京都 三十三間堂へ至る路すがら

IMG_0138_R.jpg
京都駅からスタートする
IMG_0137_R.jpg
駅前の京都タワーに向って、塩小路通りを右方向(東の方面)に移動する
IMG_0140_R.jpg
日本初の電気鉄道事業発祥の地、明治二十八年二月一日
IMG_0141_R.jpg
高倉通りに差し掛かる
IMG_0142_R.jpg
船鉾(ふねぼこ)、前から見ると山車だが横から見ると船である
IMG_0143_R.jpg
説明書き
IMG_0144_R.jpg
新日吉神宮(いまひえじんぐうと読む)
IMG_0145_R.jpg
賀茂川近くの河原町通り通過
IMG_0146_R.jpg
この辺
IMG_0147_R.jpg
辻地蔵発見!!
(辻とは道端の的な意味だが、みんな御社に納まっていて、関東の地蔵さんとはエライ違いだと思う)
IMG_0148_R.jpg
ここにも辻地蔵が!
革ジャン着てたりして!!
IMG_0149_R.jpg
賀茂川到達
IMG_0150_R.jpg
塩小路橋
IMG_0151_R.jpg
川は幾分増水しているようだ
IMG_0152_R.jpg
川を眺める人が居た
IMG_0153_R.jpg
電車を見てる数瞬で、人が消えた? あれ? 気にしないどこう・・・
IMG_0154_R.jpg
大みかさ、関東で言う、どら焼きである
(サイズは自分で見てみよう!でかいで)
IMG_0155_R.jpg
イタリアンカラーの小じゃれた店、ボトルがずらっと並んでいる(意外に京都はイタリア系が多い気がする)
IMG_0156_R.jpg
鍾馗さんと粽、「鍾馗さん」は 唐の玄宗皇帝の夢枕に現れて 鬼を退散させたという中国の話にちなんだ 魔よけの神様
これは、昔京都三条の薬屋が立派な鬼瓦を葺いたところ、向かいの家の住人が突如原因不明の病に倒れ、これを薬屋の鬼瓦に跳ね返った悪いものが向かいの家に入ったのが原因と考え、鬼より強い鍾馗を作らせて魔除けに据えたところ住人の病が完治したのが謂れとされる
現在は時代と共に見られなくなりつつあるが、基本的にワンオフで、同じものは近代の量産品以外は無いオリジナルスタイル品
いろんな格好をしているので、見ていて面白い
IMG_0157_R.jpg
IMG_0158_R.jpg
専称寺
IMG_0159_R.jpg
三十三間堂に到着
IMG_0160_R.jpg
壁沿いに歩いて行く(もちろん裏からも入れる)
IMG_0163_R.jpg
普段は閉じられている、通用門
IMG_0164_R.jpg
六日如来
IMG_0165_R.jpg
大和大路七条交差点に出た
IMG_0166_R.jpg
三十三間堂入り口
IMG_0167_R.jpg
京都国立博物館が向かいにある
IMG_0169_R.jpg
立派な門が見えるが入れない(0930~1900まで)
IMG_0168_R.jpg
まぁ、いずれ入る日も来るかな?
IMG_0170_R.jpg
要するに、景観を乱す事の出来ない地域って事らしい
IMG_0171_R.jpg
豊国神社
IMG_0172_R.jpg
誰も居ない境内
IMG_0173_R.jpg
人の居ない神社はいいものである
IMG_0174_R.jpg
京和菓子処「亀廣光」、干菓子で有名
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント