9月の夏島、貝山空母氏来訪 その1

前回、貝山を中心に夏島上部を案内したが、とても回りきれずに今回の再訪となった
夏島下層2層目、貝山の一部を回る事になる。
DSC08857_R_201509251522253cd.jpg
通いなれた夏島地下壕
DSC08859_R_20150925152227071.jpg
兎に角キレイで広い所が多く、初心者でも楽しめる地下壕
DSC08863_R_201509251522299b0.jpg
ただし、長靴はあった方が良い、部分的にやばい所あり
DSC08866_R_20150925152231b3f.jpg
見所は満載である、ただし広すぎて迷う危険もあるので、注意が必要だ
DSC08865_R_20150925152230571.jpg
正直松代なんかより、よっぽど楽しい地下壕である
DSC08868_R_20150925154703007.jpg
夏場の地下壕は水蒸気が立ち込める事が多い
DSC08869_R_20150925154705985.jpg
場所により、全く写真にならない所もある
DSC08870_R_20150925154705cc9.jpg
そんな時はこのように、ライトのみの撮影となる
DSC08872_R_2015092515470765c.jpg
この湿度は厄介で、通路1本でこんなに違ってくる
DSC08874_R_20150925154708ca4.jpg
初めて訪れる人は、夏島の面白いほど入り組んだ構造に、魅了される
DSC08875_R_201509251601251f9.jpg
測量ミスにより、隣の通路に貫通してしまった部分など萌える
DSC08881_R_20150925160127cae.jpg
地下の中の、そのまた地下に降りて行く
DSC08882_R_201509251601282df.jpg
さっき見た壁の穴の、内側にやって来た
DSC08883_R_20150925160129b77.jpg
天井の掘り方も、屋根型で珍しい
DSC08884_R_20150925160131def.jpg
大正13年12月製造の本物の箱が未だにここにある
DSC08887_R_201509251622479f9.jpg
朽ちた手袋
DSC08888_R_20150925162249cc3.jpg
中身の少し残った各種ビン類
DSC08889_R_2015092516225037c.jpg
この辺は大分ぬかるんでいるので、こけたらヤバイ
DSC08892_R_2015092516225125d.jpg
空母氏が何かを見つけたようだ
DSC08893_R_20150925162253177.jpg
1500Aの電気部品の一部
DSC08895_R_20150925163725666.jpg
湿気を吸い、固化してしまったセメント袋
DSC08896_R_2015092516372697f.jpg
カマドの跡、右は煙路(ガスボンベが転がっているので爆発の恐れあり)
DSC08899_R_20150925163727642.jpg
朽ちた海軍食器
DSC08902_R_2015092516372936f.jpg
泥濘と化した倉庫壕の主通路
DSC08907_R_201509251637302b1.jpg
帰る頃には、相当靴底がドロで重くなっている
DSC08908_R_20150925171045c47.jpg
キレイに掘られた通路を抜けて行くと
DSC08911_R_20150925171046d0c.jpg
主計課通路に出る、また湿度が高い
DSC08912_R_2015092517104796d.jpg
天井には、未だに電球が残っている物もある
DSC08913_R_2015092517104902f.jpg
キレイに掘り込まれた棚
DSC08916_R_201509251710502c9.jpg
スロープの付いた主計課倉庫
DSC08922_R_20150925172400d77.jpg
ここの部分が一番魅力のあるゾーンだと思う
DSC08923_R_20150925172401b37.jpg
隣にもう1本主計課倉庫はある
DSC08924_R_20150925172402747.jpg
こちらには棚の木枠すら残っている
DSC08926_R_201509251724048aa.jpg
最深部から出口に向う
DSC08929_R_20150925172405c43.jpg
ここでこんな文字を始めて見つける、何回来ても楽しませてくれる地下壕だ、隣のスペースには書きかけの跡も
DSC08931_R_20150925173203dd1.jpg
次の目的を決める相談
DSC08932_R_20150925173204825.jpg
夏島下層部分、探索終了
DSC08933_R_20150925173205b54.jpg
2層目に向う
DSC08934_R_201509251732074d8.jpg
有名なトイレ遺構
DSC08935_R_20150925173208205.jpg
2層目の内部は殆んどこんな感じ
DSC08937_R_20150925173742bd0.jpg
ふと見ると、足元に巨大なニシキヘビがとぐろを撒いていた、こんな所に捨てるなよ飼い主!
DSC08939_R_20150925173744a7f.jpg
部分的にはキレイに整地された通路もあるにはある
DSC08941_R_20150925173745b80.jpg
コンクリートで整形され、木枠で扉を付けた所が残っている
DSC08942_R_201509251737463bc.jpg
半分程度コンクリートと石積みで塞がれた壕口
DSC08943_R_20150925173748a14.jpg
夏島地下壕を後にする
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なぜ知ってるんですか~!

SWに松代なんかに行って来ましたヨット( ̄▽ ̄)
直前に夏島貝山見ているせいもあって、ホント物足りなかったですけど笑 

しかし、思ったより自分ピカピカしてるんですね、恥ずかしい( *´艸`)

空母氏

松代って広いんだけど、飽きるんだよね変化が少くて
その点夏島、貝山はあきないな~

光ってるのは、いいんじゃない、目立ってなんぼやろ!
地下壕はね

No title

画像の蛇はマムシですよね。
しかもかなり太っていいサイズ(^ー^)
でも、マジに地下壕の中にマムシがいたんですか?
MKKにならんように注意してくださいねん。

ねこさん

先日は お疲れ様です

まむしですか、なんかやたらに胴体が太ってて、ニシキヘビかと思いましたよ
ほんとに地下壕の中ですよ、壕内でも安心は出来ませんね
ハチは入ってこないでしょうけど・・・

No title

夏島は良いですね!
何回見ても行っても楽しめます(^ー^)

東雲みょんさん

そうですよね、何回行っても飽きないんですよねぇ~
例の移動する黄色い車は、相変わらず移動を繰り返していますよ!
謎を解明して下さい