逗子 神武寺街道プチ探索~玉縄地下壕

春の終わり頃にゅんのすけ様より情報を頂いた、以下に内容を抜粋する
「逗子中から老人ホームせせらぎに向かう道沿い(こちらも神武寺への登山道)にいくらでも貯蔵壕を発見できます。クルマも停め放題で、現地の説明板によれば池子石の切り出しに使われたトロッコ軌道の跡が今でも見られます。貯蔵壕、トロッコと来たら大規模もあるのでは?」という情報だった
ゴールデンウイーク辺りに行ってみたのだが、情報を生かしきれず、ほぼ手ぶらで帰る事になってしまった
その後未だに再訪できずにいるので、報告がてら探索範囲と失敗記を上げておく
同時に頂いた「玉縄地下壕」においては、成功を収めているので、詳細は次回に報告する
P1030826_R.jpg
グーグルマップで逗子中学からスタートする、右下が「神武寺」だ、道路表記になっているが山道で、人しか通れない
DSC01947_R_201507302300123e3.jpg
せせらぎホームではこどもの日のイベントが開かれていた、自分の服装はかなり浮いただろう
DSC01926_R_20150730230007447.jpg
そそくさと通り過ぎて参道に入る、この山は逗子石の産地だそうだ
DSC01927_R_201507302300089a0.jpg
石切り場の形跡が散見する、一通り見ながら進んでいく
DSC01928_R_2015073023001040c.jpg
岩壁を削って通路を作ったのだろう、石の運搬時に高低差は無いほうが良い
DSC01929_R_201507302315388e9.jpg
何にも無い開けた分岐路に出た、道標だけはあった
DSC01930_R_20150730231539636.jpg
左に行くと逗子中学校が今来た道、神武寺方向へ向う
DSC01931_R_20150730231541b59.jpg
苔生した古い参道が和やかだ
DSC01932_R_20150730231544ec3.jpg
山頂付近まで一気に小走りで、駆け上がってきた、すれ違う人もいたが、みな休みながらのんびりしている
DSC01933_R_20150730231544854.jpg
あっという間に山門に到着、困った事に何も穴らしい物が見当たらなかった
DSC01934_R_201507302326150f0.jpg
仕方が無いのでうろつきながら、もう少し探す
DSC01935_R_20150730232617fd4.jpg
以外に有名な寺のようだ
DSC01936_R_20150730232618d34.jpg
おや、スクーター?なんとここまで裏側を車で登ってこれたのだ、知らなかった~まぁ良い運動だった
DSC01937_R_2015073023261902e.jpg
これも戦跡とは違うようだ
DSC01938_R_20150730232622cc3.jpg
やぐら、戦跡を探す者にとって、とてつもなく邪魔なもの、仕方がないんだけど
DSC01939_R_20150730233853fb3.jpg
DSC01940_R_20150730233854551.jpg
戦時供出した、復刻版の鐘なのに八景に入るのか?
DSC01941_R_20150730233855a74.jpg
一応本堂まで登る
DSC01942_R_20150730233857446.jpg
さすがにこの辺には人が居た(車で来れるし)
DSC01943_R_20150730233858670.jpg
薬師堂も見ておく
DSC01944_R_201507302346464a7.jpg
これ以上は流石に時間の無駄だろうから撤収した、行きがけに追い抜いた人がまだ途中にいたのには、驚いた
DSC01945_R_20150730234649894.jpg
山中も少し探したが、石切場しか判らなかった
DSC01946_R_20150730234650f51.jpg
鯉のぼりの開きは初めて見たな、なんなんこれ?
DSC01948_R_2015073023465153f.jpg
唯一見たのはこれ、ホームの駐車場にある大き目の壕口
DSC01949_R_2015073023465385f.jpg
駐車場にしていた時期があるのだろう、防水シートが打ち付けてある
DSC01950_R_20150730235321899.jpg
内部は奥行きも大した事無い、典型的な倉庫壕のようだった
P1030827_R.jpg
神武寺から下のこのコースには地下壕が点在しているのは調査しているが、結局判らずじまいで次に移動する
DSC01749_R_20150731000253a45.jpg
神奈川県鎌倉市植木129にある、龍宝寺に移動したこの辺には玉縄城が有ったらしい
DSC01882_R_20150731001330ba2.jpg
水場の先にある古民家は、有料見学だった(下に説明文)
DSC01750_R_20150731000254d79.jpg
城跡らしき物は特に残って無い様だった
DSC01881_R_20150731000255a03.jpg
早速山への上り口を探す
DSC01883_R_20150731000257587.jpg
なんとなくここから登れそうだ
DSC01884_R_20150731000259c30.jpg
えん道沿いに妙な穴があるが、塞がっている、祠だろう
DSC01751_R_20150731002356a96.jpg
墓地の隙間を上がるルートが有る
DSC01753_R_20150731002357359.jpg
鉄塔を越える
DSC01754_R_20150731002358a17.jpg
低山だが、登るのはちょっと角度がある
DSC01755_R_20150731002400f5e.jpg
尾根を少し進み、この辺から分け入る事にする
DSC01756_R_20150731002402632.jpg
程無く穴発見!

次回入壕す
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント