茂原 本納弾薬庫

DSC01996_R_20160120235120f2d.jpg
この山に弾薬庫があるとの、地元の人情報をメンバーが聞いたことがある
DSC01973_R_20160120235117829.jpg
さくっとあった、コンクリートの穴
DSC01975_R_201601202351186b5.jpg
しかし、内部は近代コンクリートの別物であった
DSC01997_R_20160120235122d05.jpg
では、早速山歩きを始める
DSC01979_R_20160120235119502.jpg
気の向くままに探し始めると、今度もあっさりと発見、しかし入り口は半没の斜坑になっていて、狭い
DSC01981_R_201601212116459e1.jpg
こんな感じの縦に落ちる斜坑となっている。まずは一人で斥候に入って行く
DSC01982_R_2016012121164649b.jpg
20%ほどの斜坑を降りて行く、気を抜くと20mほど滑落する事になる
DSC01983_R_20160121211648e09.jpg
下に到着、50cmほどの段差があるが、問題ない!立派な通路の広さに大当たりの予感が・・・
DSC01985_R_20160121211649adb.jpg
なんと、奥を覗くとコンクリート巻きが見えるではないか!
DSC01987_R_201601212116507f7.jpg
足元には、トロッコの枕木まである
DSC01988_R_20160121215247a97.jpg
天井には水平を計る為の、チーフを垂らす釘が刺さっていた
DSC01989_R_201601212152497e7.jpg
これはかなり純度の高い、コンクリートを使っているようだ、しかも分厚い
DSC01992_R_2016012121525036e.jpg
かなり出来が良い事が、見て取れるだろう
DSC01993_R_20160121215251d6a.jpg
茂原特有の、土盛りもあるし、まだまだ先が有りそうだ、これはヤバイ、楽しすぎる
DSC01994_R_20160121215253983.jpg
電池残量に不安がある為、一旦合流して説明し、先に入っていてもらう
DSC01999_R_20160121220528371.jpg
速攻で戻ると、既にねこさんは測量を開始していた
DSC02002_R_201601212205299aa.jpg
侵入口はこんな感じの斜坑になっている
DSC02003_R_2016012122053146c.jpg
では、再び探索を再開する
DSC02004_R_2016012122053293d.jpg
地面こそ全面土だが、このコンクリートはすごい綺麗だ
DSC02006_R_20160121220533daf.jpg
交差点部分と一部の壕口のみなのが残念だが
DSC02007_R_2016012122165743f.jpg
とりあえず右に進んで行く、綺麗に平らになった通路
DSC02008_R_20160121221658ace.jpg
側溝もきちんと掘ってある
DSC02009_R_20160121221700982.jpg
トロッコの枕木も、そこここにある
DSC02010_R_20160121221701ed9.jpg
更に奥にはステキな光景が見える
DSC02013_R_20160121221703238.jpg
すばらしい分厚さのコンクリートだ!1t爆弾でも耐えられそう
DSC02014_R_20160121223120fd6.jpg
あえて十字路にしない交差点も茂原では良くある
DSC02015_R_201601212231225bf.jpg
盛り土のある通路に進む(右側)
DSC02016_R_201601212231239c3.jpg
この通路は少し床が悪い
DSC02018_R_20160121223124a3f.jpg
壁には電気配線か、釘が打って有る
DSC02021_R_201601212231260bf.jpg
最億部、入って来た壕口と似た感じである
DSC02022_R_20160121224518977.jpg
不恰好な斜坑を登って行く
DSC02024_R_20160121224519b13.jpg
僅かに開口しているが、出入りはしにくそうだった
DSC02026_R_20160121224520527.jpg
硝石の染み出した段差部分、茂原は段差を付けるのが、何故か好きなようだ
DSC02027_R_20160121224522675.jpg
天井は適度に崩落している
DSC02028_R_2016012122452381e.jpg
測量に没頭するねこさん
DSC02029_R_20160121225831bab.jpg
一番南側の通路に進む
DSC02031_R_20160121225832576.jpg
かなり深く掘られた側溝が続く
DSC02036_R_2016012122583310d.jpg
南側最深部は、コンクリート巻きの壕口が外部から破壊されている様だ、米軍の爆撃か?
DSC02037_R_2016012122583693a.jpg
良く見ると、分厚いが鉄筋が入っておらず、木材が入っている木筋コンクリートの様だ
DSC02038_R_20160121225836207.jpg
立派な通路である、これが地下空間なのであるから、大した物だ
DSC02040_R_20160121232741d00.jpg
接続部に戻って来た
DSC02041_R_20160121232742067.jpg
