貝山地下壕 その11 (上部第二)

貝山には地上に面した大型壕の他に、山腹にも壕がある。
今回はその中の上部第二のみ紹介する。
この壕も某サイト紹介後、派手な盗掘に遭い、壕床などは掘り起こされてしまっている。
通信及び小火器の弾薬貯蔵壕だった様で、真空管や通信機残骸、弾薬クリップその他付属物
などが、残されていたが根こそぎ採られて壊れた食器や碍子ぐらいしか残ってない。DSC08197_R.jpg壕口は上からも下からも見えないようになっている
DSC08198_R.jpg爆風除けにクランクになった通路
DSC08199_R.jpg全体的に四角く掘られている
DSC08200_R.jpg中央にあるホール空間
DSC08201_R.jpg入り口付近には、海軍食器他、遺物が多いDSC02893_R.jpgエビスマークの電球DSC02894_R.jpg真空管
DSC03707_R.jpg海軍マークが付いている貴重品
DSC02898_R.jpgコンデンサー、単電線、碍子
DSC02899_R.jpg他の真空管と小碍子
DSC02900_R.jpgインク瓶DSC02905_R.jpg左下にレシーバーのスピーカーがある
DSC02906_R.jpg乾電池とヒューズ
DSC02901_R.jpg小部屋の中には・・・
DSC02902_R.jpgこの壕の目玉だった、二飛訓練所用の箱DSC02903_R.jpgここは予科練の訓練所である、裏側はスピーカーの様だった
DSC02904_R.jpg(株)昭和製作所の名盤
DSC03672_R.jpg今はもう無いDSC02907_R.jpg小部屋の先は掘り掛けだったDSC03697_R.jpgホールにも色々落ちていた、愛国と書かれた靴底DSC03698_R.jpgいとまつと書かれた瓶DSC03706_R_20121229135312.jpgイカリマークの電気部品DSC02884_R.jpg奥に進む
DSC02885_R.jpg通路に壕口からの枯れ葉が溜まる
DSC02886_R.jpg弾薬庫、床の木片は弾薬箱の風化した物DSC03675_R.jpg木箱の持ち手の縄も一部残っていた
DSC03676_R_20121229141149.jpg弾薬クリップとその付属物、今はもう無いDSC02889_R.jpg最深部の部屋
DSC02890_R.jpgやたらに空き缶が転がっている
DSC02891_R.jpg奥側からDSC02908_R.jpg入り口付近の碍子DSC02910_R.jpgもう一つの壕口DSC03678_R.jpg壕口から一段登ると石垣が組んである
DSC03679_R.jpg祠状の監視所
DSC03680_R_20121229142308.jpg四角い井戸状の物もある

今回紹介した写真は、発見当時の物で、これらの遺物はほぼ失われている。


上部第二
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント