京都  蹴上インクライン 

船が地上を走る…

蹴上インクラインは、京都市左京区にあった琵琶湖疏水による舟運ルートの一区間をなす傾斜鉄道である
1891年(明治24年)から1948年(昭和23年)まで実際に使用されていた

琵琶湖疏水は京都と大津間の船の輸送を用途の一つとしていたが、落差の大きい場所は船が運行できないので、台車に船を載せて上下させるインクラインで運行していた
蹴上インクラインは蹴上船溜りと現在の琵琶湖疏水記念館前の南禅寺船溜りを結ぶ延長640メートル、敷地幅22メートル、勾配15分の1の路線で、運転用の巻き上げ機は蹴上発電所の電力で運転した。通過時間は10分から15分だった

一般に運河の落差がある場所で船を通行させるには、ロック(閘門)方式、インクライン方式、リフト方式の三つがある。パナマ運河やイギリスのテムズ川と運河はロック方式になっている。船を水門と水門で区切った閘室に入れ、その閘室の水を排水したり増水したりして、船を低い方や高い方へ進める。インクライン方式は、勾配のある水路にレールを敷き、台車に船を載せて、ケーブルカーのようにケーブルで引っ張り上下させる。台車に直接船を載せるドライ式、水を入れたケージに船を入れてケージごと台車に載せるウェット式がある。蹴上インクラインは、ドライ式のインクライン方式を採用した。

蹴上インクラインは、戦後の1948年(昭和23年)11月26日に運行を休止した。
1960年(昭和35年)3月をもって電気設備も撤去され、完全に稼働を停止する。
1973年(昭和48年)以降、送水管を敷設するため残っていたレールも撤去されたが、産業遺産として保存するために復元されることになり、1977年(昭和52年)5月に完成した。
現場には復元された台車が2台(坂の途中と、蹴上船溜り)残されている、1996年(平成8年)には国の史跡に指定された。

うんちくはともかく、船が地上を走る珍しい場所だって事で、訪問した

ちなみに『蹴上(けあげ)』という地名は、当時ここを通過する、刑場に向うのを嫌がる罪人を『蹴り上げて』歩かせた事から来ているそうだ…

DSC00388_R_20151211232646054.jpg
蹴上インクラインに向うには、京阪電車を使う事になる
DSC00390_R_20151211232648787.jpg
これは京都市営地下鉄駅のホーム 右側が線路になる
DSC00391_R_2015121123264993c.jpg
三条京阪にて地下鉄東西線に乗り換え
DSC00538_R_20151211233956df4.jpg
蹴上到着
DSC00540_R_20151211233957ef7.jpg
東男のyakumoには、なじみの無いKYOTO Wi-Fi
DSC00537_R_20151211233955545.jpg
これが駅の出入り口、電車は普段乗らないので「スイカ」すら持っていない、京都では「ICOCA」と「PiTaPa」が主流らしい
DSC_0313_R.jpg
これが「ICOCA」 
DSC_0331_R.jpg
市営地下鉄1dayフリー-チケットなんてのもある、乗り降りし放題
DSC00394_R_20151211232652cf0.jpg
駅を出て、坂道を下って行く
DSC00393_R_20151211232651ae8.jpg
右の土手沿いに、既に見え始めている
DSC00395_R_20151211235148ae5.jpg
何かステキな物が見えてくる
DSC00396_R_20151211235149438.jpg
20mほどのトンネルである
DSC00532_R_20151211235150cd1.jpg
頭上にある扁額
DSC00533_R_20151211235152985.jpg
扁額、当時のものだろうか?
DSC00535_R_20151212223242ba7.jpg
煉瓦の巻き方が、とても特徴的(ネジリマンポと言うらしい)
DSC00534_R_20151212223240f3e.jpg
京都一周トレイル
DSC00397_R_201512122232380c6.jpg
蹴上交差点を仁王門通に進む
DSC00398_R_2015121222323943b.jpg
当時の鉄柱の基礎が並んでいる
DSC00403_R_20151212231441cbf.jpg
一本残らず切り取られてしまっている、戦後の鉄不足の際だろうか
DSC00400_R_20151212231439f54.jpg
目の高さにレールが見えて来た
DSC00401_R_20151212231440702.jpg
なんか変な物がある
DSC00404_R_20151212231443f2d.jpg
DSC00408_R_20151212231444af1.jpg
別の看板がある、基本的に同じ看板内容で、写真が違う程度
DSC00405_R_201512122325508a3.jpg
レールの幅は鉄道などよりもかなり広い、イギリス(バーロウ社)、アメリカ(カーネギー社と他1社)、ドイツ(ウニオン社と他2社)、
フランス(バンデル社と他1社)、日本(八幡製鉄と日本製鉄)の5か国、計10社のレールが集められている。
DSC00406_R_201512122325528d7.jpg
京都市動物園方向に降りて行く
DSC00407_R_201512122325544ca.jpg
レールを停める犬釘が、2種類ある事は有名、イギリスから技術導入された「 ドッグスパイク( 横から見た形状が犬の横顔に似ている )」が探すと見つかる、ここでは、アメリカから導入された「 タートル( 亀 )スパイク 」が主に残っているようだ
DSC00410_R_2015121223255641e.jpg
インクライン説明板
DSC00409_R_20151212232557cbf.jpg
この台車はレプリカで、近年整備された物で、上流にもう一つある
DSC00411_R_201512132317326fe.jpg
イメージ的にこんな風らしい
DSC00414_R_20151213231733f6b.jpg
登りと下りなのだろうか、二本線路はある
DSC00417_R_2015121323173538e.jpg
実際に見ると、線路幅は、ホントに広い
1447123820532_R.jpg
sana撮影、ほんまにセンスいいわこの娘
DSC00420_R_20151213231736587.jpg
橋の上から見るインクライン、左は見学用に石版を貼ってある
DSC00419_R_20151213234439a9d.jpg
紅葉時期は乙なものです
DSC00421_R_20151213234441edc.jpg
隣には川が流れているので、水音も楽しめる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント