9月の夏島、貝山空母氏来訪 その2

夏島の探索を概ね終えたメンバーは、貝山に移動した
メンバー以外誰も知らない4工区の一部に案内する(雨の為他は断念)
DSC08944_R_2015092518001682d.jpg
僅かに開いた開口部より侵入
DSC08949_R_20150925180019d70.jpg
荒されていないキレイな通路
DSC08948_R_201509251800179a7.jpg
一番手前の部屋には、左奥に
DSC08950_R_20150925180020d77.jpg
トイレらしき物がある
DSC08952_R_2015092518002179b.jpg
用を足そうとする、空母氏!70年ぶりの使用者となる
DSC08953_R_20150925180823a47.jpg
との氏も入壕して来た
DSC08955_R_201509251808243c0.jpg
入り口は難だが、内部はかなり良い
DSC08956_R_20150925180825909.jpg
足元を眺める空母氏
DSC08957_R.jpg
この壕の部屋へのスロープは独特なのだ
DSC08958_R_20150925180828651.jpg
そして、通路の溝
DSC08959_R_201509252024247fe.jpg
実に床面の面白い壕である
DSC08960_R_201509252024257ff.jpg
排水用の側溝は側面に別にある
DSC08961_R_20150925202426019.jpg
部屋のスロープといい、面白い
DSC08962_R_20150925202428339.jpg
こんなのがずっと続いている
DSC08963_R_20150925202429a58.jpg
先の方に埋まった開口部が有るが、土砂の隙間から外光は見える
DSC08964_R_20150925222330423.jpg
土砂の向こうは軽い水没後、僅かな開口部
DSC08967_R_20150925222331951.jpg
一通り回ったので、脱出する
DSC08972_R_201509252223348f0.jpg
第二抗区に移動する
DSC08970_R_20150925222332afe.jpg
こんな所に薬〇が落ちている
DSC08977_R_2015092522233558e.jpg
今日の貝山は湿度が高い
DSC08975_R_20150925231707eeb.jpg
壕口付近は、湿気が立ち込めている
DSC08978_R_201509252317089e2.jpg
倉庫壕、かなり広いブロックがある
DSC08984_R_20150925231709cf3.jpg
コンクリート階段は2ヶ所ある
DSC08987_R_20150925231711595.jpg
廃車壕付近
DSC08988_R_20150925231713231.jpg
小さな衛所のような部屋
DSC08989_R_201509302318171c0.jpg
貝山には小さな部屋が、幾つもある
DSC08990_R_201509302318186b6.jpg
朽ちてはいるが、海軍食器もそここに点在する
DSC08991_R_20150930232319814.jpg
地下壕内の石積みの閉鎖箇所に通路がある
DSC08992_R_20150930231821e02.jpg
中に入ると、先人達が残留物を纏めて展示してある所がある
DSC08993_R_20150930232321bcc.jpg
実に特徴的な場所である
DSC08994_R_201509302323230cd.jpg
鉄の扉が何とか枠だけでも残っている、貴重な所
DSC08995_R_20150930232324e73.jpg
そんな遺構が多数残っている貝山地下壕を愛して止まない連中でした
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

初めまして。
私は横須賀追浜在住の50代男性です。
半年前にこちらのURLを知り夢中で拝見しております。
今では私のバイブルです。

中学生の頃、近所の夏島周辺でよく遊んでいました。
今思い返すと、不思議なものがいっぱいありました。
現在の京急バス追浜営業所ターミナル向かいの駐車場
のところには小山があり、その中には地下壕がありました。
不良グループが(自分も)その地下壕を秘密基地にして
たむろしていました。
アイクルの辺りも海上自衛隊?が停泊していました。
当時は日産物流も無かったため、海自左側から海洋研究開発機構まで、海岸伝いに歩いて行けたものです。
あのとき写真撮っておけばよかったなー。

ino様

始めまして、ino様
書き込みありがとうございます!
半年も前から見ていただいているとは、嬉しい限りです

追浜の和田山にお入りになられていたのですね、住宅地に隣接しているので
早々に封鎖されてしまった地下壕に入れたとは、良い体験でしたね
最早入れる場所は1ヶ所しか残っていないのが、残念です。

当時の写真って、今になると撮って置けば良かったなと思う事が多いですが
当時のネガフイルムでは、そうそう無駄使いも出来ませんでしたからね
基本的に24枚とかの縛りも有りましたし・・・・

また、気が向いた時にでもコメントして下さい、貴重な体験談ありがとうございます

No title

ご返信ありがとうございます。
私の場所説明が悪く、勘違いさせてしまいました。ごめんなさい。
お伝えしたかった場所は、和田山ではなく、貝山緑地エコマルコの前あたり、
京急バス車庫周辺のことでした。

約40年前の景色の異質さは、中学生ながらに強烈に記憶に残っています。

バス車庫の向かい(現在は駐車場)には、小山というより丘のようになっていて、
その中に地下壕?地下シェルター?のようなものがありました。
誰が何の目的で作ったものなのかはわかりません。
白いコンクリートのきれいな地下壕で、3部屋くらいに分かれていたと記憶します。

バス車庫の場所には、3階建てのでっかい廃墟がありました。(庁舎のような外観だったような?)
中学生のときは、よく石を投げて窓ガラスを割って遊んでいました。(悪ガキですね)
その廃墟の裏手にも別の廃墟があり、壁面いっぱいに世界地図が描かれていました。
近くには、かまぼこ型の待機小屋みたいなものが2~3ヵ所ありました。(日産工場の中にある格納庫の小型タイプ)


中学生のころから、この一帯が何だったのか、ずっと気になっています。
そのモヤモヤをネットで調べていく過程で、yakumoさんのサイトに辿り着いた次第です。
厚かましい質問ですが、もしご存知でしたらご教授ください。
場所的に、ここは横須賀海軍航空隊予科練の成れの果てだったのでしょうか??

ino様

その辺りは旧軍の追浜飛行場で、戦後米軍に摂取され、朝鮮戦争などの中継基地として、機能していました、
カテゴリーの貝山、夏島辺りで、その辺の説明を少ししています

「白いコンクリートのきれいな地下壕で、3部屋くらいに分かれていたと記憶します」

の地下壕は未だに存在しています、廃車が押し込まれていて、右側に3部屋ほどに分かれた部屋もありました
今は柵があり、入れませんけどね。

yakumo様

ご丁寧な説明有難うございました。
腑に落ちました。
そういえば、小学生のころは、まだバス車庫あたりには
米軍のゲートがあり、米兵が立っていて中には入れませんでした。

ino様

こちらこそ、御丁寧にありがとうございます
そうですか、まだ米軍ゲートが残っている頃に行かれたんですね
その頃は本当にライフルを構えた米兵が居たんでしょうね見てみたかったです
また、機会が有りましたら、コメントでも書いてやって下さい

マイナーブログですが、暇つぶしにでもまた見に着て下さい!

復習

洞窟探検経験後に「とある戦跡と自衛隊」Blogを見返しての復習は最高です!何処でも潜ってしまう行動力に感心しっぱなしです・・・(笑)

EVNARA様

先日はお疲れ様でした。
やらないで後悔するより、やって後悔したいですからね、あくまでも出来る範囲内ですけど!