海軍沼津高射砲陣地

本来は海軍なので高角砲台なのだが、高射砲台と馴染んでいるようなので、タイトルはそのままにしておく
今回の調査は、kanレポート様を参考に事前に下調べをし、静岡戦跡の第一人者ー廃墟日常記録帳ーの空母氏案内の元予想通りの場所に発見出来た。
kanレポ-ト様にて、3ヶ所ともすぐ判る様に詳しく位置等、説明されているので、あえて説明しない
DSC03165_R_201506022254444eb.jpg
砲台公園にやって来た
DSC03167_R_2015060222544763c.jpg
近くにある石柱(鉄道関連)
DSC03141_R_20150602225441804.jpg
木の根元に、隠れる様に生えている弾薬庫(砲側庫)その1
DSC03142_R_2015060222544256b.jpg
入り口には爆風除けがある
DSC03160_R_20150602225443f5f.jpg
至近弾の破片、燃えカス等が弾薬庫に飛び込まない為の物で、直撃には耐えられない
DSC03147_R_20150602230443582.jpg
入り口には何故かお地蔵様が置いてある
DSC03149_R_2015060223044556d.jpg
奥は5m有るか無いかの狭い物だった
DSC03150_R_20150602230446bde.jpg
多分通気孔の穴、鉄筋が不自然に見える
DSC03155_R_20150602230447cee.jpg
防湿用のタールが分厚く塗ってある
DSC03161_R_201506022304496fa.jpg
通気筒、この辺まで埋まっていたのだろう
DSC03164_R_20150603214259b4d.jpg
斜面に埋まっているせいか、コンパクトな感じの弾薬庫だ
DSC03168_R_20150603214300b6f.jpg
走って5分ぐらいの所にある、2つ目の弾薬庫にやって来た
DSC03169_R_20150603214301a08.jpg
こちらは柵が無いので見やすい
DSC03170_R_201506032143030aa.jpg
割りと鉄筋が多く入っている
DSC03171_R_201506032143049da.jpg
日陰の部分には、タールも良く残っている、そして扉は横にスライドする木製だった
DSC03172_R_20150603215730d25.jpg
真横から見ると、こじんまりして見える、ちなみに後は近代給水タンク
DSC03173_R_20150603215732812.jpg
人物を入れると、以外に大きかった
DSC03175_R_20150603215733bc1.jpg
内部は、さっきのと変らない
DSC03176_R_201506032157359c5.jpg
天井の通気孔も鉄骨が見える所は一緒
DSC03177_R_201506032157361d7.jpg
人物比、5mぐらいかな?
DSC03179_R_201506032229325cb.jpg
名残り惜しそうに見ているとのさんを残し、次に向う
DSC03182_R_20150603223810cdc.jpg
作業中の地主の方に、許可を頂き入壕する
DSC03183_R_201506032238118d1.jpg
入り口付近は物置状態
DSC03186_R_2015060322381294b.jpg
10mほどで右に曲がる
DSC03188_R_20150603223813b30.jpg
曲がり角は90度ではない感じだ
DSC03190_R_20150603223815d13.jpg
予想以上に大きな地下坑道、オールコンクリート巻きである
DSC03192_R_201506032249449e4.jpg
こんな影遊びをしたくなる
DSC03185_R_20150603224943898.jpg
天井に碍子を取り付ける木材が埋め込まれている
DSC03193_R_2015060322494615a.jpg
一つ目の部屋
DSC03196_R_2015060322494734e.jpg
奥行き15mぐらいの部屋
DSC03197_R_201506032249498e6.jpg
天井に通気孔が前後に2つある
DSC03198_R_201506032300385a0.jpg
二つ目の部屋
DSC03199_R_20150603230040df4.jpg
奥行きの無い2m程度の部屋
DSC03201_R_20150603230040772.jpg
天井に通気孔も無い
DSC03203_R_20150603230042af4.jpg
3つ目の部屋
DSC03205_R_20150603230043cdb.jpg
構造は1つ目の部屋と同じだ
DSC03206_R_20150604205112fa9.jpg
奥の黒いのは、畑の土が落ちて来た物
DSC03208_R_20150604205114793.jpg
調査でも入ったのか、ここだけ鉄骨が露出する
DSC03209_R_2015060420511678b.jpg
手前側の通気孔
DSC03211_R_201506042051176f9.jpg
小森さんお一人
DSC03212_R_201506042051185ac.jpg
二つ目の通気孔、発砲スチロールで塞いである
DSC03214_R_20150604210849082.jpg
大きさがイマイチ伝わらないので、人物を入れる、とのさんの場合
DSC03215_R_20150604210850960.jpg
OKN氏の場合
DSC03218_R_201506042108512fa.jpg
空母氏、〇〇には見えないらしい
DSC03222_R_20150604210853f97.jpg
反対方向から通路を見る、天井はかなり歪な形をしている
DSC03225_R_201506042108555f3.jpg
反対側の出口に向う
DSC03228_R_20150604212014597.jpg
微妙な湾曲に、苦労してコンクリートを打っている
DSC03226_R_201506042120133fd.jpg
土砂の流れ込んだ壕口
DSC03229_R_2015060421201563b.jpg
外に出た
DSC03232_R_2015060421201738a.jpg
半分ほど埋まっているので、出入りはし難い
DSC03234_R_201506042127547b7.jpg
こちらには何も無いので、壕内に引き返す
DSC03233_R_2015060421275358c.jpg
入った所から出る
DSC03235_R_20150604212756378.jpg
畑の通気孔を見に行く、一つ目
DSC03236_R_201506042127572fc.jpg
二つ目
DSC03237_R_20150604212758bec.jpg
発砲スチロールが詰まっている
DSC03238_R_20150604213427be1.jpg
三つ目
DSC03239_R_201506042134287cb.jpg
四つ目、カットされているのか鉄筋が出ている
DSC03240_R_20150604213430ec2.jpg
見ていると落ちそうだ、そろそろ撤収しよう
DSC03180_R_20150604214105a89.jpg
ここで空母氏は神さんに怒られ、泣きながら静岡に帰っていった(誕生日をすっぽかして来たらしい)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

これ予想以上に凄いですね!
こんなしっかりしたコンクリート製はなかなかないんじゃないですか?

東雲みょん様

そうなんですよ、うれしい誤算でした、これほどとは・・・・
日吉台連合艦隊指令部を思い出すようなコンクリ巻き通路でした
よい物が見れましたよ!

ところで、朝日新聞のせいで、訪問者激増の件
陶器製手榴弾、みんな好きですね~

No title

すっぽかしとかじゃないですから~!(`ε´)ぶーぶー
でも淡島と御用邸に行けなくて泣いたのは事実ですわ(/TДT)/

陶製手榴弾まだ行ってなかったから残念。
http://www.asahi.com/articles/ASH5D4TN2H5DUQIP00Y.html

No title

お役にたてて良かったです!
穴は有っても入らない(入れない)

空母氏

あわしまは外から見ただけだし、御用邸は開館時間終了で入れなかったので収穫無し、防空壕は実は2つある様なので家捜しに行かねば!ってことで
地元の人にがんばってもらおう。

お誕生日おめでとうさんでした、家族は大切にね

kan様

大変良い物を見させて頂きました!
しかし、末期の防空砲台としては異様に完成度の高い物ですね
房総などではほとんど素掘りなのにオールコンクリート巻きとは。

ありがとうございました、また、参考にさせて頂きます!