高烏(たかがらす)砲台 その2

DSC06915_R_2015092317582552d.jpg
展望台がある
DSC06916_R_2015092317582784f.jpg
闇の中で何かが光った、ねこだ!
DSC06917_R_20150923175827356.jpg
じっとこっちを見ていた、展望台の主だろうか?
DSC06918_R.jpg
展望台の展望図
DSC06922_R_20150923175830be3.jpg
右の辺りの夜景だが、さっぱり判らないだろう
DSC06925_R_20150923182930435.jpg
下に降りると、何か建っている
DSC06932_R_20150923182934c32.jpg
ここからの展望
DSC06931_R_20150923182931d28.jpg
夜景だとこんな感じ
DSC06934_R_20150923182935e4a.jpg
反対側の、ここからの展望
DSC06936_R_20150923182936e45.jpg
港の夜景はいいものだ
DSC06938_R_20150923184038d98.jpg
奥の柵は当時の物だろう
DSC06939_R_20150923184039620.jpg
平清盛像、1165(永万元)年に平清盛が西に沈む夕日を「金の扇」で招き返し、1日で切り開いたという伝説のある名勝地
DSC06941_R_20150923184040a3c.jpg
何らかの遺構だろうか、石積みがある
DSC06942_R_20150923184042bb0.jpg
丸い物はみんな砲座に見える病、実際高角砲座が何処にあったか判らない
DSC06944_R_201509231840439ec.jpg
駐車場脇の砲座に降りて来た、即応砲弾置き場から、砲座は大分埋められてることが判る
DSC06945_R_201509231934569c1.jpg
公園整備の為、この様に遺構自体を壊してしまうのも、考え物だろう、砲台を見に来る人の為に駐車場を造る、歩道を造る、その為に遺構を一部壊しても仕方が無いと言う考えはどうも頂けない、単なる観光資源化に感じる
DSC06948_R.jpg
弾薬庫に降りて行く
DSC06949_R.jpg
この弾薬庫は、水は無いが苔生している
DSC06950_R_20150923193501821.jpg
形状は一緒
DSC06951_R_201509231957494f8.jpg
天井の通気孔
DSC06952_R_20150923195750343.jpg
最深部から、前室方向を見る
DSC06955_R_201509231957519f6.jpg
最後の弾薬庫に行ってみる
DSC06958_R_20150923195752018.jpg
ここは残念な落書きが多い、観光地化の弊害だ
DSC06960_R_20150923195754a55.jpg
中は水没しているので、入らなかった
DSC06961_R_2015092320414052c.jpg
お城の石垣の様な積み上げ
DSC06963_R_20150923204142d57.jpg
スロープから兵舎跡へと降りて行く
DSC06966_R_20150923204145d2a.jpg
このカットはいろんな所で使われているが、ちょうどここに階段が造られているのだ、見学用なのだろう
DSC06968_R_20150923204147d8a.jpg
暗い中、一通り見終えて砲台をあとにした
DSC06969_R_201509232111215c4.jpg
この時間になると、誰もいない、道路の真ん中に停まっていても、車も何も通らない
DSC06970_R_2015092321112291d.jpg
ホテルに帰り、明日の行動を考える、実際に現地に来て見れば、結構移動時間にかかる物があり、行ける場所が限定される事が判明、土地勘が無い事がかなり響きそうである、yakumoの長い夜が始まる、作戦を練り直さないと行けない葛藤との戦いが始まった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント