126部隊 中隊指揮所(仮)&Y-2機銃陣地

房総半島戦跡考古調査会のメンバーとの調査に、今回も参加した
地元の利とは言え、この人達の足で調べた成果には脱帽するしかない
今回は最大9人の参加者だった
DSC02203_R_20150518204347543.jpg
個々に支度を終え、右側の古道に分け入る
DSC02204_R_20150518204348580.jpg
ねこさんの後に続き、山岳コースに向うと、杉林が竹林に変る
DSC02206_R_2015051820435034e.jpg
竹林を良く見ると、交通壕が切られている
DSC02207_R_201505182043510e4.jpg
少し登ると、なんか出た!
DSC02209_R_2015051820435373a.jpg
キレイに掩蔽された壕口が見える
DSC02212_R_20150518205631e35.jpg
早速測量に入るねこさん (後でまた図面下さい!)
DSC02214_R_201505182056327c7.jpg
壕の周辺を片つけて、入壕開始
DSC02215_R_201505182056331af.jpg
壕に入るなり、軽く水没している
DSC02216_R_20150518205635876.jpg
すれ違える所が限られるので、おのおの間隔を空けて先に進む
DSC02217_R_20150518205637629.jpg
若干起伏がある曲がり角を利用しつつ入って行く
DSC02219_R_20150518211221a21.jpg
ゆるい角を曲がると、水没も少なくなる
DSC02220_R_20150518211223719.jpg
煤けた灯り置きも随所にある
DSC02222_R_20150518211225836.jpg
天井の釘、チーフを垂らしたのだろうか
DSC02223_R_20150518211226b74.jpg
小森さん飛来する中、気にせず撮影するまききさん(うまく撮れた)
DSC02224_R_20150518211227ac0.jpg
すれ違い所、フル活用
DSC02225_R_20150518212158ebc.jpg
進んで行くと、ズリが残り壕を半分埋めている
DSC02227_R_20150518212200491.jpg
屈みながら奥に行くと
DSC02228_R_20150518212201166.jpg
掘りかけの終息となる
DSC02229_R_20150518212202baa.jpg
やけにみんな、早く引き返して来ると思った
DSC02230_R_20150518212204b52.jpg
さて、自分も引き返そう
DSC02231_R_20150518212816cf9.jpg
壕口に戻って来た
DSC02232_R_20150518212818009.jpg
上を見上げると、堀の深さが伺える
DSC02233_R_201505182128191a9.jpg
山を少し降りた所にある壕口に向かう
DSC02235_R_20150518212820501.jpg
入り口の形がかなり良い、しかし水没
DSC02237_R_201505182128227b7.jpg
ちょっと気合を入れれば、行けるかな?
DSC02240_R_20150518213457b76.jpg
取りあえずは入れないので、切り上げる
DSC02241_R_20150518213459547.jpg
古道に向う
DSC02243_R_201505182135014ed.jpg
古道の切り通し
DSC02244_R_201505182135016fb.jpg
足元に穴がある
DSC02245_R_20150518213503572.jpg
埋まっているが、壕本来の入り口である
DSC02247_R_20150518213920589.jpg
唯一の侵入口はここ
DSC02249_R_20150518213921d44.jpg
銃眼である
DSC02250_R_20150518213922c07.jpg
よじ登り、壕内を覗き込む
DSC02252_R.jpg
ぬるっと入ってしまった
DSC02253_R_201505182139255cb.jpg
後続のねこさんも入って来る
DSC02254_R_2015051821440244b.jpg
銃眼から左に伸びる壕、右側に反対向きの銃眼が一つある
DSC02256_R_201505182144047df.jpg
ほぼ倒壊している
DSC02257_R_20150518214405647.jpg
今回始めての乾いた通路
DSC02258_R_201505182144071ac.jpg
灯り置き
DSC02260_R_201505182144088b9.jpg
何故か、これでもかってぐらいに並んでいる灯り置き
DSC02261_R_2015051821494569c.jpg
斜めなT字路にぶつかる
DSC02263_R_20150518214946ffb.jpg
右側は、すれ違い所
DSC02264_R_2015051821494727c.jpg
左は最初外から見た、本来の入り口
DSC02265_R_201505182149491f8.jpg
この程度、開口している
DSC02266_R_20150518214950ff5.jpg
軽く蛇行している通路を戻る、ちなみにとても立てない高さである
DSC02267_R_201505182155054d5.jpg
測量中のねこさん、こんな高さしかない
DSC02268_R_20150518215506d3a.jpg
さて、出よう
DSC02270_R_20150518215508032.jpg
これ埋まったら、中の二人はどうなるんだろうとか、考えてしまう
DSC02272_R_2015051821550883f.jpg
ねこさんが脱出してくる
DSC02273_R.jpg
出たらすぐ、斜面になっているので、気を抜くと転げ落ちる
DSC02274_R_20150518215934321.jpg
無事、全員脱出(三人入壕)、下山する
20150521115338d61[1]_R
房総半島戦跡考古調査会、ねこ様の作図

