京都 哲学の道を散歩した

哲学の道で、防空壕発見!!

永観堂付近にある熊野若王子神社横から始まり、銀閣寺道バス停付近の白川通今出川交差点まで続く。
熊野若王子神社から大豊神社参道までは琵琶湖疏水分線が山裾に沿って流れていて、疎水の山側は自然の森となっており、対岸側に桜並木がある、そのため春は桜、秋は紅葉が美しい区間である。
近年は廃業した喫茶店に住み着いた多くの猫が有名になりつつある区間でもある。
それより北側は両側が住宅地となり、疏水の両岸に桜並木が植えられている。
歩道も東側にもある場合があるが、よく整備されているのは西側だけである。
桜の季節や紅葉の季節には多くの観光客でにぎわう。

明治の頃、文人が多く住むようになり「文人の道」と称されていた。その後、京都学派の哲学者・西田幾多郎や田辺元らが散策したため「哲学の小径」と云われたり、「散策の道」「思索の道」「疏水の小径」などと呼ばれた。
1972年(昭和47年)、地元住民が保存運動を進めるに際し、相談した結果「哲学の道」と決まりその名前で親しまれるようになった[1]。日本の道100選にも選ばれている散歩道である。

道の中ほどの法然院近くには、西田が詠んだ歌「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」の石碑がある。
IMG_0272_R.jpg
哲学の道スタート地点
IMG_0273_R.jpg
鍾馗(しょうき)様を飾る、とおりゃんせ(ねこがかわいい)
IMG_0274_R.jpg
ここから2km程度の軽いお散歩となる
IMG_0275_R.jpg
にゃくおうじはしを渡る(こっちは哲学の道ではない)
IMG_0278_R.jpg
若王子神社に参る、正式には『熊野若王子神社』(くまの にゃくおうじじんじゃ)
IMG_0279_R.jpg
永暦元年(1160)後白河法皇が熊野権現を禅林寺(永観堂)の守護神として勧請せられ祈願所とされた正東山若王子の鎮守であったが、明治初年の神仏分離によって当社のみが今日に残ったのである。夷川通りに鎮座せられていた室町時代作の恵比須を祀っている足利尊氏、義政が、この地に花を愛で宴を開いたと伝えるが今日でも東方山中に瀑布が有り奇岩老樹も多く、夏は納涼地、秋は紅葉の名所として聞こえている。社殿は度々荒廃し、明治の修築の際本宮、新宮、那智、若宮などがあったが、現在は1社相殿になっている。
IMG_0707_R.jpg
「哲学の道」の起点にあたる『熊野若王子神社』、銀閣寺までの約2キロの道は、ここから始まる
IMG_0280_R.jpg
八咫烏(ヤタガラス)で有名な神社、ヤタガラスは神話に出てくる3本足の架空のカラスで、 神武天皇が戦の時に熊野山中で道に迷われた際、3本足のカラスが現われ道案内をしたと伝えられている、本殿の上の額に表記された「熊野大権現」の字にヤタガラスが何十羽も隠されているので探して見よう、首が疲れるけど・・・
IMG_0708_R.jpg
面白い物がある、「おみくじ燐寸」!(100円です、御利益有ります)
IMG_0711_R.jpg
底に小さな穴が有り、中からマッチ棒が出てきて、その色で吉凶を占う優れもの
IMG_0730_R.jpg
こんな感じ!中吉だ。
IMG_0713_R_20160128223044a35.jpg
6色3本づつ入っている、後は運次第
IMG_0732_R.jpg
ちなみに次に引いてみたら、水色の吉だった(下がり続けそうなのでこれ以上は止めた)
IMG_0281_R.jpg
哲学の道、散策スタート
IMG_0282_R.jpg
基本、この川沿いに歩く事になる
IMG_0284_R.jpg
対岸にお店があったりする「叶匠寿庵京都茶室棟」
IMG_0286_R.jpg
まだ、1100前なのに、完売になっていた、残念
IMG_0287_R.jpg
気を取り直して歩き始める
IMG_0288_R.jpg
閉店してしまった、喫茶店
IMG_0289_R.jpg
跡地にぬこが住み着いている事で、一部に有名らしい
IMG_0290_R.jpg
このような短歌を刻んだ石が随所にある
IMG_0293_R.jpg
IMG_0294_R.jpg
大豊神社は時間の関係でスルー
IMG_0296_R.jpg
この辺から堀が随分深くなり、川の左右に道が出来る
IMG_0299_R.jpg
周りは完全に住宅街となる
IMG_0301_R.jpg
今回は道を歩く事に徹して、後の仏閣はスルーとした、時間が足らん
IMG_0300_R.jpg
対岸には面白い家並みが多い
IMG_0303_R.jpg
アートな家
IMG_0309_R.jpg
センスが判らん・・・
IMG_0305_R.jpg
夫婦つがいの鴨が泳いでいた
IMG_0307_R.jpg
美味そう・・・京都で鴨の味を覚えたyakumoだった
IMG_0310_R.jpg
河原の露店即売所、ギャラリーも多い
IMG_0311_R.jpg
そんなギャラリーの中で、目を引くものがあった、思わず「これは!」って思った
IMG_0312_R.jpg
防空壕の有るギャラリー、戦跡発見!
IMG_0326_R.jpg
早速店内にて店主様に見学を依頼
IMG_0313_R.jpg
快く案内して頂いた、これが防空壕入り口、戦後上屋は建て替えられているのだ
IMG_0314_R.jpg
分厚いコンクリート製のシェルターが其処にあった
IMG_0315_R.jpg
戦時から、2度の大震災などを経ても、ヒビすら入っていない頑丈さ
IMG_0316_R.jpg
内部は4畳半ほどの部屋
IMG_0317_R.jpg
何となく置いてあった古そうな物
IMG_0318_R.jpg
良く見ると、壁面は煉瓦積みをコンクリート補強しているようだ
IMG_0322_R.jpg
確かに立派な物だったが、不満が一つ
IMG_0323_R.jpg
天井にコンクリートが無い、これでは火事も爆撃も防ぎ様が無い
IMG_0721_R.jpg
戦時中のビラなどのコピーをくださり、色々と話を聞かせて頂いた
IMG_0723_R.jpg
馬町の空襲
IMG_0725_R.jpg
修学院 機銃掃射の記憶
IMG_0724_R.jpg
延焼防止の為、建物疎開が行われた
DSC_0373_R.jpg
かわいいねこの皿を買って帰った
IMG_0327_R.jpg
ありがとうございました
IMG_0330_R.jpg
現在この辺
IMG_0328_R.jpg
さんぽを再開する、銀閣寺が近くなるにつれ、飲食店やギャラリーが増える
IMG_0342_R.jpg
なにやらシックなギャラリー「銀意匠」
IMG_0341_R.jpg
えんりょなく店内の写真を撮りまくる
IMG_0333_R.jpg
大きなテーブルに並ぶ和の食器類
IMG_0339_R.jpg
好きな物を見ていると、時間を忘れる
IMG_0340_R.jpg
きれいに並んだ、和の器
IMG_0336_R.jpg
だが、やっぱり高い!(庶民の自分には)
IMG_0343_R.jpg
ずっと 歩いていると、小腹が減ってくる
IMG_0350_R.jpg
二人で 軽く食べることにした
IMG_0345_R.jpg
いよう に美味そうなこの七穀ぼたもちに惹かれた(食べ歩き可能)
IMG_0348_R.jpg
七穀ぼたもち、マジ美味かった!
IMG_0346_R.jpg
無理を言って、撮影用に皿に乗っけてもらった、えらいすんませんでした
右がsanaが食べた桜餅、ちゃんとした桜餅は白い(関東では桜色しているお餅がポピュラーだが、ほんまは違うんやな)
IMG_0349_R.jpg
店内でお茶しながら食べるのも可能だ(ライトがみんな違って面白い)
IMG_0351_R.jpg
是非寄ってもらいたい店「仙太郎」
IMG_0353_R.jpg
哲学の道も終盤
IMG_0354_R.jpg
哲学の道、由来
IMG_0355_R.jpg
幸せ地蔵尊
IMG_0356_R.jpg
ギャラリーかな?
IMG_0358_R.jpg
最終案内板
IMG_0359_R.jpg
銀閣寺に至る道、当然行かない
IMG_0361_R.jpg
近くに人力車乗り場がある
IMG_0362_R.jpg
IMG_0363_R.jpg
白沙村荘
IMG_0364_R.jpg
お食事も出来る
IMG_0366_R.jpg
カフェ&バー「BEAR」
IMG_0365_R.jpg
なんかかわいい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント