呉 海上自衛隊第一術科学校 その1

明治21年(1888)、東京築地にあった海軍兵学校が江田島に移転し、この地において、海軍兵学校生徒の教育が開始されました。
 当初生徒は表桟橋に係留された学習船「東京丸」で起居していましたが、明治26年(1893)に赤レンガの生徒館が完成しました。以後、海軍兵学校は逐次拡充整備され、昭和20年(1945)12月1日に閉校されるまで、57年間にわたり、海軍士官養成の場としての歴史と伝統を築き上げました。
 終戦後は、11年間にわたり、米軍及び英連邦軍等が進駐、施設を使用しましたが、昭和31年(1956)1月、海上自衛隊が施設を引き継ぎ、横須賀から術科学校が移転、昭和32年(1957)5月には海上自衛隊幹部候補生学校が独立開校し、翌33年4月には、海上自衛隊第1術科学校が発足しました。
 また、自衛隊生徒は、昭和30年(1955)、舞鶴練習隊で「第1少年練習員」として教育が開始され、昭和31年術科学校が横須賀から江田島に移転すると同時に生徒教育もここ江田島で開始されました。以後、昭和58年(1983)から1術校生徒部として現在に至っております。

海上自衛隊には、第1から第4まで4つの術科学校があり、各々、専門術科の教育を行っております。ここ第1術科学校では、砲術、水雷、掃海、航海、通信等、主として艦艇術科に必要な教育を行っております。
上聞コピペ

ここに行く前に調べていて思ったが、何故か見学コースについて詳しいHPなどが見つからない
こんだけメジャーなのに、不思議と無かったりする
海上自衛隊第1術科学校の見学コース及び、見れる所をなるべく紹介していく事にする

1日目の探索を終えて、仮の宿に戻る
普段車中泊か、安宿(3000円程度)しか泊らない自分だが、ツアーなので豪華なホテルに泊れた
DSC06970_R_20151105002316306.jpg
非常に不釣合いを感じながら部屋に戻る
DSC_0207_R.jpg
枕が二つ、夜はこれから、ずっと二人で話していた
DSC_0208_R.jpg
ホテルにはチャペルがあり、丁度挙式をしていた、いつかは・・・・なんて話をしていた夜
DSC06971_R_201511050629495f0.jpg
翌朝窓から、200階段が見えた、後に行ってみる
DSC06972_R_20151105062951842.jpg
早速車に乗り、出発する
DSC06974_R_201511050629524ac.jpg
なんか横須賀を思い出す様な風景
DSC06975_R_20151105063437f27.jpg
えんぽうに何か見えるが、何だろう?
DSC06976_R_20151105063439367.jpg
大きな煙突やクレーンも見える
DSC06977_R_20151105063440581.jpg
好きそうな看板があった、帰りに寄りたかったが、ルートが違った
DSC06978_R_2015110523220351f.jpg
きり立った崖のトンネルを抜けて行くと
DSC06979_R_2015110523220473d.jpg
やがて見えて来たのは、これ
DSC06980_R_20151105232205946.jpg
第二音戸大橋
DSC06981_R_20151105232206347.jpg
橋の中ごろに来ると
DSC06982_R_20151105232208bb9.jpg
第一音戸大橋が見える
DSC06983_R.jpg
更に進むと第三音戸大橋(通称)の歩道橋をくぐる
DSC06984_R_20151105233338eb2.jpg
35号線を突き進む
DSC06989_R_201511052333397fc.jpg
早瀬大橋が見えて来る
DSC06991_R_20151105233341875.jpg
なんとも高い所に橋を造るものだ、船が通るので仕方が無いのだが・・・
DSC06992_R_20151105233342c89.jpg
えらい坂を登って橋を渡る
DSC06993_R_201511052348348ab.jpg
いくらかは見えるが、橋から下を覗くのは難しい
DSC06996_R_20151105234836a3c.jpg
ついに江田島上陸!
DSC06999_R.jpg
マリンブルーとまでは行かないが、綺麗な海が広がる
DSC07000_R_20151105234838908.jpg
でも、入り口が良く判らん
DSC07001_R_20151105235748661.jpg
もんが閉まっている様に見えたが、手前が開いていた様だ、一旦通過し戻る事にする
DSC07002_R_2015110523575028b.jpg
一緒に後ろを走って来る車に追い立てられて、Uターン出切るとこまで大回りした、見学入り口とか書いといて!
DSC07003_R_201511052357518bc.jpg
いき過ぎた分戻って来た
DSC07006_R_20151105235754556.jpg
よくよく見ればちゃんと入れた
DSC07005_R_20151105235752f47.jpg
うち側には看板もある(表には何も書いてないけど)
DSC07007_R_20151106000912784.jpg
なまえを書いて、見学者バッチを受け取る
DSC07008_R_2015110600091311e.jpg
ずっしりとした、錨が鎮座している
DSC07009_R_20151106000914848.jpg
とりあえず見に行くと、護衛艦「ひえい」の主錨であった
DSC07010_R_20151106000916f7c.jpg
脇の道には、当時っぽい建物がいっぱいある
DSC07011_R_2015110600091755b.jpg
構内案内図
DSC07011_R - コピー
順路はコレだけ、赤線の3ヶ所しか入れない、陸奥の主砲も近寄れ無い
DSC07013_R_20151106061707007.jpg
案内に従い、駐車場に車を停める
DSC07012_R_20151106061706ccc.jpg
これなんかも、怪しそうな建物だ
DSC07014_R_20151106061709d0b.jpg
この駐車場前の売店・食堂も入る事が出切る
DSC07017_R_201511060617105f4.jpg
大講堂、近寄る事は出来ない
DSC07021_R_201511060617125a2.jpg
コレもそうなのだが、忘れた
DSC07023_R_201511062011251a6.jpg
このサイレンは当時ものらしい
DSC07019_R_201511062022475d8.jpg
集合場所の看板があった
DSC07024_R_2015110620112614a.jpg
見学者、集合場所に到着するも、誰も居ない、早すぎた?
DSC07025_R_2015110620112703f.jpg
この日は平日なので、1030からだったようだ、ちょっと失敗した
DSC07026_R_2015110620112959b.jpg
まだ0950なので、ふらつく事にする
DSC07028_R_20151106201130236.jpg
当然食堂も開いてない、帰りにここでカレーを食おう!
DSC07029_R_20151106202248867.jpg
ロビーの後ろ側には、自分の好きそうな売店が多数並んでいる
DSC07030_R_20151106202250ad0.jpg
品揃えはかなり良いだろう
DSC07031_R_20151106202251698.jpg
お土産も豊富で見ていて楽しい
DSC07032_R_201511062022525f8.jpg
お土産に紛れて、こんなのもある、兵学校の瓦
DSC07033_R_201511062031457c7.jpg
天一号作戦ジオラマ
DSC07034_R.jpg
レンザン模型
DSC07036_R.jpg
見学コースには行けない所が多い、てか、行ける所がほんまに少ないのが現状
DSC07037_R.jpg
行けない所の写真が展示してあるので、貼っておく
DSC07038_R.jpg
DSC07039_R.jpg
DSC07040_R_20151106210749c92.jpg
DSC07041_R_2015110621075089d.jpg
DSC07042_R_20151106210752e66.jpg
DSC07043_R_2015110621075321a.jpg
こんな感じでパネル展示のみで紹介されている
DSC07044_R.jpg
お約束の大和
DSC07045_R_20151106213524527.jpg
DSC07046_R.jpg
伊号第十六潜水艦(丙型)回天搭載
DSC07047_R.jpg
海上自衛隊歴史ゾーン
DSC07048_R_20151106213528396.jpg
2階に向う
DSC07049_R.jpg
階段を登った踊り場部分
DSC07050_R_201511062141209fb.jpg
でっかい模型が展示してある
DSC07054_R_20151106214122e39.jpg
DSC07051_R_201511062141214ec.jpg
俗に言うホバークラフトである、さて、90式戦車は1両で50Tあるのだが、2両?
DSC07052_R_201511062147391a1.jpg
DSC07053_R_20151106214741347.jpg

次回 海上自衛隊歴史ゾーンから始まる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント