茂原 本納西拠点陣地

DSC01920_R_2016011621561329c.jpg
別のポイントからアタックを再開する
DSC01921_R_2016011621561564a.jpg
某トンネル好きな方から、穴だらけだとの情報が有ったそうだ、確かにある
DSC01923_R_20160116221509ce7.jpg
しかしその辺りにあるのは、墳墓ばかりであった
DSC01924_R_2016011622151029e.jpg
とりあえず確認しながら、山へと入って行くと
DSC01925_R_20160116221511804.jpg
山頂付近で穴発見!
DSC01926_R_20160116221513de5.jpg
これは間違い無く、墳墓などではない、軍掘りである
DSC01928_R_20160116221514035.jpg
壁に何か掘ってある、「徳」だろうか?
DSC01929_R_2016011622224830d.jpg
下り勾配の壕を進んで行くと20mほどで右にクランク
DSC01930_R_2016011622224942f.jpg
数mで終わっていた貯蔵壕だろうか
DSC01931_R_2016011622225091a.jpg
小規模では有るが、これで軍関係が陣地を構築していた確信が出来た
DSC01933_R_20160116222252736.jpg
期待を抱きつつ、次の壕を探しに向う
DSC01935_R_20160116224003a80.jpg
幾つかの墳墓をへて、大きな入り口を発見、造りは墳墓だが
DSC01937_R_20160116224005237.jpg
墳墓改造壕のようだ
DSC01938_R_20160116224006b14.jpg
左は閉塞
DSC01940_R_20160116224007884.jpg
正面は真四角な部屋
DSC01941_R_2016011622400929b.jpg
右にまた、分岐が見える
DSC01942_R_201601162304002f5.jpg
右は埋ってしまった出入り口
DSC01943_R_201601162304010ec.jpg
左も小部屋で終わっていた
DSC01944_R_2016011623040260f.jpg
振り返ると判るが、奥の方は若干高いが
DSC01945_R_2016011623040434e.jpg
入り口の高さはこの程度
DSC01947_R_2016011623040538a.jpg
糧秣庫か何かだったのだろう、狭いからとっとと出て行く
DSC01948_R_20160116231458b4c.jpg
付近を探索すると、蛸壺が幾つかある
DSC01950_R_20160116231500e7e.jpg
蛸壺が有るとゆう事は、守る何かが有るとゆう事だ
DSC01951_R_201601162315010a6.jpg
竹林を探索すると、また墳墓発見
DSC01954_R_2016011623150263f.jpg
また墳墓改造型のようだ
DSC01955_R_201601162315044e9.jpg
灯り置きの小さい棚
DSC01958_R_201601162327202ac.jpg
棲息部だろう、広い部屋
DSC01959_R_20160116232722343.jpg
振り返った入り口
DSC01960_R_2016011623272210f.jpg
しかし、奥は無くこれで終わりだった
DSC01961_R_201601162327241a7.jpg
振り返った、黄色い壕内
DSC01962_R_20160116232726a1c.jpg
とても奇妙な形の壕口、右下半分は後年に崩れたのだろう
DSC01963_R_20160117215826185.jpg
墳墓改造壕はそれなりの数があった、墳墓はお墓なので1~2部屋しかない、それ以上を改造壕と看做している
DSC01964_R_201601172158273b2.jpg
このような形状は完全に軍関係だろう
DSC01965_R_20160117215828f3d.jpg
掩蔽部は結構な広さがあった
DSC01966_R_20160117215830a2b.jpg
しかし八割がたはただの墳墓なので、かなりの時間と労力を費やしてしまった
DSC01967_R_20160117215831640.jpg
中世の祠も混在し、さらに時間を浪費する
DSC01968_R_20160117222133b43.jpg
結局指令部的な大きな物は見つからず、下山する事になった
DSC01969_R_20160117222135797.jpg
この竹林を戻るのは、結構大変なのだ、みんな同じ所に見えるからコースを間違える事も多い
DSC01970_R_20160117222136a75.jpg
見つけた遺構をトレースしながら位置を確認しつつ無事下山
結局大した物は見つからなかったので、ぱぱさん、まききさんが古道散策で訪れた際に現地情報で弾薬庫があるとの情報を得ていた場所に行く事にした


DSC01973_R_2016011722213700f.jpg
次回新規発見物件、コンクリート補強付き大型弾薬庫をUP予定・・・・多分
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ただいま、出張から帰りました~
仕事とはいえ、調査に参加出来ず
申し訳なかったです・・・

本納周辺もあったのですね(驚)
小規模とはいえ、大収穫ではありませんかっ!
当方も、次回こそは参戦したいですっ★

祐実総軍三等兵様

天気の心配と、自己都合もあり自分も今回は参加できませんでした
また、機会が有りましたら、御一緒しましょう!