三高山砲台(森林公園)砲台山 その1

三高山(標高401.8m)に砲台が築かれたのは明治34年、北部砲台として28cm榴弾砲が2門×3箇所6門、南部砲台に9cm加農砲4門と9cm臼砲4門を装備。
総面積約6万坪に及ぶ砲台敷地は西日本最大規模だったと言われてます。

三高山砲台はロシアのバルチック艦隊の入港を阻止するために造られたが、実戦では1発の弾も発射する事も無く、大正8年に廃止となった。

現在は砲台山創造の森 森林公園施設として第二の人生?を過ごしている。
DSC07409_R_20151201221828699.jpg
砲台山創造の森 森林公園を目指して、山を登って行く
DSC07415_R_20151201221830e6f.jpg
潰れた「江田島ボウル」、当時は流行っていたんだろうか?
DSC07417_R_201512012218313ad.jpg
道中、ステキな物を見かけた
DSC07418_R_201512012218322cb.jpg
間違い無く地下壕だ(震洋付き)
DSC07419_R_20151201221834712.jpg
奥の方は素掘りになっている
DSC07420_R_20151201225656b42.jpg
入り口3m程度だけがレンガ巻き
DSC07422_R_20151201225657b61.jpg
も1ヵ所開いている、これらは明治期の遺構なんだろうかは不明である
DSC07423_R_20151201225658537.jpg
中は二重の煉瓦巻きになっていた
DSC07424_R.jpg
隣にある小さな入り口
DSC07425_R_20151201225701dc3.jpg
内部では繋がっている
DSC07427_R_20151201230511bc0.jpg
砂岩質であまり強度は感じないが、明治期なら100年以上あるんだろう、ここに
DSC07428_R_201512012305120f4.jpg
以外と低く、背が立たないので、さっさと撤収する
DSC07430_R_20151201230513aa0.jpg
あと、3km
DSC07431_R_20151201230515acd.jpg
すごい名前の林道である
DSC07432_R.jpg
大分上まで登ってきた
DSC07433_R_20151201231232881.jpg
眺めはかなり良い
DSC07434_R_20151201231234b35.jpg
林道開通記念碑
DSC07435_R_201512012312353f8.jpg
これを登って行くが、離合が怖い
DSC07436_R_20151201231236425.jpg
あと、600m
DSC07437_R_201512012345255cf.jpg
三高山砲台に到着
DSC07438_R_201512012345262f7.jpg
園内図
DSC07439_R_201512012345278f1.jpg
まずは、南部砲台跡に向う
DSC07440_R_20151201234529b7d.jpg
右方向に進むと、砲台に向う道
DSC07441_R_20151201234530faf.jpg
左手は、外周路となっている
DSC07442_R_20151201235800930.jpg
まずは外周へと周ってみる
DSC07443_R_20151201235801725.jpg
階段を登ると、結局同じ所に出る
DSC07444_R_2015120123580251e.jpg
合流点
DSC07445_R_2015120123580437f.jpg
便所と思われる遺構
DSC07447_R_20151201235805ff3.jpg
個室と小用、手前は水槽だろうか
DSC07449_R_201512020622200d1.jpg
なんでこんな、道の真ん中にあるんだろう?
DSC07450_R_2015120206222138d.jpg
こんな道を上がって行くと
DSC07451_R_201512020622232fb.jpg
遺構が見えて来る
DSC07452_R_20151202062224074.jpg
南部砲台、掩蔽部跡、階段の感じがまたいい
DSC07454_R_20151202062226f89.jpg
掩蔽部は一段下がった所に掘ってある
DSC07455_R_20151202062910c68.jpg
目の前には、またトイレ
DSC07456_R_201512020629121cd.jpg
掩蔽部内部、漆喰が剥げて煉瓦が良く見える
DSC07458_R_20151202062913b38.jpg
掩蔽部奥の天井にある、通気孔
DSC07459_R_201512020629144cc.jpg
奥から入り口方向を見る
DSC07461_R_201512020629166d7.jpg
外には段の着いた土塁だろうか
DSC07462_R_2015120221532672d.jpg
階段の左側、側面が煉瓦で化粧されている
DSC07463_R_20151202215328d02.jpg
ちょっと先にステキな光景が広がっているが、戻って階段に向う
DSC07464_R.jpg
階段を登って行く
DSC07465_R_20151202215330561.jpg
土塁に沿って道が築かれている
DSC07466_R_20151202215332259.jpg
側壁に四角い切込みがある埋っているのか、元からこうなのかは判らない

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント