しているので危険だろうが、そんな時にここを通る奴は自己責任だろう
DSC09524_R_20150414135709cae.jpg
川の下流を眺めると、壁面に壕口が見える、行ってみたいが無理っぽい
DSC09525_R_201504141357113d7.jpg
向こうにいすみの線の線路も見えるので、ビュースポットとしても良いと思う
DSC09527_R_2015041413571220b.jpg
いつの頃からあるのか、忘れ去られたボートが一艘
DSC09528_R_2015041413571320f.jpg
長靴が有れば、ちょっと楽しめる所だ
DSC09529_R_201504141404305a7.jpg
たまにはこういう寄り道も、楽しいものだ (長靴無しで楽しんでる人もいるし、雨降る冬の川で)




送って頂いた集合写真 (桜花カタパルトにて)
DSCN2812.jpeg
「房総半島戦跡考古調査会」の皆様、楽しい一日を過ごさせて頂きました。
また、参加させて頂ける日を楽しみにしております。
記事内容には気を付けていますが、不都合等ありましたら一部変更削除しますので、御一報下さい
「ANALIST」の方々、新たな発見を期待しております、良い探索を!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

更新お疲れさまでした(*´∀`*)
内容的にまったく問題ありませんよー、気になさらずに…
基本、隊長も、先生も!?、自分も出たがりなので、今後もじゃんじゃん
出していただいて構いません(笑)
明日、おそらく東金の新ネタを仕入れられると思いますんで、
また都合の良い時にまたイベントやりましょうね。
でわでわ||| \( ̄▽ ̄;)/ |||

ねこ様

皆様とご一緒に山狩りが出来て、楽しかったです
5月は日曜の基地際が少ないので、参加させて頂きます

明日は板妻に行くので、参加出来なく残念です
更なる戦果を期待しております!

No title

こんばんは!
大多喜界隈はテツ絡みでしょっちゅう行っていたのですが、
こんなに戦跡があったとは驚きです!
川の中の道は話には聞いていましたし、場所もわかりますのでこんど行ってみます。
たしかに愛犬が喜びそうですね(笑)

「もうひとつの桜花基地」は私には全然見当がつきませんが、魅力的ですね。いいものを見せていただき、ありがとうございました。

bunnytheflat 様

こんばんは
春先のローカル線は鉄心の無い自分でも、いい感じがして何枚か撮りました
菜の花に囲まれた土手の上を走る列車が、特に良かったです

沈下橋でメンバーと遊んでる時、ふとグレース君も喜びそうだな~なんて考えました
貴ブログの渓流歩きから比べると、物足りないかも知れませんが、話の種に行ってみてください!
桜花基地、最高でした。

No title

房総半島戦跡考古調査会にご参加ありがとうございました。
あの沈下橋は別名「洗車場」と呼ばれてまして・・・
これ以上コメントすると素性がバレるのでやめて
おきますが、場所をネットで示してしまうと、配慮の
ない方がたくさん来てしまって、取り返しのつかない
ことになってしまいます。場所を明かさないでヒント程度、
コレが房総半島戦跡考古調査会のルールとなっておりまーす。
あとは自分で探せーってなことです。

今日行なった東金ビッグあな祭りの下見で、新規に
3本見つけています。3本とも地元の古老に場所を
教わっています。現地の方に趣旨を説明して理解を
得て、ついでに情報をもらうといった形でして、よく説明を
すればほとんどが許可を得られます。
場所を公開してしまうと、そういった面倒な手続をせずに
現地に行ってしまうので、問題が生じてしまいます。
東金方面ではきへいさん新発見の2つと既発見の150m
をあわせて7本ありますので、準備万端です。

で、さらにその先ことで別の場所の話ですが、これはメールで
お伝えすることにしておきます。

隊長様

本日も探索ご苦労様でした
自分は自衛隊基地際を堪能させてもらってました

基地際は年に一度の行事なので、行ける限り行っています
新たな遺構を見つける事は、非常に有意義ですね、皆様の活発さを見習わなければ・・・・

今度のイベントが楽しみです!