三高山砲台(森林公園)砲台山 その5

DSC07594_R_2015121106235610b.jpg
火薬庫に入って見よう
DSC07598_R_201512110623570cb.jpg
入り口は常時開放されているようだ
DSC07599_R_20151211062359c9f.jpg
補修を受けた内部は、すごい綺麗だ
DSC07600_R_20151211062400c5c.jpg
分電機がちょっと残念だが、公園だから外灯用だろう
DSC07601_R_20151211062401409.jpg
足元には等間隔に、穴が作られている
DSC07602_R_20151211214808398.jpg
長方形の物もある
DSC07603_R_201512112148098eb.jpg
誰かが焚き火をしたような跡がある
DSC07604_R_20151211214810950.jpg
下地のコンクリートの一角が違う、益々用途不明
DSC07605_R_20151211214812eb9.jpg
元は下部の通気孔かとも思ったが、良く見ると煉瓦で塞がっている
DSC07606_R_20151211214813625.jpg
火薬庫内部、全景
DSC07615_R_201512112156057e1.jpg
外のトイレと言われる遺構のそばに
DSC07616_R_201512112156077a9.jpg
別の基礎がある
DSC07617_R_20151211215608a7d.jpg
塀の向こう側に出てみると、傾いているのが良く判る、そろそろやばいかこの壁
DSC07618_R_201512112156091e0.jpg
登るのが嫌になりそうな階段を、一気に駆け上がる
DSC07619_R_20151211215610a81.jpg
右翼観測所の下にある掩蔽部
DSC07620_R_2015121122041374d.jpg
ここだけは、形状が違う
DSC07621_R_20151211220415847.jpg
観測所からの伝声管があるので、弾薬庫ではない何かの施設だろう、奥が平面だし
DSC07623_R_201512112204172a5.jpg
伝声管には観測台を破壊した時の煉瓦が詰まっていた
DSC07624_R_201512112204171d1.jpg
奥から入り口を見る
DSC07625_R_20151211220419ba8.jpg
隣の弾薬庫に向う
DSC07626_R_201512112211228da.jpg
当時も上部には鉄柵があったのだろう、金属ドロに抜き盗られた跡がある
DSC07627_R_20151211221123494.jpg
弾薬庫の奥壁は、やはり丸みを帯びている
DSC07628_R_201512112211244ab.jpg
他の弾薬庫と違って、鴨居が切り取られているのが、残念
DSC07629_R_20151211221126f33.jpg
歩くと平気だが、敵が走って侵入しようとすると、転ぶような段差に造ってある階段
DSC07630_R_2015121122112851c.jpg
砲座に向う
DSC07631_R_201512112224328d0.jpg
右の砲座
DSC07632_R_201512112224332da.jpg
左の砲座
DSC07633_R_20151211222435f93.jpg
中央にはベンチと
DSC07634_R_20151211222436b2b.jpg
説明板がある
DSC02490_R_20151211224758791.jpg
那須の戦争博物館にある28cm榴弾砲
DSC00021_R_201512112248007e8.jpg
横須賀の観音崎にある28cm榴弾砲レプリカ
DSC07636_R_201512112224382f7.jpg
最後の弾薬庫に向う
DSC07638_R_201512112230224e4.jpg
当然他のと変りは無い
DSC07639_R_20151211223024913.jpg
階段も変らない
DSC07640_R_20151211223025ccc.jpg
一通り見たので、防火帯(駐車場)に戻る
DSC07641_R_2015121122302727a.jpg
コレだけの整備された公園なのに、結局誰とも会わなかった、彼女と二人で来るにはいいかも?
DSC07642_R_20151211223028082.jpg
次なる砲台へ向う、YAKUMOであった




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント