香取航空隊その他遺構

DSC03250_R_20150622224526e37.jpg
待ち合わせには(1030)少し早いが横浜出発する
DSC03251_R_20150622224527eaa.jpg
首都高はガラガラだったが
DSC03254_R_201506222245289bf.jpg
京葉道なんとかしてくれ、毎回これ
DSC03255_R_20150622224530a38.jpg
なんだかんだで終点横芝到着
DSC03256_R_2015062222453197e.jpg
この遺構の目印は「ダイナム」
DSC03257_R_20150622230954c11.jpg
問題の物件、以前に行っているが時期を失して上げてないのでここで上げる
DSC03258_R_20150622230956274.jpg
kanレポート様で詳しく説明しているので、細かい事は言わない
DSC03259_R_201506222309575a9.jpg
弾薬庫、格納壕と言われているが正確には不明
DSC03260_R_20150622230959a8a.jpg
入り口は付け替えられ、農具置き場にでも使っていたもよう
DSC03263_R_201506222310005e2.jpg
農機具?
DSC03265_R_20150623201251050.jpg
手作り感がハンパ無い出来栄え
DSC03266_R_20150623201253334.jpg
通気孔の様だが埋まっている
DSC03268_R_20150623201254244.jpg
グランドのフェンスの様な金網の骨材、まさか金属はコレだけなのか?
DSC03269_R_2015062320125667d.jpg
奥から入り口方向
DSC03270_R_20150623201257073.jpg
真横から見ると、入り口部分は若干傾斜を憑けてある
DSC03271_R_20150623202109cd8.jpg
お約束なので登る
DSC03272_R_201506232021115d1.jpg
唯一と言えるコンクリートの露出部分
DSC03274_R_2015062320211247b.jpg
なだらかなRを描く手作り感
DSC03278_R_20150623202113fd2.jpg
離れてみると、完璧な偽装で、知らなきゃ判らない
DSC03279_R_20150623202115ca0.jpg
いびつな千葉県(市の標柱じゃない)
DSC03281_R_20150623203509856.jpg
も一つある、走って数分の所に有るので、一緒に訪れよう
DSC03283_R_20150623203510c33.jpg
落書きを丹念に消した跡がある、ご苦労様です
DSC03284_R_20150623203511f2f.jpg
入り口の一部が欠けている、誰が持って帰ったんだろう?
DSC03286_R_201506232035121fe.jpg
基本構造は同じだ
DSC03287_R_2015062320351429e.jpg
筵の跡が当時を思わせる
DSC03288_R_2015062320415514a.jpg
金網の跡も同様だ
DSC03289_R_20150623204157a6d.jpg
落書きにも昭和を感じる
DSC03290_R_20150623204157361.jpg
もっとも金網が判る、通気孔
DSC03295_R_20150623204159757.jpg
奥から入り口方向
DSC03296_R_201506232042015f8.jpg
こっちの方が、入り口が低いので、埋まっているのかも知れない
DSC03298_R_20150623205848593.jpg
側面を見ると、継ぎ目がある、上と下のコンクリートを打った時期が違うのだろう
DSC03301_R_2015062320584949d.jpg
弾薬庫を堪能した
djvu2jpeg_R_20150623205846d85.jpg
ここでこんな資料を見てみる
2_R_20150623205845c79.jpg
航空基地の左側に、西砲台や25mm機銃が多数設置されているようだ
DSC03302_R_20150623212504b4b.jpg
西側の畑(田んぼ)にやって来た
DSC03303_R_20150623212505396.jpg
以前から気になるこれ
DSC03304_R_20150623212507e01.jpg
陸から繋がっている機銃砲座にしか見えんのだが
DSC03305_R_20150623212508129.jpg
きちんとした、コンクリート製で、若干傾斜がついている(タニシもついている)
DSC03309_R_20150623212510c41.jpg
畑の中にも同じ様な物がある、これは防火用水の可能性もある
DSC03311_R_20150623214723c6a.jpg
それ以前にただの畑の溜池の可能性も否定出来ない
DSC03312_R_20150623214724eb1.jpg
また、別の場所
DSC03314_R_2015062321472541b.jpg
これは現在完全に溜池だ
DSC03315_R_20150623223120472.jpg
コンクリートは既に明治には一般化しているので、戦前のものかもしれない
DSC03316_R_20150623223122dca.jpg
あそこにもちらっと見える
DSC03317_R_20150623223123cce.jpg
畑の持ち主に断り、近寄る
DSC03319_R_20150623223124bcc.jpg
ここも完全に溜池になっていた、農家の事は分からんが、こんなにあちこちに溜池作るのか?近くに川あるぞ?
DSC03321_R_20150623231416bbd.jpg
近くに妙な所があった
DSC03322_R_20150623231418a6e.jpg
ここだけ草がまばらにしか生えない、基礎のような物が広範囲にならぶ
DSC03324_R_20150623231419856.jpg
砂利交じりの、基礎には脆弱なコンクリート
DSC03326_R_20150623233220842.jpg
滑走路にやって来た、これは現存するテストコースとクロスする残った半分の滑走路部分だ
DSC03327_R_201506232332219bc.jpg
もう、良く判らなくなってしまっている
DSC03330_R_20150623233222b4d.jpg
掩体壕を見に行った所で、タイムオーバーとなる
DSC03331_R_20150623233224849.jpg
急いで集合場所に向うのであった、そして本来の探索が始まるのであった

先ほど友人空母氏より、香取航空隊の資料を一部送ってもらった
1435234292128_R.jpg
航空自衛隊〇浜基地所蔵資料より
1435234285113_R.jpg
現在ブレーキテストコースになっている辺りだろう
1435234288881_R.jpg
右下に「今も残る防空壕」とある、隣に写っている慰霊碑は昭和51年に作られたもの、日清紡ブレーキ株式会社の敷地内にでも隠れているのだろうか?

一応、前回の香取海軍航空基地訪問ページ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして。
この遺構の近くに住んでいます。
市の広報には、『武器庫』と記されてますが、地元民はこの遺構を防空壕と認識してる人が多いようです。
年月を重ねると正確に伝わらないのでしょうか…
私の記憶の中に、
コンクリートの隙間に草が生えた、飛行場とよばれた場所から空を見上げている父と幼い自分がいました。
この資料にその滑走路がありました。
遠い日の父を思いだしました。

椿様

始めまして、コメントありがとうございます
やはり武器庫、燃料庫の類のようですね、やはり実際に思い出の無い方々には
コンクリートの覆われた物は、まとめて防空壕として認識してしまうのでしょう
悪気は無いのでしょうが、年月を重ねる毎にその傾向は深くなるでしょう
自分の記事で、昔を思い出してくれる人がいて下さって、喜ばしい事です
お父様との思い出を、大事ななさって下さい。

良い話をありがとうございました。

No title

はじめまして
慰霊碑についてなのですが、
工業団地脇にある技術専門学校前付近にテキサンを展示してある公園があります。

その入り口に件の慰霊碑があったかと思います。

銀狐様

コメントありがとうございます
機会が有りましたら、再訪してみますね
また何か有りましたら教えて下さい