横須賀海軍工廠造兵部船越地下工場 その2

船越地下軍需工場の一階部分は、ある意味二階より危険である。
二階には無い、産業廃棄物(特にグラスウール)が避けてあるとはいえ、かなりある
全てを避けながら回るのは、不可能だ。
自分もそういう所は回避した、しかしその奥には旧船越遂道に接続している箇所がある。
DSC00800_R.jpgこれがグラスウール、靴の隙間や手に刺さったら大変だ、まず抜けない
DSC00808_R.jpg現船越トンネルの隣に封鎖された旧遂道がある
DSC00809_R.jpg中は隣の外装屋のゴミ捨て場と化している
DSC00807_R.jpg関東大震災の慰霊碑
DSC00806_R.jpg付近には塞がれた壕口がいくつか国道からも見えるDSC02183_R.jpg2004年に調査した産業廃棄物の分布図を張っておくDSC02194_R.jpg壕内に井戸は結構ある
DSC06231_R.jpg一階の壕内はコンクリート吹きつけがされているが、かなり剥がれている
DSC06232_R.jpg覗き穴とノゾキ
DSC06233_R.jpg複雑な構造の部屋、休憩室か?
DSC06234_R.jpg膝近くまで水没している
DSC06235_R_20130104185107.jpg床にはコンクリと、砂利を敷いた(戦後調査時?)所があるDSC09508_R.jpgブリキカンとグラスウールのコンボ
DSC09514_R_20130104190110.jpg唯一コンクリート加工された部屋
DSC09515_R.jpg謎のみぞ、柱には低過ぎる
DSC09516_R_20130104190112.jpgこれは、瓦礫ではなく産廃の山
DSC07729_R.jpg瓦礫を超える
DSC07732_R.jpg冒頭の国道側の板をはめた壕口
DSC00998_R.jpg水没区
DSC00999_R.jpg壕口より振り返るDSC02177_R.jpg右の壁面に階段がある
DSC02178_R.jpgこんな立派なトイレは戦跡にはついぞない
DSC02179_R.jpg手を洗うところ
DSC02181_R.jpg換気穴
DSC02182_R.jpg小便器に93式防毒面が沈む
DSC02166_R.jpgトイレを出る
DSC02167_R.jpg左に進む
DSC02168_R.jpg高圧碍子の山
DSC02169_R.jpg無理矢理開けた様な通路を進む
DSC02171_R.jpg塞がれた壕口CIMG0314_R.jpg壕内から横穴をくぐる
DSC02172_R.jpg煉瓦巻きの倉庫壕に出る
CIMG0321_R.jpgこっちはコンクリート巻き
CIMG0320_R_20130104193458.jpg奥に穴が開いていて、壕内に接続していた
DSC02170_R.jpg右側の通路に接続している、ちなみに腰ぐらいに水没
CIMG0322_R_20130104193501.jpg他の倉庫壕、今も倉庫壕
DSC06222_R_20130104193502.jpg外部には倉庫壕が沢山ある
DSC06228_R.jpg外観
DSC06227_R.jpgこれらは自衛隊施設が出来てしまったので、もう見れない
CIMG0323_R_20130104194222.jpgさぁ、山に帰るか

船越地下軍需工場一階
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント