横須賀海軍工廠造兵部火工工場久木作業場地下工場 その2

DSC00828_R_20150531232120668.jpg
抜き穴が出れないので、主坑に戻る
DSC00829_R_20150531232121cce.jpg
右ブロックには3つの部屋が並んでいる
DSC00830_R_201505312321238a5.jpg
右側の部屋、奥がベンチになっている、そして左側の壁
DSC00831_R_2015053123212473b.jpg
隣の部屋との接続部なのだが、段差がある
DSC00832_R_20150531232125d07.jpg
ベンチに座って、部屋の入り口を見る
DSC00835_R_20150531232859615.jpg
隣への接続部を登ってみる
DSC00840_R_20150531232901051.jpg
形が異様な部屋に出た
DSC00841_R_20150531232902903.jpg
2つ目の部屋の入り口から、中を見ている
DSC00842_R_20150531232903bde.jpg
天井が斜めで、右にベンチと接続部が見える
DSC00843_R_20150531232905f80.jpg
接続部
DSC00844_R_2015060120441086b.jpg
外に出て、隣の第三の部屋に向う
DSC00845_R_20150601204411afe.jpg
この部屋は、こじんまりとしている
DSC00846_R_20150601204412857.jpg
ベンチも接続通路も無い
DSC00847_R_201506012044145af.jpg
右ブロックはこんなものだ、左ブロックの1/3ぐらいしかない
DSC00848_R_20150601204415bab.jpg
排水溝?台座跡?四角い穴が開いている
DSC00849_R_2015060120522170f.jpg
左ブロック奥の方は比較的キレイな所がある
DSC00850_R_20150601205222dce.jpg
こうゆう所もあるが、崩落ではなくズリだ
DSC00851_R_201506012052234b8.jpg
掘りかけのベンチカット状態
DSC00853_R_2015060120522405e.jpg
それでも排水溝は造ってある
DSC00854_R_20150601205226fa0.jpg
ツルハシを立てに刺し岩盤を剥がしている
DSC00858_R_20150601210524e81.jpg
別のベンチカット、奥の方はまだ伸ばす途中だったのだろう
DSC00860_R_201506012105251d0.jpg
何か突き刺さっている
DSC00861_R_201506012105264c9.jpg
これから先はこんな状態がほとんどだ
DSC00862_R_201506012105277c9.jpg
最初はズリかとも思ったが、表の急傾斜工事のガレキを突っ込んだのだろう
DSC00864_R_20150601210529fd2.jpg
ガレキのあるとこないとこが分かれている
DSC00866_R_20150601211410d46.jpg
床を良く見ると
DSC00867_R_20150601211412e34.jpg
キャタピラの跡がある小型ブルトーザーの仕業だ
DSC00868_R_201506012114136c6.jpg
壁に貼ってある木材、碍子を取り付ける為のもの
DSC00870_R_20150601211414803.jpg
この辺はズリとネコ車で運んで来たガレが混在している
DSC00871_R_201506012114163f9.jpg
天井があるので、廃土板だけでは上までガレを上げられない
DSC00872_R_201506012120560a2.jpg
少しまともな所に出た
DSC00873_R_20150601212058677.jpg
碍子が残ってる奴がある
DSC00874_R_20150601212059a3a.jpg
近くの足元にも落ちているのがある
DSC00875_R_2015060121210194c.jpg
横須賀では良く見かけるメーカーロゴだが、会社名不明
DSC00877_R_201506012121027ba.jpg
キャタピラに踏み固められた交差点
DSC00878_R.jpg
この辺には碍子が多い、稼動部分なのだろうか
DSC00881_R_2015060121265101b.jpg
キャタピラの跡が奥のズリまで伸びている
DSC00882_R_201506012126531b5.jpg
片側に寄っているから、ネコ車による投棄だろう
DSC00883_R_20150601212654f8d.jpg
ちなみに壁の白いのは全部カビである
DSC00885_R_20150601213323a9f.jpg
中央付近にある神棚
DSC00884_R.jpg
広めの地下壕には、結構ある
DSC00887_R_20150601213324a47.jpg
左ブロックの中央より壕口側は、全てこんな状態
DSC00888_R_2015060121332514c.jpg
慣れない人には危ないだろう、安全第一だ
DSC00889_R_20150601213327f5d.jpg
壕口の殆んどは塞がっている
DSC00890_R_201506012141262b3.jpg
壕口付近の主坑を最深部まで進む
DSC00891_R_20150601214127103.jpg
ここに左ブロック唯一の売りがある
DSC00892_R_201506012141286c3.jpg
階段だ!
DSC00894_R_20150601214130f95.jpg
横には衛所と思しき窪みがある
DSC00895_R_20150601214131cd7.jpg
一段が大きめで、滑るので注意が必要、更に見たまんま狭くなっていく
DSC00896_R_201506012147357a4.jpg
後半は低いが、普通の通路となる
DSC00897_R_201506012147373d4.jpg
山腹に出る、左翼の抜き穴(120cmぐらいか)
DSC00899_R_20150601214738502.jpg
問題はこの滑る大きめ階段を降りる時
DSC00901_R_20150601214739b1a.jpg
さて、一回りしたようだ
DSC00903_R_20150601214740a94.jpg
後は脱出あるのみ
DSC00907_R_201506012152570f9.jpg
帰りがけに見た、池子の軍用引込線トンネル


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はい、ねこ派です

戦跡に行くと、良くネコに合えるので、楽しみです
以外に戦跡好きに、ねこ派は多いです
犬は民家近くの壕に入ろうとすると、吼えるので自然と嫌いになります