参加されたメンバーの方々、お疲れ様でした!
ぼつぼつ上げて行きますんで、見てってやって下さい

今回のメンバーのパパゲーノさんホムペ「道にあるちょっと古いもの」にて、アナグマ動画が公開中
秘技穴熊発動 ∑(゚Д゚;) から、覗いて下さい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

Yakumoさん、先日はお疲れ様でした。
またまたいい写真がありますねーー( ̄ー ̄)
つう事で何枚かいただいていきますね。
図面は今日、何枚か書きますんで、
出来たらメールしますね。
でわでわ。

No title

さっそくの更新ですね。
あの銃眼に入ってきたと竜ちゃんラーメンで
自己申告すると、上座に招待されかつ餃子が
1枚サービスとなるそうです。(←うそです)

水没ではyakumoさんのウエーダーでの突入を
是非見てみたかった。

Maya様

図面は助かります
写真は好きなだけ、持って行って下さい!
残念ながら、先生の着替えシーンはありませんが

隊長様

ウェイダーは、いつも車に積みっぱなしなので、いずれ機会もあるでしょう。
竜ちゃんの餃子は、割とパリッとして旨かったですね

しかし二人ともコメント早いですね、昨夜上げたばかりなのに

No titleltit oN

yakumoさん、そしてANALIST隊員の皆さま、先日もお疲れ様でした。
ななんとっー! 運動能力だけでなく、レポートも早いですね!!
何を食べたらyakumoさんの様になれるんでしょうか…?(←食べ物じゃない?)

今回も"魅せて"下さいますね♪
後は、ねこさんの図面で写真の位置が一緒になると、もう天下無敵!
自分も含め、戦争を知らない世代に語り掛けるものがあります…。(*´▽`*)

まきき様

人形焼を探索後に食べると、成れるらしいですよ!
労働の後の甘い物は、また格別です。

当日の内に動画や振り分けを纏めといたので、翌日2時間ぐらいで仕上げましたよ。
自分もまききさんの様に、飛び回る小森さんに動じない男になりたいです!
飛行形態と狙い撮りしている内は、まだまだですね~

ねこさんの図面、最高です!!

No title

>当日の内に動画や振り分けを纏めといたので…
って、yakumoさんの体力凄まじいですね!!!
自分なんか後半はクタクタで、やっと帰宅した頃はヘロヘロで…
直ぐに寝てしまったんですから。(;´Д`)

日頃、どんなトレーニングを重ねているのか…?
今度お会いした時にコッソリ教えていただきたいです。
(えっ?ヒミツ??)

まききё 様

当日はきへいさん送って、下道走っても2200ぐらいには帰宅したので
動画とSDデータを行き先毎に分類して、タイトルフォルダ作った位です

体力作りは特には何もしてませんよ、昔鍛えた基礎体力の残り物です
きへいさんの様に、多少具合が悪くても体を動かして、萎えさせない事ですかね
使わない筋肉はあっという間に萎えてしまい、取り戻すには3倍以上の努力が必要です