清水 震洋壕群  清水海軍航空隊

DSC02713_R_20150627223916196.jpg
時系列的には、テルファーを見た後の、車中泊から始まる
DSC02767_R_201506272239175a8.jpg
今回のベースポイント、清水灯台に到着、この時点で日付けは変っている
DSC02769_R_20150627223919688.jpg
夜中の灯台は、少し幻想的
DSC02771_R_2015062722501436e.jpg
駐車場に一際不気味に浮き上がる銅像がある
DSC02774_R_201506272250189e1.jpg
DSC02773_R_20150627225017362.jpg
DSC02772_R_201506272250164d1.jpg
DSC02780_R_201506272250197fe.jpg
予科練と言えば横須賀と言うイメージだが、ここにも有ったのだ
1435234273085_R.jpg
空母氏から資料を頂く
1435234279927_R.jpg
現在この場所には小規模な飛行場がある
DSC02779_R_20150627231021f2f.jpg
一夜が明ける、ここで空母氏と合流となる
DSC02783_R_20150627231023a48.jpg
清水灯台は日本初の鉄筋コンクリート製灯台
DSC02787_R_2015062723102448a.jpg
駐車場の脇に、一対の門柱がある
DSC02788_R_20150627231026d0a.jpg
清水航空隊関連の隊門だと言う話である
DSC02791_R_20150627231027a3e.jpg
取り合えずコンビニで朝飯となる
DSC02793_R_2015062723285230d.jpg
しばらく清水港のクレーンの動きを眺めていた、港の風景は結構好きだ
DSC02795_R_201506272328540db.jpg
変ったマンホールがあった、よっぽど盗まれるのかな?
DSC02796_R_2015062723285542c.jpg
大型の震洋壕が見えてきた
DSC02800_R_2015062723285761a.jpg
正面、トラックとの対比で大きさが判る
DSC02802_R_20150627232858e6f.jpg
横から覗き込むと、改造されているが、原型は良く保たれている
DSC02799_R_20150628221016a10.jpg
上を見上げると、格納壕の上に屋根がある
DSC02806_R_20150628221017028.jpg
天井クレーンを持ち主が後付けした時の天井の穴対策だろう
DSC02809_R_20150628221622665.jpg
入り口方向、大きさ的には格納壕ではなく、整備用の大型なのではないか?
DSC02810_R_20150628221020947.jpg
横に回ると、巨大さが引き立つ
DSC02812_R_201506282210218f2.jpg
裏側には出入り口がある
DSC02813_R_20150628223433ebb.jpg
入り口は、道路に合わせて斜めに作られていたようだ
DSC02815_R_20150628223434fbd.jpg
海岸に出て、ここから左方向海岸沿いに震洋壕は、密集している
DSC02817_R_2015062822343611e.jpg
一つ目は、廃ボート置き場の奥にある
DSC02818_R_2015062822343749e.jpg
この激ヤブの中にあるのだが、まず見えない
DSC02821_R_20150628223439bd8.jpg
仕方なく上から壕口部だけ確認した、間違い無く格納壕だ
DSC02822_R_201506282258232d9.jpg
次の物件、住宅と合体している様だ
DSC02824_R_20150628225824891.jpg
上に室外機らしき物が見えるので、パス
DSC02826_R_201506282258258b1.jpg
次の格納壕も、以前居住者が居たようだ
DSC02827_R_201506282258274c5.jpg
レトロなおもちゃが落ちている
DSC02829_R_2015062822582833b.jpg
入り口はひどいが、奥の方は比較的マシなようだ
DSC02832_R_20150628230739f69.jpg
登ってみる、入り口辺りはそこそこ高い、2mぐらいなら懸垂で行ける
IMG_3911_R_20150629214156040.jpg
空母氏提供画像、自分が何処にいるか判るだろうか?
DSC02834_R_20150628230740f66.jpg
後の方に歩いてくと、埋まっているのか低くなる
DSC02837_R_20150628230742f83.jpg
こっちからなら、楽に登れそうだ
DSC02838_R_201506282307428c2.jpg
三保マリーナの一画
DSC02839_R_20150628230744c1a.jpg
資材置き場に改造されている様だ
DSC02840_R_20150629211846ccc.jpg
この地区で、唯一説明板が付いている、しかし通りから入り込んでいるので、存在を知ってる人しか見れないだろう
DSC02844_R_20150629211847160.jpg
中を伺う事は出来ないが、御トイレにでもなっているのだろうか?それっぽい換気塔が・・・
DSC02847_R_201506292118485e1.jpg
海岸を離れ、メインストリートの遺構を見る
DSC02851_R_2015062921185075d.jpg
おそらくはオリジナルの木枠であろう、非常にめずらしい
DSC02853_R_20150629211851d8d.jpg
廃屋なので、いろいろ詰め込まれているのが残念だ
IMG_3924_R.jpg
画像提供空母氏、問題は道路との高低差だが、道路の方が整備で盛り上がったのだろう
DSC02858_R_20150629213643010.jpg
実際の地表からは、それなりの高さがあるので、落ちると痛いから登らないように!
DSC02860_R.jpg
しかし、サーフボードが邪魔だ、歩く人の身にもなって欲しい
DSC02861_R_20150629220530326.jpg
津波のせいか、船が陸に上がっているのが見えた
DSC02863_R_201506292205319da.jpg
野球場の一角にも空母氏が見つけた震洋壕がある
DSC02865_R_20150629220533cf8.jpg
程よく草に隠れ、空母氏良く見つけたな~と感心した
DSC02867_R_20150629220534461.jpg
中は非常に短く、おそらく艇は入らないだろう、燃料庫のような物か?
DSC02869_R_201506292205369fd.jpg
構造的にも全然違うのであるいは震洋ではなく、清水海軍航空隊の退避壕の可能性もある(内陸だし)
DSC02870_R_20150629222528ce2.jpg
道をはさんで、向こう側は飛行場付近だったりする
DSC02874_R_20150629222530123.jpg
車を取りに、予科練碑に戻ってきた
DSC02876_R_20150629222531870.jpg
この辺にはそれっぽいコンクリート構造物が多い、海岸と言う事もあり判別は付かないだろう
DSC02877_R_20150629222532cea.jpg
ここで清水地区の探索を終え、沼津方面へ向う事になる、時系列はバラバラだ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

オリジナルの木枠凄いですね!!
状態も凄く良さそうですし。初めて見れて感動です!

ずんだ様

おそらくここは、終戦当時から住民に使われていたのでしょう
廃墟を見れば判る様に、人が住んでいる家は何10年も持ちますが
無人になると、数年でボロボロになります、場所柄終戦時は住居として使用
その後は物置として人の出入りが有ったのでしょう
大型の物と、これは道路沿いに見えるので、行けば判りますよ!

地下壕ではない震洋壕は珍しいので、一見の価値はあります。