このズレ加減に萌を感じる
DSC02043_R_20160121232744c70.jpg
この壕唯一と言える残留物(インクビン)
DSC02047_R_20160121232745afc.jpg
東側2番通路、これも綺麗な掘削だ
DSC02049_R_20160121232747e51.jpg
これもインクビンか?底にS.S.Sと入っている
DSC02051_R_20160121233509a32.jpg
側溝は今も生きている
DSC02055_R_20160121233510eff.jpg
開口部は軽く水没していた
DSC02056_R_20160121233511c71.jpg
その前の水路が印象的だった
DSC02057_R_20160121233513e3b.jpg
壕口外部は、緑に包まれていた
DSC02063_R_20160121233514198.jpg
壕内に戻る
DSC02065_R_201601212345403d8.jpg
こっちから見ると、更に特徴的に見える
DSC02069_R_20160121234541cf9.jpg
奥からねこさんがやってきた
DSC02070_R_20160121234542052.jpg
一心不乱に測量をしている
DSC02073_R_20160121234543eb1.jpg
この通路は接続部までだけで、約70mある大した規模だ
DSC02074_R_20160121234545ca2.jpg
壁に打ち込まれた鉄鋲、電気配線用か
DSC02075_R_20160122230011b03.jpg
交差点に戻って来た
DSC02078_R_2016012223001413f.jpg
中央通路を最初に来た方向を見ている
DSC02079_R_20160122230017d8b.jpg
振り向くと人物比(きへいさん)がいた
DSC02080_R_20160122230020bad.jpg
1番通路に戻る
DSC02083_R_2016012223002337d.jpg
コンクリートに小森さんがくっついていた
DSC02087_R_20160122231025877.jpg
1番通路東側に進む、いくぶん崩落が見える
DSC02089_R_201601222310281d0.jpg
地面の様子が変る
DSC02093_R_20160122231031c0d.jpg
側溝が掘られ、壁に取り付け金具の様な物が並ぶ
DSC02095_R_2016012223103475a.jpg
何かの工作機械でも有ったのだろうか?
DSC02096_R_201601222310371d1.jpg
壕床も砂利を引いて、平らく整地されていた
DSC02098_R_201601222318249fd.jpg
奥に何やら構造物が見えてきた
DSC02102_R_20160122231826c62.jpg
なんと、外部から焼却炉か何かに、使われているようだ
DSC02103_R_2016012223182967f.jpg
コンクリート巻きの前緑に溝が掘られている
DSC02104_R_20160122231832fa8.jpg
アーチ状に掘られた溝、支保にしては変な感じだ
DSC02106_R_2016012223250933d.jpg
実にこの通路は完成度が高かった
DSC02107_R_20160122232511b28.jpg
長い鉄棒が刺さっていた、掘削ロッド?
DSC02108_R_201601222325144cd.jpg
ぶっといのもいくつかある
DSC02112_R_20160122232521cef.jpg
良く見ると、鉄道の犬釘じゃないだろうか?
DSC02111_R_20160122232517fab.jpg
交差点に戻って来た、これで一回りした事になる
DSC02114_R_20160122233305219.jpg
では、地上に戻ろう
DSC02115_R_20160122233307499.jpg
振り向くとピントも合わない勢いで、きへいさんが登ってきた
DSC02120_R_20160122233311bc8.jpg
その後、他所で穴に関する住民情報を頂いたが
DSC02123_R_20160122233314fdb.jpg
塹壕は見つけた物の、日没タイムアウト
DSC02124_R_20160122233317e0f.jpg
駐車場に戻って来た、お疲れ様!
DSC02127_R_2016012223380776b.jpg
館山道を軽快に飛ばすも、ブレーキランプが燈る
DSC02128_R_20160122233809171.jpg
これはあかん
DSC02130_R_20160122233812140.jpg
急遽湾岸を諦め、アクアラインに逃げる
DSC02131_R_20160122233816031.jpg
4km程度の渋滞で突破できた、良かったナビどうりに行かなくて!

20160104195329109[1]
ねこさん作画
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

更新お疲れ様でした。
いい画像ですねーー。
調査会のほうでまた、画像お借りしますね。
次回はおそらく茂原なんで、都合が合えばよろしくですよ(^0_0^)


ねこさん

お疲れ様です!
先日も、大戦果おめでとうございます
いつか自分も見に行きたいです
画像はいつでもご自由にお使い下さい、自分もねこさんの壕内図をお借りしますので!
また、探索行きましょうね