大和ミュージアム その2

DSC06350_R_20150908214513e69.jpg
DSC06351_R_2015090821451571e.jpg
大和の煙突周辺にあった、1.5m探照灯と同一のもの
DSC06357_R_201509082145162f5.jpg
大和、沈没地点
DSC06358_R.jpg
現状、中央部は失われている
DSC06359_R_20150908214519319.jpg
船首部分、側面の穴は魚雷による破口か?水中爆発か?
DSC06360_R_20150908215959a3d.jpg
甲板部分、、逆さまになっている
DSC06361_R.jpg
大和の現在
DSC06362_R_20150908220001d23.jpg
引き上げられた、遺物類
DSC06363_R_20150908220003e38.jpg
生活用品類等
DSC06364_R_20150908220004e18.jpg
パネルと模型の展示が主になっている
DSC06366_R_20150908225955aef.jpg
南雲中将の短剣
DSC06367_R_201509082259562f4.jpg
コレ欲しい!
DSC06374_R.jpg
秋水のロケットノズル
DSC06376_R.jpg
一式陸攻の破片
DSC06378_R_201509082300001f1.jpg
回天特攻隊
DSC06382_R_20150908230746c3d.jpg
航空戦艦日向の日章旗
DSC06399_R_20150908230748625.jpg
隣の部屋にある展示品
DSC06402_R.jpg
九三式魚雷の尾部
DSC06406_R_20150908230750581.jpg
二式魚雷
DSC06409_R.jpg
回天10型
DSC06414_R_201509082319282e7.jpg
零戦62型
DSC06422_R_201509082319310a6.jpg
翼下にフックが付いている、タ弾だろうか?
DSC06420_R_20150908231930d93.jpg
琵琶湖から引き上げられた機体
DSC06423_R_20150908231932b16.jpg
250KG爆弾
DSC06428_R_20150908231934214.jpg
栄31甲型エンジン
DSC06400_R_20150908233135658.jpg
特殊潜航艇、海龍
DSC06416_R_20150908233137ef6.jpg
かなり大きな船体である、17.28mもあり、二人乗り
DSC06430_R_2015090823313882d.jpg
ロケット弾を受けて、船尾が破損している
DSC06432_R.jpg
91式46cm砲弾各種
DSC06435_R_20150909005325cbe.jpg
20.3cm砲弾(標準的な重巡の砲弾サイズ)
DSC06434_R_20150909005324c5f.jpg
後ろにあるんが、20cm砲
DSC06458_R_20150909005326894.jpg
砲身は切断されている
DSC06442_R_201509090058268be.jpg
DSC06443_R_20150909005827f49.jpg
四式射爆照準器
DSC06444_R.jpg
前面防弾ガラス
DSC06445_R_20150909005830176.jpg
3式13mm機関銃
DSC06447_R_20150909005831f37.jpg
奥のが13mm機関銃の弾槽
DSC06448_R_20150909010409dca.jpg
こんな感じに収まっている
DSC06449_R_20150909010411271.jpg
3式空一号無線電話装置
DSC06450_R.jpg
酸素ビン(高高度用)
DSC06451_R_20150909010414daf.jpg
甲標的の船橋
DSC06453_R_20150909010415fdb.jpg
甲標的の輪切り
DSC06456_R.jpg
内部、中央は潜望鏡
DSC06457_R_201509090110280ef.jpg
操縦席
DSC06464_R.jpg
スロープで外周を回っていく
DSC06465_R_20150909011031aad.jpg
上から見る大和
DSC06467_R_20150909011032264.jpg
上から見た海龍
DSC06466_R_2015090921363790a.jpg
海龍の翼の形が良く判る
DSC06469_R_201509092136388a1.jpg
窓の外に、海軍カレー、護衛艦さみだれの幟が見える


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント